ベースボール

大阪桐蔭野球部メンバーの出身中学と成績、注目選手は?

まだまだ大阪桐蔭の野球部メンバーにとっては、春夏連覇に向けて熱い闘いが続きますね。
記念すべき100回大会の甲子園で、史上初の2度目の初夏連覇を達成できるのか?
今年の夏の甲子園大会じゃ記念すべき第100回となる節目の大会です。

この節目の記念大会で優勝できれば、これから先も必ず話題に上り続けることでしょう。
この第100回2018年夏の選手権大会で、史上初となる2度目の連覇が成し遂げられるのか!?

全国の高校野球ファンのみならず、多くの国民が注目して立ちはだかる壁となる好敵手が
史上初の2度の連覇を阻止するのか?
それとも、はんぱないプレッシャーをはねのけて見事達成するのかを、固唾をのんで
見守っていることでしょう。いましたね。

そしてどの対戦も息詰まる試合展開になることを、甲子園球場で観戦している応援団や観客も
全国のテレビの前の高校野球ファンも、みんな興味津々で楽しみにしているはずなのです。ました。
そしてその果たして結果はどうなるのか?甲子園の魔物を味方にできるのか?
固唾をのんで見守った結果は、大阪桐蔭の史上初となる、2度目の春夏連覇で幕を閉じました!

まずは沖学園に勝たなければ次は無いわけ見事に勝って3回戦に進んだので、これからの1戦1戦が大阪桐蔭にとっては決勝戦を闘うつもりで頑張るしかありません。

2回戦の沖学園には、勝ったわよ!
3回戦は富山の高岡商だぞ!
16日の第4試合ね?次もきっと勝つわよね?勝って欲しいわ!
3回戦進出を決めたよ!
高岡商の山田選手の好投に、打線も湿りがちだったけど
1失点で抑えて3-1でベスト8に進出です!
強力打線の大阪桐蔭を手こずらせるなんて、さすがだわ!
負けちゃったけど、高岡商業の山田投手ってスゴかったわね!
ー8月21日追記ー
大阪桐蔭が金足農業との決勝戦を13-2で勝利して、史上初となる2度目の春夏連覇を達成しました!

こうなったら優勝しかないね?
そうよ、春夏連覇よ!
それも史上初の、2度目の春夏連覇しかないわよ!
やったぞ!やったぞ!根尾昂選手も
ホームラン打ったよ!
二人もホームラン打つなんて、そしてカナノウ旋風を押さえ込んで
大量得点で勝つなんて、さすが大阪桐蔭だわ!脱帽ね。
Sponsored Links




大阪桐蔭野球部メンバーの出身中学は?

■大阪桐蔭野球部メンバーの出身中学一覧

背番号 選手名 position 学年 出身中学 出身チーム
1 柿木 蓮 投手 3 佐賀 多久市中央中 佐賀東松ボーイズ
2 小泉 航平 捕手 3 和歌山 御坊市河南中 和歌山日高ボーイズ
3 石川 瑞貴 内野手 3 大阪 堺市泉ヶ丘東中 住吉ボーイズ
4 山田 健太 内野手 3 愛知 稲沢市千代田中 東海ボーイズ
5 中川 卓也 内野手 3 大阪 大阪市長吉中 大阪福島シニア
6 根尾 昴 内野手 3 岐阜 飛騨市古川中 飛騨高山ボーイズ
7 宮崎 仁斗 外野手 3 奈良 組合立式下中 志貴ボーイズ
8 藤原 恭大 外野手 3 大阪 豊中市第五中 枚方ボーイズ
9 青地 斗舞 外野手 3 大阪 富田林市貴志中 河南シニア
10 横川 凱 控え 3 滋賀 米原市大東中 湖北ボーイズ
11 井阪 太一 控え 3 奈良 奈良市春日中 奈良西シニア
12 飯田 光希 控え 3 徳島 板野町板野中 徳島東シニア
13 宮本 涼太 控え 2 大阪 寝屋川市第一中 枚方ボーイズ
14 俵藤 夏冴 控え 3 愛媛 今治市西中 今治中央ボーイズ
15 青木 大地 控え 3 京都 木津川市木津第二中 郡山シニア(奈良)
16 中野 波来 控え 2 兵庫 淡路市岩屋中 明石ボーイズ
17 奥田 一聖 控え 3 北海道 札幌市栄南中 札幌新琴似シニア
18 森本 昂佑 控え 3 兵庫 神戸市魚崎中 大阪南海ボーイズ

さすがに大阪桐蔭だけあって、大阪府の中学出身者は出場メンバー18名中わずか5名ですね。
残りの大半は近畿圏の兵庫から2名、奈良から2名、京都・愛知・滋賀・岐阜・和歌山に
徳島・愛媛・佐賀の四国九州に北海道が1名ずつで計13名。

リトルシニアのレベルも高い大阪府のみで無く、全国からも有望な選手を集めて
強力なチームを作っていることがうかがえます。

大阪桐蔭野球部メンバーの成績と注目選手は

■大阪桐蔭野球部メンバーの成績と注目選手

背番号 選手名 学年 身長/体重 投打 打率(※)
1 柿木 蓮 (U-18候補) 3年 181/85 右右 .125
2 小泉 航平 (U-18候補) 3年 178/74 右右 .400
3 石川 瑞貴 3年 178/75 右右 .391
4 山田 健太 (U-18候補) 3年 183/83 右右 .524
5 ○中川 卓也 (U-18候補) 3年 175/78 右左 .474
6 根尾 昂 (U-18候補) 3年 177/78 右左 .522
7 宮崎 仁斗 3年 170/70 右右 .500
8 藤原 恭大 (U-18候補) 3年 181/78 左左 .636
9 青地 斗舞 3年 173/73 左左 .286
10 横川 凱 3年 190/85 左左 .200
11 井阪 太一 3年 178/85 右左 .333
12 飯田 光希 3年 180/78 右右 1.000
13 宮本 涼太 2年 173/76 右左
14 俵藤 夏冴 3年 181/75 右右 1.000
15 青木 大地 3年 180/76 右左 .000
16 中野 波来 2年 175/80 右右
17 奥田 一聖 3年 180/72 右右
18 森本 昂佑 3年 180/78 左左

○は主将、打率は地方大会のもの。

大阪桐蔭の甲子園出場メンバーのうち、注目選手をあげろと言われれば、全員ですと
答えたくなるほど注目選手がそろっているチームですね。

18名のメンバーの中に、日本代表であるU-18候補が6名もいることで理解できるというものです。
名前を挙げると、柿木蓮、小泉航平、山田健太、中川卓也、根尾昂、藤原恭大の6選手。

この中で投手陣は遊撃手を兼ねる根尾昂選手、ストレートが武器の柿木蓮選手が
投手陣を引っ張り、主将の中川卓也選手、5割超えの1試合2本本塁打を放った山田健太選手らが
打撃の要となって、史上初となる2度目の春夏連覇にチャレンジします。

Sponsored Links




ネットの反応

★8回裏 大阪桐蔭、根尾に続き藤原もホームラン!
粘る沖学園を突き放す一撃!

★やっぱり大阪桐蔭は強いしなおこういうことができるから強いと思うよねえ

★根尾くんの素晴らしさを、ホームランをどうぞ。

★藤原恭大くんのホームラン

★沖学園4-10大阪桐蔭9回表 柿木蓮 (佐賀東松B)
自己最速を更新する151㌔の直球!

ずっと聞きたかった根尾昴くんの応援歌ほんとに大迫力だった
大阪桐蔭 藤原くんの盗塁
スタートダッシュ凄い
みんな走るってわかってても止められない
高知商の打線は想像以上。
ひょっとして今大会No.1では?この打線を抑えられるとしたら、
金足農業の佐藤、創志学園の西、大阪桐蔭の根尾くらいかも。
大阪桐蔭西谷監督
僕が太ってると思う人RT
僕が痩せていると思う人いいね
星稜・佐藤海心が力投。
飛騨高山ボーイズ出身で中学時代は、大阪桐蔭・根尾昂と元チームメイト。
正月にはみんなで焼き肉を食べ、甲子園での対決を誓い合ったという。

当日券を求める大阪桐蔭側の一塁側特別席の列は、
もう甲子園駅を完全に折り返しさらに列ができていましたので、
昨日より明らかに人が多いと思います。
同じく一塁側アルプスも高架下で横に列ができていて多いです
異次元を魅せた報徳学園・小園海斗。
大阪桐蔭・藤原恭大とは中学時代のチームメートであることは有名。
ちなみに、小園の妹さんのスマートフォンの待ち受け画面は兄ではなく、
藤原の写真だということがスポーツ紙の取材でわかった。
藤原選手のホームラン!

なんが起こるかわからんのが高校野球だよ〜
入学してきてすぐ監督に「大阪桐蔭とやりたいっす!!」って言いよって
流石に練習試合は頼めないってなって 甲子園で叶えてしまうんですね
ガンバレオキガク
藤浪晋太郎が苦笑する6年前。大阪桐蔭はドラマがないほど強かった
オリックスと大阪桐蔭が対戦したらどっちが勝つかとかで盛り上がってる奴マジでなんなの。
プロとアマチュアやぞ冷静に考えたらわかるやろ。

どう考えてもオリックスに勝ち目ないわ!

出典:twitter

大阪桐蔭まとめ

やはり大阪桐蔭は強かった!大本命、優勝候補の筆頭でしたね。
パコパコ打つし、勝負どころに強い!

なんたって甲子園出場メンバーのうち6名もの、U-18候補をかかえているわけで。
実際にU-18日本代表メンバーに選出されたのは、投手・柿木蓮選手、捕手・小泉航平選手
内野手・中川卓也選手、内野手・根尾昂選手、外野手・藤原恭大選手の5人でした。
残念ながらU-18日本代表候補には選出されていた、内野手・山田健太選手が選外となりました。

それにしても高校日本代表の18名のうち、5名大阪桐蔭の選手とはスゴいことですよね!
このまま大阪桐蔭野球部がU-18代表として出て行っても、正式なU-18代表チームと遜色ない試合を見せてくれるのではないでしょうか?

もしかしたらチームワークという点で、U-18日本代表チームより、強かったりして・・・。

春のセンバツ大会ベスト4で、夏の大会に残った唯一の大阪桐蔭にとっては、
これからもタフな相手が連覇を阻止すべく挑んでくると思われるのですが、
果たして下馬評通りに史上初となる、2度目の春夏連覇を成し遂げることができるのか?

大阪桐蔭の史上初、2度目の連覇を阻むとするなら、いったいどのチームになるのか?
まだまだ、甲子園の熱闘は続きます。2018年夏の第100回記念大会の幕が閉じるときに
深紅の優勝旗を手にするチームは、大本命「大阪桐蔭」なのか?
果たして別のチームなのか・・・中継から目が離せません!
※8月21日追記
大阪桐蔭13-2で金足農業を制して、史上初となる2度目の春夏連覇達成!

#大阪桐蔭 10-4 #沖学園
大阪桐蔭が快勝、沖学園の粘りも見事でした!

関連記事

  1. 横浜高校野球部メンバー注目の万波中正選手の出身中学は?

  2. 報徳学園野球部メンバーの出身中学と注目のドラフト候補選手とは?

  3. ZOZO球団はどこを買収する?ロッテは?

  4. 済美野球部の夏の甲子園メンバー出身中学と成績は? 

  5. 大谷翔平のライブ生中継をテレビ放送で視聴する方法は?無料も可能?

  6. 2018ドラフト会議の1位指名は金農吉田輝星か大阪桐蔭根尾昂か?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP