ベースボール

夏の甲子園2018優勝校予想のまとめのまとめをした結果!

夏の甲子園2018優勝校予想を、まとめのまとめという形で、独自の方法でやってみました。
下馬評で優勝候補の一角に上げられていた、東邦高校が西愛知代表の決勝戦で愛工大名電に破れ
甲子園行きのキップを逃しましたね。また激戦区で知られる神奈川では、北神奈川代表の座を
これも優勝候補と見なされていた東海大相模を慶應義塾が下して、2018年夏の甲子園100回記念大会
出場を見事に決めました。

さて、優勝候補と見られていた有力校が、早くも予選で敗退するという波乱の幕開けとなった
2018年の記念すべき第100回大会ですが、この方法で2018年夏の甲子園優勝校を予想してみました。

スポニチ・報知・日刊などスポーツ新聞や信頼できるサイトでの優勝予想を、1位5点・2位4点・
3位3点・4位2点・5位1点と、それぞれ換算した合計得点で2018年夏の大会優勝校予想ランキング
を集計してみた結果が次の通りとなりました。

Sponsored Links




甲子園優勝予想まとめのまとめをした結果

1位5点、2位4点、3位3点、4位2点、5位1点で集計して優勝校予想ランキングを決定!

■2018年夏甲子園 第100回記念大会優勝校の予想ランキング
1位   43点獲得 大阪桐蔭  北大阪代表 (2年連続10回目の出場)初戦突破 ベスト8進出
2位   30点獲得 智弁和歌山 和歌山代表 (2年連続23回目の出場)初戦敗退
3位   24点獲得 横浜高校  南神奈川代表(3年連続18回目の出場)初戦突破 3回戦敗退
4位  21点獲得 創成館   長崎代表  (3年ぶり2回目の出場)  初戦敗退
5位  14点獲得 星稜    石川代表  (2年ぶり19回目の出場)初戦突破 2回戦敗退
6位  12点獲得 聖光学院  福島代表  (12年連続15回目の出場)2回戦敗退
7位  11点獲得 木更津総合東千葉代表  (3年連続7回目の出場)初戦突破 3回戦敗退
8位  10点獲得 花咲徳栄  北埼玉代表 (4年連続6回目の出場)初戦突破 2回戦敗退
9位   9点獲得  浦和学院  南埼玉代表 (5年ぶり13回目の出場)初戦突破 ベスト8進出
10位     4点獲得  前橋育英  群馬代表  (3年連続4回目の出場)初戦突破 2回戦敗退
10位     4点獲得    日大三   西東京代表    (5年ぶり17回目の出場)初戦突破
10位     4点獲得  作新学院  栃木代表  (8年連続14回目の出場)初戦敗退
10位     4点獲得  龍谷大平安 京都代表  (4年ぶり37回目の出場)初戦突破
番外  1点獲得  報徳学園  東兵庫代表 (8年ぶり15回目の出場)初戦突破 ベスト8進出
番外  1点獲得  近江    滋賀代表  (2年ぶり13回目の出場)初戦突破 ベスト8進出
番外  1点獲得  済美    愛媛代表  (2年連続6回目の出場)初戦突破 ベスト8進出
番外  1点獲得  金足農業  秋田代表  (11年ぶり6回目の出場)ベスト8進出
番外  1点獲得  下関国際  山口代表  (2年連続2回目の出場)ベスト8進出

※優勝予想ランキング2位だった智弁和歌山と4位の創成館、10位の作新学院が、初戦で敗退し姿を消しました。
8月17日第3試合終了までの結果です。残すベスト8進出の枠は一つだけ。
第4試合の日大三高か、龍谷大平安高校か?
2018大会試合結果速報はこちら

※得点の参考にした情報は、信頼できる10カ所の情報提供にもとずいて集計しました。
智弁和歌山の初戦敗退は残念!

Sponsored Links




ネットの優勝予想の声

過去5年、選抜に出場していない高校が夏の甲子園優勝しているね。
大阪桐蔭が最有力だすね・・・。なんかおもしろないけどさ。
90年の覇者おおさかトーイン、史上2度目の春夏連覇なるのかね?
初出場組が6っつもあるけど・・・むりね優勝。
せんだいいくえー、問題起こして辞退したのいつだっけ?
今度の夏は100回記念だよ~記念大会に強いとこ、どこだ。
選抜不出場によりデータが少ないことが、夏は有利のようです。
智弁和歌山はホームランバッター林晃汰くんががんばるべな。
ばたーぼくすぜんいん、バントは佐賀商業だぜ!投手の疲労こんぱい作戦か?
21世紀枠は今年の夏も健在か?わくがふえても優勝できんもんね。残念。

出典:twitter

まとめと私の予想

2018年夏の甲子園は、第100回記念大会となりますが大阪桐蔭の、史上2度目の春夏連覇なるか
と注目されています。大阪桐蔭は第90回大会の覇者でもあり、案外すんなりと優勝を決めて
高校野球界のチャンピオンの座を、不動のものにするかもしれませんね。

東海大相模の西川僚祐(にしかわりょうすけ)選手や、東邦高校の石川昴弥(いしかわたかや)
選手の活躍が見られないのは残念ですが、いずれドラフトに顔を並べるでしょうから、今後の
高校野球界も目が離せませんね。

果たして下馬評通りにいくのか、はたまた伏兵が記念大会を征するのか、楽しみな記念大会と
なりそうです。

■関連記事

Sponsored Links




関連記事

  1. 羽生結弦の切手シートの購入方法は?いつまで買えるの?n

  2. チャンピオンズリーグの試合を無料テレビ視聴できるdaznダゾーンとは?…

  3. 高知商野球部の2018甲子園メンバー出身中学と成績は?

  4. ハッカ油の副作用や注意点は?万能すぎて使いすぎるので調べてみた!

  5. エマヌエル・ロドリゲスの戦績!強さは?評判まとめ

  6. 報徳学園野球部メンバーの出身中学と注目のドラフト候補選手とは?

コメント

    • 星稜
    • 2018年 8月 10日

    こんにちは
    記事楽しく読ませていただきました。
    予想二位智弁和歌山初戦敗退…監督も信じられないって感じでしたね。

    ちなみに石川県の「星稜」高校です。
    「星陵」は、和歌山県にあるみたいですね。
    たまにマスコミも間違えてます_φ( ̄ー ̄ )

      • kimutaku2018
      • 2018年 8月 10日

      わざわざ教えていただきありがとうございます。
      早速訂正させていただきました。

      ノ木偏だったんですね?
      こざと偏でしたっけ? 思い込みって怖いですね。
      ご親切に感謝します。

      またのぞいてください。^^

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP