ボクシング

WBSSトーナメント表!井上尚弥対戦相手の戦績一覧はこちら!

WBSS(ワールドボクシングスーパーシリーズ)は、乱立する王者で誰が本当に強いかよくわからない状態を一掃するような
真に誰がNo1か分かる、賞金55億をひっさげたトーナメント戦であります。
今まで、統一選を望むも逃げられてばかりで嫌な思いをしてきた井上尚弥選手とそのファンが待ちに待った試合形式です。
トーナメントなので逃げることはできません。これを見ずに何を見るというのでしょうか?

そのWBSSのトーナメント表と出場者8選手のスペック一覧をまとめました。知らないでいるのと知ってみるのでは楽しみが100倍違います!

Sponsored Links




WBSSトーナメント表はこちら

2018年7月20日にロシアにて抽選会が実施されます。

出場者は以下

ちなみに個人的に思う、強い順となっています。あくまで個人的な見解です。

井上尚弥(25)=大橋(WBA世界バンタム級王者)
ゾラニ・テテ(30)=南アフリカ(WBO世界バンタム級王者)
エマヌエル・ロドリゲス(25)=プエルトリコ(IBF世界バンタム級王者)
ライアン・バーネット(24)=英国(WBA世界バンタム級スーパー王者)
ジェイソン・マロニー(27)=オーストラリア(IBFバンタム級3位 WBA2位)
ノニト・ドネア(35)=フィリピン(WBO世界フェザー級現11位 )元5階級制覇王者
フアン・カルロス・パヤノ(34)=ドミニカ共和国(WBA世界バンタム級4位)元WBAスーパー王者
ミーシャ・アロイヤン(29)=ロシア(IBFバンタム級8位)

 

以下、7月21日の朝には分かりますので、午前中に完成させます。マロニーとロドリゲスだけ決まっています。

つまり井上選手の対戦相手は、ドネアか、パヤノか、アロイヤンの3人のうちの誰かなのです。

Sponsored Links




WBSSバンタム級8選手の戦績とスペックとは?

個人的な見解を思いっきり含めて紹介します。
報道では無難に「元5階級制覇!」とか書かれていますが、正直今の実力を知りたいですよね。
なので、独断の評価も入れていきたいと思います。

井上尚弥(25)=大橋(WBA世界バンタム級王者)

身長:165.2cm
リーチ:171.0cm
16戦16勝(14KO)0敗

説明不要ですね。絶対王者であった、ナルバエスやマクドネルをあんなに圧倒的に破ってしまって、力の天井が見えません。
正直誰もが苦戦すると思われていた試合で圧勝しています。
いったいどれだけ強いのでしょうか?
今のところ負けることが想像できません。

ゾラニ・テテ(30)=南アフリカ(WBO世界バンタム級王者)

身長:173cm
リーチ:182cm
戦績:29戦26勝(21KO)3敗

11秒KO男として知られています。その印象が強いので超強そうに感じますが、他の試合を見ると井上選手ほどの力を感じません。
どちらかというとテクニック。11秒KOも細かく見ると、左フックを警戒させておいて右から顎を砕くという絶妙なもので
テクニックのうまさが光ります。

リーチも異様に長いのでそこがネックですね。(マクドネルも相当長かったですが井上選手にはなんでもなかったですね..)

11秒KOは自身のツイッターでも公開しています。

参考:テテ選手は強い?井上尚弥選手との対戦予想をまとめてみた

エマヌエル・ロドリゲス(25)=プエルトリコ(IBF世界バンタム級王者)

https://twitter.com/WBSuperSeries/status/994980732580847617

身長:168cm
リーチ:169cm
18戦18勝12KO

若くて勢いがあります。もしかしたらテテより井上の脅威なんじゃないか、という人も多いですね。
スピードがあり、テクニックがあり井上と最もタイプが近いと言えます。
体幹がしっかりしている動きなんですが、線が細いのは気になります。

参考:エマヌエル・ロドリゲスの戦績!強さは?評判まとめ

スーパー王者バーネットの評価低いやん!1番若いんだよ?

ライアン・バーネット(24)=英国(WBA世界バンタム級スーパー王者)

身長:162cm
リーチ:168cm
19戦19勝9KO

KO率は低いですが、試合の組み立てやクリンチのうまさ、ディフェンスのうまさが印象的です。
正直、判定が多いので素人目にはついついKO率が高い選手の方がインパクトが強くて、
判定に持ってくる選手を軽視しがちですが、実際それはあくまで印象の問題であります。

上記の画像だけ見るとまるでロマチェンコを想起させる、という感じもしますが
強い相手との対戦を避けているような気もしますし、なんとも言えないところがあります。

正直井上尚弥と対戦したら…はネットでもたくさん議論されていて、苦戦するのでは、という話は多いのですが
タイプが違うため、どうなるか全く予想できません。戦うとなるとかなり注目だと思います。

参考:ライアンバーネットの戦績!井上尚弥とどちらが強いか?

ジェイソン・マロニー(27)=オーストラリア(IBFバンタム級3位 WBA2位)

日本のwikiにもないですが、見た目はイケメンでかなり強そうな選手です….。

見た目で決めちゃだめでしょー

身長:168cm
リーチ:169cm
17戦17勝14KO

高いKO率ですよね。
最新の試合は河野公平に6回終了TKO勝ちしました。
youtubeには公式的なのがないですが…

ノニト・ドネア(35)=フィリピン(WBO世界フェザー級現11位 )元5階級制覇王者

身長:166cm
リーチ:173cm
43戦38勝(24KO)5敗

元5階級は確かに素晴らしいですが、この中で一番高齢の35歳で、さすがに全盛期はとっくに過ぎた感は否めません。
報道では元5階級制覇が先行されていますが、現在何位なの?と思って調べてら、WBOフェザー級で11位でした。
そこから階級を下げてきて行けるのでは?という感じなのでしょう。

参考:ドネアの戦績!井上尚弥とWBSSで対戦か?「5階級制覇は過去の話」「井上に勝てるとは思えない…」

フアン・カルロス・パヤノ(34)=ドミニカ共和国(WBA世界バンタム級4位)元WBAスーパー王者

身長:165cm
リーチ:164cm
戦績:18戦17勝(8KO)1敗

彼も全盛期を過ぎた選手です。この中で2番目の高齢である34歳。
衰えは感じます…。

参考:パヤノ(ボクシング)の強さと戦績まとめ!「ヨダレものの強者揃い」「WBSS胸熱っ!!」

ミーシャ・アロイヤン(29)=ロシア(IBFバンタム級9位 WBA5位)

身長:164cm
4勝(0KO)0敗

ランクを見ると低いですが、2017年デビューなので29歳ではありますがこれからの選手です。
無敗の選手相手に判定勝していて評価が高くなってきている選手なので
未知なところがあり少し怖いですね。

Sponsored Links




WBSSネットの予想と期待まとめ

楽しみだが、オープニングは井上vsドネアが一番盛り上がる
井上の限界が見える?見えない?楽しみで仕方ない
先日のパッキャオ見てもけっこう復活していたから実は一番ヤバイのはドネアだったりして
井上が言っていた「残念なこと」ってバーネット不参加かと思ったら違った。ネリが出ないことかな?
ネリでないのか!
気負わず勝ち進んで頂点に登りつめてもらいたい
井上優勝するだろー

出典:twitter
出典:https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20180719-00000000-sanspo-fight

WBSS視聴方法は?

9月ごろ1回戦でしょうけれど、まだ放映権など詳しいことは決まっていません。

WOWOWではやるのではないでしょうか?
フジなど地上波も絶対視聴率はとれるので放映権獲得には動くと思いますが、
あの世界は我々の知らないいろいろ制限とかあるみたいなのでどうなるか分かりません。

何も見れない、ということはないと思いますよ。
また詳しく決まったらお知らせします。

>>追記

DAZNが今やっている重量級を放送するようなツイートをしています。

実際に、WBSSの主宰であるエディーハーンはDAZNと契約を結んだと報道しているので、恐らくWBSSは全般DAZNでやると思われます。
WOWOWはこれから放映権交渉というところでしょう。今までのWBSSは生中継はしてなかったと思います。多分。

ということで、DAZNでやるなら最高ですね!
夏からサッカーのチャンピオンリーグの放映権も獲得したし、しかも初月無料ですよ?
大谷翔平も見れるし、巨人以外のプロ野球、そして極めつけはJリーグすべて、イニエスタが見れます。DAZNが最強になりつつあります。

イニエスタは22日デビューするかもなので是非見ましょう!
イニエスタの生中継を無料でネットで見る方法は?魔術師を目撃せよ!

まとめ

ついにWBSSということで、初戦がアロイヤンじゃなくてドネアだったら9月から楽しみですよね。
9月から3,4か月ごとにワクワクする日が続きそうです。
体調や体を持っていくのも大変だと思いますが、是非全盛期の今、井上選手には最高の結果を得て日本を盛り上げて欲しいですね!

WBSSとはいつから?井上尚弥とテテ・ネリが実現か!?

関連記事

  1. ゴロフキンvsマーティロスヤンはテレビ放送する?視聴方法と予想まとめ

  2. リナレスは日本語喋れる!?日本人ファンが多い理由

  3. 比嘉大吾じゃなく具志堅の負けだ…初黒星に様々な声「可哀そう…

  4. レイマート・ガバロ選手の戦績と井上尚弥選手との比較をしてみた

  5. ゴロフキンvsマーティロスヤンの予想まとめ!村田戦を占う試合となるかn…

  6. パッキャオvsマティセのテレビ放送地上波はない?生中継はあそこでしか見…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP