ちょ待てよ!気になる話題

50代から筋トレを始める男性・女性にオススメの効果的トレーニングとは!?

50代から筋力トレーニング(筋トレ)を始める中高年の男子が増えていますが、女子にも筋トレ熱が広がっているようですね?
中高年のおじさん、おばさん、特に40代後半から50代から60代の男女を問わずに筋トレに取り組む姿や、プライベートジムなどの話題がテレビや雑誌でも紹介されていますが、中高年がメタボ対策やダイエットのつもりで筋トレに取り組む時は、効果的な筋トレメニューになるように、トレーニング法にはじゅうぶん注意する必要がありますよね。

若いときと違って40代以降のミドル・シニア層の筋トレには、やってはいけないことと、やるべき筋トレがあるのですが40代・50代以降の中高年向けの筋トレに取り組む注意点と、絶対にやってはいけないことと、必ずやるべき事をまとめてみました。

これまでの筋トレの常識とは異なる男性・女性の中高年向け筋トレのやり方も合わせて紹介します。
この筋トレはこれまでのような「闇雲に筋肉を鍛える」方法と違い、効果的に12箇所の筋肉だけを1日に20分行うだけで2ヶ月で効果を出せるというものですので、忙しく時間の取れない40代・50代・60代の中高年が自宅で取り組むのに、最適なものではないかと思います。ぜひ参考にしてくださいね?

Sponsored Links




50代60代のミドル・シニアから始める筋トレはここに注意する?

まず最初に40代後半から50代・60代の中年(ミドル・シニア)になってから始める筋トレには十分な注意が必要なことをお伝えしておきます。
取り組む際に気をつけておかなければならないことは、筋トレをやり過ぎないこと、急がないこと、急激に血圧を上げるような運動をしないことです。

筋トレを始めると必ず筋肉痛に悩まされますが、これは筋肉肥大にとっては欠かせないものの、筋トレで筋肉繊維が壊れてしまい、もっと負荷に耐えられるようになるための修復期間でもありますので、72時間は筋トレの間隔を空けて、筋肉修復の時間を与える必要があるのですね。

筋トレが身体になじんでくると次第に筋肉痛が、痛くて苦痛というより心地よい痛みに感じられるように変わってきますが、これは痛みに慣れることもありますが、筋肉痛によって筋肥大効果を実感できることで、苦痛より快感の方に感覚がシフトしていることで起きる体感なのですね。

女性にはあまり心配ないことですが、男性はこの快感に身を任せすぎてトレーニングが行きすぎて身体を壊しかねないので、ミドル・シニアから始める筋トレでは、あまりやり過ぎないように注意が必要です。ややトレーニングが物足りないくらいで止めるのがちょうど良いくらいでしょう。

またあまりピッチを上げてトレーニングしたり、息を止めて力むというような筋トレは急激に血圧を上げ毛細血管を損傷したり、ひどいときには脳内出血を起こしかねませんので、年齢相応の穏やかな筋トレを工夫すべきですね。

筋トレではどうしても息を止めて行う無酸素運動になりがちですので、意識的に呼吸することを心がけて有酸素運動を取り入れることが大切です。

特にミドル・シニアの筋トレでは、目的を明確に意識して取り組むことが必要です。
ただ闇雲に筋トレを行うのではなく、自分の身体の声を聞きながら体調に合わせてマイペースで、楽しく取り組むことが重要ですね。

足腰が弱っていることを自覚している人は、転ばないで済む足腰を目指すだけでもじゅうぶんなのですから、いきなりランニングを始めたり、ランニングなどの心拍数が上がっている状態を急に止めたりしないことで、危険なトレーニングにならずに済むのですね。

身体の仕組と強化したい部分を理解して筋トレに取り組むことが、効果的なトレーニングになるわけです。
くれぐれも筋肉神話に踊らされて、無駄以外の何物でもない「余分な筋肉」を付けることに、汗水垂らすことは避けてくださいね。

これから始める方にオススメしたいのが、中高年からの取組みにも最適で、合理的かつ科学的な理論と根拠に裏付けされた筋トレメソッドとして、アスリート向けに開発されたものながら「中高年向け」と言っても良いほどの、身体に無理も負担もかけない次世代型の筋トレメソッドを紹介しておきます。

より短期間で効果を出せる、普通のオジサンやオバサン向け筋トレに興味のある方、これから筋トレを始めたいと考えている方や、なかなか筋トレが長続きしなかった方にまで活用できる筋トレメソッドですので参考にしてください。

この筋トレメソッドはアスリートの怪我防止やパフォーマンス向上に、驚異的な実績を持つものですが、内容的には12箇所の筋肉を1日20分鍛えるだけという、女性や中高年からの筋トレとしても無理なくできる最適なメニューとなっており、取り組みが自宅で1人でできるほど簡単です。

また合理的かつ科学的な理論と根拠に裏付けされた筋トレメソッドですので、中高年向け専用と言っても良いほどに身体に無理も負担もかけない次世代型の筋トレメソッドですので、興味のある方これから筋トレを短期間で効果的に取り組み始めたいと考えている方には、おすすめの筋トレ法ですね。

公式ページに掲載されている筋肉や骨格の理論などを読むだけでも、日常生活での身体の使い方など役に立つ内容が書かれていますので、ぜひご一読されることをおすすめいたします。

この筋トレ法は「関トレ」という関節のトレーニング本の著者である「笹川大瑛さん」という理学療法士の先生が独自理論を詰め込み「次世代型筋トレメソッド下克上」という最新理論の筋トレ法として提供を始められたものです。詳細を確認するにはこちらのページをご覧ください。>>次世代型筋トレメソッド下克上の詳しい内容を確認してみる

Sponsored Links




中高年の筋トレを成功させる事とやってはいけない事とは?

中高年から筋トレを始める人がやってはいけない筋トレとは、どういった筋力トレーニングでしょうか?

それは、むやみやたらと筋肉を付けることにこだわらないこと。
筋肉は付けすぎる必要はありません。
必要最小限の筋肉でじゅうぶんなのです。
骨を正しく動かし必要な動きを引き出す筋力があれば、骨格筋としての筋肉は足りているのですね。

中高年からの筋トレは見かけの筋肉にこだわるより、本質的な運動能力の向上に役立つ筋肉を意識して付けるべきですね。
見かけの筋肉を付けるだけでは、余計に身体が固まって怪我の元になったりしますので、外見に効果を求めてはいけません。とは言っても、必要最小限の筋肉が付くだけでも外見上は引き締まった「細マッチョ」になってしまいますが・・・。

よく見られるのが他の人と自分を比べてしまって、自分の年令や運動経験などの基礎体力の程度を超えて、無理をする人がいますが、これはいけません。

筋トレの効果を出そうとプロテインやサプリメントに、頼り過ぎてもいけません。
アスリートたちの筋トレでの追い込みをみて、真似をしようと思わないことも大切ですね。

筋トレでダイエット効果を目指す人に多いのが、食事制限(特に糖質制限など)にはまり込んでしまうことですが、行きすぎた食事制限は当然のこととして、摂取カロリーを制限するときでもバランスの良い食事は必要ですし、必要な栄養素をサプリメントだけに頼らず自然食品から摂取することは、健康体をつくり維持するのにとても重要ですよね?

口で噛むという行為、咀嚼するという行為が脳にも刺激をもたらし、唾液の分泌を促進して食物から身体に必要な栄養素を分解合成して採り入れることで、私たちの身体は健康体を維持できているのですから、バランス良く旬の食べ物を美味しく食べることが健康づくりの源になるのですね。

特に中高年から筋トレを始める人がやるべき筋トレとは、老化防止・若さキープのアンチエイジング目的で、身体に無理や負担をかけない範囲の筋トレにするべきなのです。

合理性と科学的根拠に裏打ちされた方法と手順で、筋トレに取り組むことが中高年からの筋トレに求められることなのですが、効率的に効果を出すための筋トレサプリの導入は、あくまでも補助として検討すべきなのかも知れません。
カラダ作りに役立つサプリとして話題になっている筋肉サプリメントが、こちらのバリン・ロイシン・イソロイシンといった配合成分の比率を1:4:1という究極比率にしたというサプリメントですね。


ワークアウトで120%のパワーを発揮したい方へ
こういった筋肉を作るサプリメントに頼る人も多いようですが、頼りすぎは禁物ですよね。
サプリに頼ることよりもバランスの良い使える筋肉、カラダの動きの質向上に役立つ筋肉をつけることを、日常でも心がける必要がありますが、現状の自分の身体の状態を良く理解して、歪みがあれば歪みを正すことから始めることが大切ですね。

歪んだままの身体で筋肉の鎧をまとうと、より体調不良を促進することに繋がる恐れがありますので、歪みを正して負担や無理のかからないように、身体の軸線をきちんと整えることが優先されるべき事なのですね。

40代・50代のミドル・シニアといった中高年から始める筋トレは、趣味として取り組めるくらいに楽しみながらボチボチとやることが、長続きの秘訣といっても過言ではありません。
継続は力なり、小さな積み重ねの継続が気づけば大きな高みへと導いてくれることになりますので、美味しく食べて無駄な筋肉を付けずに、きれいな細マッチョを目指して若返りと若さキープに役立つような、使える骨格筋を目指すべきなのですね。

筋トレやダイエットといえば「結果にコミットする」というキャッチフレーズで有名なRIZAPライザップというパーソナルトレーニングのジムが全国展開しています。(RIZAPの記事はコチラを参照
高額な費用ながら結果を求める若い人には、人気の選択肢にもなっていますが、40代以降のカラダにはムリは禁物ですよね?

なので中年になってからの筋トレを、出来るだけ安上がりに実践したいというニーズに応えて、これまでの筋トレの常識を覆すような中高年向けの筋トレとして最適だと判断したのが、先述した「次世代型筋トレメソッド下克上」という理学療法理論に基づいたメソッドということなのですね。

このメソッドの特長がより短期間で効果を出せる、普通のオジサンやオバサンといった女性や中高年向けの筋トレに最適ということで紹介しました。

これから筋トレを始めたいと考えている方に最適な、筋トレ初心者必見の情報が詰まっていますので、
読むだけでも筋トレやカラダ作りに役に立つ内容を、ぜひ参考にされることをおすすめいたします。
著者であり「関トレ」の著者でもある笹川大瑛さんの独自理論を詰め込んだ筋トレ法の詳細についてはこちらのページをご覧ください。>>次世代型筋トレメソッド下克上の詳細を確認する

まとめ

中高年からの筋トレでは若いときのような無理は禁物です。
無理をして身体に負荷をかけすぎると故障のもとになりますので、絶対に無理な筋トレはやってはいけません。

無理なく身体に負担をかけずに、合理的で科学的な根拠の元にカラダに余計な負担をかけずに、やっただけの効果をきちんと出せる中年向けの筋トレを探してくださいね。
最近の筋トレブームで女性でもバキバキの腹筋を目指す人が増えたようですが、カラダにとって不自然では無くより健康的なカラダ作りという観点でみると、あまりオススメはできません。

もともと女性はふくよかな身体になるようになっていますので、男性並みの筋肉を付けていくとホルモンのバランスも崩れて、女性としての健康体からは遠ざかる結果になり、女性としての魅力も薄れてしまいかねませんよね?

その点、老若男女ともに有効な筋トレは関節を強くするための「関トレ」ですが、この関節トレーニングの第一人者である笹川大瑛氏が「次世代型筋トレメソッド下克上」を開発し販売されたのは、ふつうのオジサン、オバサンである中高年にとって最適とも言える筋トレコンテンツの誕生として喜ばしいことではないでしょうか?

これまでの筋トレの常識に比べても画期的とも言える筋トレメソッドは、合理的かつ科学的な理論と根拠に裏付けされており、まさに中高年向けと言って良いほど身体に無理も負担もかけない、次世代型の筋トレメソッドになっています。そしてより短期間で効果を出せる、普通のオジサンやオバサン向け筋トレとしてオススメできるのが次世代型筋トレメソッド下克上ということなのですね。>>次世代型筋トレメソッド下克上の詳細はこちらから

興味のある方、これから筋トレを始めたいと考えている方に、筋トレ必見の情報が詰まっています。
読むだけでも役に立つ文章が並んでいますので、ぜひご一読されることをおすすめいたします。
「関トレ」の著者笹川大瑛さんの独自理論を詰め込んだ 次世代型筋トレメソッド下克上の詳細は関連記事も合わせてご覧下さい。

■関連記事

Sponsored Links




関連記事

  1. 稀勢の里引退!最弱横綱の汚名返上できず荒磯親方で相撲人生再出発!

  2. ボクシング連盟告発問題の山根会長辞任!テレビ生出演NG発言!

  3. iPhoneバッテリーの減りが早い電池消耗の原因は冬の寒さに弱いから?…

  4. ブラッドムーンとは?不吉で怖いイメージだけど言い伝えについて調べてみた…

  5. ジョエルロブションのパンのおすすめは?渋谷に行ったら買っておこ~

  6. iPhoneバッテリーの寿命を長持ちさせる裏技!無料交換条件と場所は?…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP