ちょ待てよ!気になる話題

中高年男女の筋トレメニューで50代60代が成功する効果的運動とは?

中高年の50代から60代の男女を問わずに筋力トレーニング(筋トレ)がブームになっていますが、中高年が筋トレに取り組む時は運動メニューにじゅうぶんな注意が必要です。

若いときと違って中高年の筋トレには、やってはいけないことと、やるべき筋トレがあるのです。
筋力トレーニングの注意点と、絶対にやってはいけないことと、必ずやるべき事をまとめました。

これまでの筋トレの常識を覆す中高年向けの筋トレのやり方も紹介します。

Sponsored Links




中高年からの筋トレとしても最適で、合理的かつ科学的な理論と根拠に裏付けされた筋トレメソッドは、中高年向けと言って良いほど身体に無理も負担もかけない、次世代型の筋トレメソッドになっています。興味のある方、これから筋トレを始めたいと考えている方に、筋トレ必見の情報が詰まっています。
読むだけでも役に立つ文章が並んでいますので、ぜひご一読されることをおすすめいたします。
「関トレ」の著者笹川大瑛さんの独自理論を詰め込んだ 次世代型筋トレメソッド下克上の詳細を確認するにはこちらの記事をご覧ください。

50代60代のミドル・シニアから始める筋トレはここに注意する?

まずやり過ぎないこと、急がないこと、急激に血圧を上げるような運動をしないこと。

筋トレを始めると必ず筋肉痛に悩まされますが、これは筋肉肥大にとっては欠かせないものの筋肉繊維が壊れてしまい、もっと負荷に耐えられるようになるための修復期間でもありますので72時間は筋トレの間隔を空けて、筋肉修復の時間を与える必要があります。

筋トレが身体になじんでくると次第に筋肉痛が痛くて苦痛というより、心地よい痛みに変わってきますがこれは痛みに慣れることもありますが、筋肉痛によって筋肥大効果を実感できることで、苦痛より快感の方に感覚がシフトしていることで起きる体感なのでしょうね。

行きすぎると身体を壊しかねないので、ミドル・シニアから始める筋トレではあまりやり過ぎないように注意が必要です。やや物足りないくらいで止めるのがちょうど良いくらいでしょう。

またあまりピッチを上げてトレーニングしたり、息を止めて力むというような筋トレは急激に血圧を上げ毛細血管を損傷したり、ひどいときには脳内出血を起こしかねませんので、年齢相応の穏やかな筋トレを工夫すべきです。

特にミドル・シニアの筋トレでは目的を明確に意識して取り組むことが必要です。
ただ闇雲に筋トレを行うのではなく、自分の身体の声を聞きながら体調に合わせてマイペースで、楽しく取り組むことが重要です。

足腰が弱っていることを自覚している人は、転ばないで済む足腰を目指すだけでもじゅうぶんなのですから、いきなりランニングを始めたり、ランニングなどの心拍数が上がっている状態を急に止めたりしないことで、危険なトレーニングにならずに済むのですね。

身体の仕組と強化したい部分を理解して筋トレに取り組むことが、効果的なトレーニングになるわけです。
くれぐれも筋肉神話に踊らされて、無駄以外の何物でもない余分な筋肉を付けることに、汗水垂らすことは避けてくださいね。

これから始めるには中高年からの取組みにも最適で、合理的かつ科学的な理論と根拠に裏付けされた筋トレメソッドとして中高年向けと言っても良いほどの、身体に無理も負担もかけない次世代型の筋トレメソッドになっています。
より短期間で効果を出せる、普通のオジサンやオバサン向け筋トレに興味のある方、これから筋トレを始めたいと考えている方に、筋トレ必見の情報が詰まっています。

読むだけでも役に立つ文章が並んでいますので、ぜひご一読されることをおすすめいたします。
「関トレ」の著者笹川大瑛さんの独自理論を詰め込んだ 次世代型筋トレメソッド下克上の詳細を確認するにはこちらの記事をご覧ください。

Sponsored Links




中高年の筋トレを成功させる事とやってはいけない事とは?

中高年から筋トレを始める人が、やってはいけない筋トレとは?

むやみやたらと筋肉を付けることにこだわらないこと。
筋肉は必要最小限でじゅうぶんなのです。
骨を正しく動かし必要な動きを引き出す筋力があれば、骨格筋としての筋肉は足りているのです。

中高年からの筋トレは見かけの筋肉にこだわるより、本質的な運動能力の向上に役立つ筋肉をもに付けるべきですね。
見かけの筋肉を付けるだけでは、余計に身体が固まって怪我の元になったりしますので、外見に効果を求めてはいけません。

よく見られるのが他の人と自分を比べてしまって、自分の年令や運動経験などの基礎体力の程度を超えて、無理をする人がいますがこれはいけません。

筋トレの効果を出そうとプロテインやサプリメントに、頼り過ぎてもいけません。
アスリートたちの筋トレでの追い込みをみて、真似をしようと思わないことも大切ですね。

筋トレでダイエット効果を目指す人に多いのが、食事制限(特に糖質制限など)にはまり込んでしまうことですが、行きすぎた食事制限は当然のこととして、摂取カロリーを制限するときでもバランスの良い食事は必要です。
必要な栄養素をサプリに頼らず自然食品から摂取することは、健康体をつくり維持するのにとても重要です。

口で噛むという行為、咀嚼するという行為が脳にも刺激をもたらし、唾液の分泌を促進して食物から身体に必要な栄養素を分解合成して採り入れることで、私たちの身体は健康体を維持できているのですから、バランス良く
旬の食べ物を美味しく食べることが健康づくりの源になるのですね。

中高年から筋トレを始める人がやるべき筋トレとは、老化防止・若さキープのアンチエイジング目的で、身体に無理や負担をかけない筋トレにするべきなのです。

合理性と科学的根拠に裏打ちされた方法と手順で、筋トレに取り組むことが中高年からの筋トレに求められることなのです。

バランスの良い使える筋肉、からだの動きの質向上に役立つ筋肉をつけることを心がける必要がありますが、現状のじぶんの身体の状態を良く理解して、歪みがあれば歪みを正すことから始めることが大切。

歪んだままの身体で筋肉の鎧をまとうと、より体調不良を促進することに繋がる恐れがありますので、歪みを正して負担や無理のかからないように、身体の軸線をきちんと整えることが優先されるべき事なのですね。

中高年からの筋トレは趣味として取り組めるくらいに、楽しみながらボチボチとやることが長続きの秘訣。
継続は力なり、小さな積み重ねの継続が気づけば大きな高みへと導いてくれることになりますので、美味しく食べて無駄な筋肉を付けずに、きれいな細マッチョを目指して若返りと若さキープに役立つような、使える骨格筋を目指すべきなのです。

これまでの筋トレの常識を覆す中高年向けの筋トレ「次世代型の筋トレメソッド」はより短期間で効果を出せる、普通のオジサンやオバサン向け筋トレです。

これから筋トレを始めたいと考えている方に最適な、筋トレ初心者必見の情報が詰まっています。
読むだけでも筋トレやカラダ作りに役に立つ内容ですので、ぜひ参考にされることをおすすめいたします。著者であり「関トレ」の著者でもある笹川大瑛さんの独自理論を詰め込んだ「次世代型筋トレメソッド下克上」の詳細はこちらの記事を参考にしてください。

まとめ

中高年からの筋トレでは若いときのような無理は禁物です。
無理をして身体に負荷をかけすぎると故障のもとになりますので、絶対に無理な筋トレはやってはいけません。

無理なく身体に負担をかけずに、合理的で科学的な根拠の元に効果をきちんと出せる筋トレを探してください。
最近の筋トレブームで女性でもバキバキの腹筋を目指す人が増えたようですが、あまりオススメはしませんね。

もともと女性はふくよかな身体になるようになっていますので、男性並みの筋肉を付けていくとホルモンのバランスも崩れて女性としての健康体から遠ざかる結果になりかねませんよね。

男女ともに有効なのは関節を強くするための「関トレ」ですが、この関節トレーニングの第一人者である笹川大瑛氏が次世代型筋トレメソッド「下克上」を開発し販売されましたが、ふつうのオジサン、オバサンである中高年には最適とも言える筋トレのコンテンツではないでしょうか?

これまでの筋トレの常識に比べても画期的とも言える筋トレメソッドは、合理的かつ科学的な理論と根拠に裏付けされており、中高年向けと言って良いほど身体に無理も負担もかけない、次世代型の筋トレメソッドになっています。より短期間で効果を出せる、普通のオジサンやオバサン向け筋トレが、次世代型筋トレメソッド~下克上です。

興味のある方、これから筋トレを始めたいと考えている方に、筋トレ必見の情報が詰まっています。
読むだけでも役に立つ文章が並んでいますので、ぜひご一読されることをおすすめいたします。
「関トレ」の著者笹川大瑛さんの独自理論を詰め込んだ 次世代型筋トレメソッド下克上を立ち読みしてみるにはこちらから

■関連記事

Sponsored Links




関連記事

  1. 柔道世界選手権2018バクーで金メダルを獲得する階級と代表選手は?

  2. ジョーダンヒックスのシンカーの凄さ!成績はどうなの?

  3. 幸せのパンケーキのレシピ!得する人でたまみちゃんがふわふわ再現!

  4. 日焼け止めつける順番はどうするのが効果的?

  5. 阿部一二三と妹詩が1本勝ち金メダル獲得で東京五輪も兄妹ダブル金!

  6. 結城海斗の中学時代の凄さとは?「前例がない」「怪我が心配」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP