ちょ待てよ!気になる話題

サッカーアジアカップ決勝は日本かイランとライバル韓国で優勝狙う?

2019年の一大サッカーイベント、アジアカップ22019がついに開幕しました。
2大会ぶりでアジア最多となる5回目の優勝を目指す日本代表も、けが人が出た中での開幕2連勝と、好調なスタートを切りましたね。

このまま優勝まで一気に突っ走りたいところですが、近年のアジアのレベルは急激に上昇しているので、簡単にはいきそうにありませんね?

特に59年ぶりの優勝を目指す韓国代表が、悲願のアジア覇権欲しさに、日本代表の行く手を全力で阻んでくることは間違いないでしょう。

そこでアジアカップ優勝を狙うライバルでもある韓国の戦力などをまとめました。

Sponsored Links




アジアの虎は何が何でもアジア王者の称号が欲しい?

何かと日本代表と比較されながら、2002年日韓ワールドカップではベスト4、2018年のロシアワールドカップでは、優勝候補のドイツを下すなど、実績では日本を一歩リードしている韓国代表。

しかしながら、アジアカップにおいては、1956年、1960年と連覇をしているものの、そこから59年もの間、優勝から遠ざかっています。

一方、日本代表は1992年の初優勝から27年の間で4回優勝しており、アジアの中での実績は突出しています。

韓国の国内サッカーリーグであるKリーグ人気も、Jリーグと比べて今ひとつ人気にかけ、韓国代表の選手がJリーグでのプレーを選択し、Jリーグに活躍の場を求めてプレーしているのも珍しいことではありません。
韓国でもトップ選手は海外でプレーしており、韓国国内のサッカー人気は低迷しています。

そのため、何としてもアジアサッカーの覇権を奪取して、人々の目を韓国代表と韓国サッカーに振り向かせ、サッカー人気を回復したいという強い思惑があるようです。

優勝で覇権奪還を目論む韓国の注目選手は?

海外リーグで活躍する有望選手を複数抱え、実力的にはアジアの中でもトップクラスの実力者をそろえる韓国代表。

アジアカップ59年ぶりとなる、3度目の優勝が狙えるだけの陣容を揃えているといっても、過言ではないでしょう。

中でも長年欧州リーグでプレーしている、チョン・ソンリョン選手、ク・ジャチョル選手、キ・ソンヨン選手などを始め、Jリーグで活躍しているファン・ウィジョ選手、キム・ジンヒョン選手、キム・スンギュ選手など、素晴らしい選手を沢山抱えているアジアの虎、韓国代表チーム。

そんな猛者の中でもひときわ輝き注目されるのが、イングランドのプレミアリーグの強豪、トッテナムで主力として活躍するFWソン・フンミン選手の存在です。

183cm、77kgという恵まれたフィジカルと、その屈強なフィジカルからは想像できない圧倒的なスピードで、プレミアリーグでも数多くのゴールを決めています。

ロシアワールドカップでのドイツ戦で、ドイツに引導を渡したゴールを決めた選手としても、記憶に新しいところです。

韓国史上最高・最強のストライカーと言っても過言ではないソン・フンミン選手が、日本の優勝を阻止すべく立ちはだかるのは間違いないでしょう。

Sponsored Links




アジアカップネットの反応

そんな日本最大のライバル韓国代表に対しては、ネットでも様々な反応があります。

韓国代表、ソン・フンミンがいるだけでオーラがある!
Jリーグ選手多い韓国代表は脅威?
ガンバのファン・ウィジョが頑張っている!
アジアカップ韓国代表、16強決定も内容に不満の声?
韓国代表はイランに弱い。早々に当たらないためにグループ1位通過は必須
アジアカップで日韓戦あったら最高やな。
ソンフンミンが好調を維持し続けたら、日本もやられるかも?
アジアカップの決勝では、日韓戦が見たい!!
政治問題で関係悪化している中での日韓戦は嫌だな
この状況で日韓戦やったらネットはどえらいことになるな

出典:twitter

まとめ

アジアサッカー王者を決めるアジアカップ。
ロシアワールドカップでベスト8にあと一歩せまった日本代表とはいえ、イランや韓国のチームが立ちはだかることを考えると、決して侮れる大会ではありません。
日本代表と韓国代表がガチンコ真剣勝負で戦うことになったら、果たしてどちらに軍配が上がるのか?

またイランがどう絡んでくるのか?興味が尽きませんよね。
日本がイランと韓国相手に受けて立ち好勝負を仕掛ければ、これ以上わくわくする試合はないのではないでしょうか?

■関連記事

Sponsored Links




関連記事

  1. ソークス中目黒のパンケーキが超おすすめ!「甘くないしヘルシー!」その秘…

  2. セルジオ越後のベルギー0%コメントに炎上!「何様?」「この発言は酷すぎ…

  3. 拳四朗がミランメリンドと防衛戦をWBSSダブル世界戦で井上尚弥と!

  4. パネチキンが韓国で大人気のチーズダッカルビに続きSNSでも話題に!

  5. 40歳以上の中高年が10歳以上も若返るカラダになる筋トレ法がこれ!

  6. 世界女子バレーランキング6位の日本は1次ラウンドを突破できる?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP