ボクシング・格闘技

エマヌエル・ロドリゲスの戦績!強さは?評判まとめ

25日のボクシングWBA世界バンタム級タイトル戦。「怪物」井上尚弥選手が圧巻の秒殺KOでマクドネル選手から王座を奪いました。
井上選手がリングで宣言したとおり、10月7日に行われた高額賞金トーナメント戦「WBSS」では、初戦の相手であるファンカルロス・パヤノを70秒KOという日本歴代最速記録でKO勝利しました。
各主要団体のバンタム級王者が真の最強王者を決めるこのWBSSという大会。
その一人がIBFバンタム級王者、エマヌエル・ロドリゲス選手です。井上選手と準決勝で対戦する可能性もあるロドリゲス選手の戦績や強さは?

ロドちゃん、なかなかの甘いマスク
Sponsored Links




エマヌエル・ロドリゲスの戦績

エマヌエル・ロドリゲス選手はプエルトリコ出身の25歳。
2012年にプロデビューし、ボクシングスタイルはオーソドックスです。
身長168cm、リーチは169cm。アマチュアでの実績もあるようです。
プロでの戦績は18戦18勝12KOと負けなしで、高いKO率。
これまでWBA、WBC、WBOのラテンアメリカバンタム級王座を獲得しています。

2015年、アレックス・ランヘル選手(メキシコ)との二団体のラテンアメリカ統一タイトル決定戦では、7回KO勝ち。
そしてロドリゲス選手はプロ入り無傷の17連勝のまま、今年5月5日、ロンドンで初めて世界タイトルに挑戦しました。
空位のIBFバンタム級王者決定戦で、同級4位ポール・バトラー選手と対戦。
試合前の計量でバトラー選手が体重超過になってしまい、ロドリゲス選手が勝った場合のみ王者になるという変則ルールでの試合でした。
1回にいきなりカウンターの左フックで、ロドリゲス選手がダウンを奪う強さを発揮。試合の主導権を握りつつけ、3-0の判定勝利で王座を獲得しました。

以下、一覧をまとめてみました。

回戦日時勝敗時間内容対戦相手備考コメント
16/1/20121R 12:28TKOハソン・アゴストプエルトリコ
27/7/20122R 2:48TKOハイメ・ゴンサレスプエルトリコ
38/31/20124R 1:36KOルイス・オルティスプエルトリコ
44/6/20136R 2:08TKOホセ・ルイスプエルトリコ
56/22/20134R判定3-0ラモン・エミリオ・セダノドミニカ共和国
68/24/20133R 0:42TKOエドワード・バルガスドミニカ共和国
710/26/20136R判定3-0フェリペ・リバスメキシコ
812/21/20138R判定3-0ダビド・キハノプエルトリコ
94/5/20148R判定3-0フェリックス・ペレスプエルトリコ
1010/18/20141R 1:49KOミゲール・カルタヘナ米国
112/21/20152R1:03TKOハボル・モルナルハンガリー
123/30/20153R1:04KOルイス・ヒノホサドミニカ共和国
138/22/20154R 0:44KOアレックス・ランヘルメキシコ
1411/25/20157R 2:44TKOエリエセル・アキーニョドミニカ共和国
156/3/201610R判定3-0アルバート・ゲバラメキシコ
165/25/20171R 2:21KOロビンソン・ラビナンサチリ
178/5/20174R 終了RTDヒオバニ・デルガドメキシコ
185/5/201812R判定3-0ポール・バトラーイギリスIBF世界バンタム級タイトルマッチ

ロドリゲスの強さとは?

WBSS(ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ)は、賞金総額56億円超ともいわれるトーナメント形式のビッグイベントです。
これは団体の垣根を越えて直接対決で真の王者を決めようという試み。今年10月7日を皮切りにバンタム級などで1年間をかけてトーナメントを実施する予定です。

すでにWBO世界王者のテテ、WBA世界スーパー王者のバーネット、IBF世界王者のエマヌエル・ロドリゲスなど各団体王者ら8名が出場することが決定しています。

ロドリゲス選手は、専門誌「ザ・リング」の全団体バンタム級ランキングでは(井上尚弥選手はまだ王者になったばかりのため入っていませんが)、1位テテ選手、3位バーネット選手に次いで4位です。
映像や戦績データなども少なく、強さははっきりとは分かりませんが、タイトル戦で完勝したバトラー選手は元IBFバンタム級王者。
バトラー選手はIBFスーパーフライ級での2階級制覇を目指しましたが、当時同級王者のテテ選手に8回KO負けしています。
こうしたことからザ・リングのランクが、ロドリゲス選手の強さの位置としては妥当といえそうです。

Sponsored Links




ロドリゲスのネットの評判まとめ

バーネット「マクドネルがやられたようだな…」 ロドリゲス「ククク…奴はバンタム級四天王の中でも最弱…」 テテ「井上ごときに負けるとはバンタム級の面汚しよ…1Rってやばない?」
井上尚弥vsロドリゲス 観たい!!
強い奴としかやりたくない井上からすれば嬉しいWBSSになりそう。個人的にはバーネットかロドリゲスを倒したテテとの決勝が観たい!
テテもロドリゲスもバトラーを圧倒してます。テテ、バーネット、ロドリゲスを倒せばバンタム級最強の称号を手に入れれます
このクラスで厄介なのが、尚弥と双璧になるんじゃないかと思われる E・ロドリゲスね 対戦すれば僅差になるんじゃないかと
最近のバンタムはロドリゲスも含め判定が多い。ハードパンチャーというと尚弥以上の選手はいないし、他の王者が尚弥と戦うときはどうしても判定狙いになっちゃうんだろうな
ロドリゲスはバランス良く強いが未知数というある意味井上似か
バーネットのフックぎみの右ストレートは速いよ。テテの右ジャブは厄介だよ。ロドリゲスの右の打ち下ろしは速いよ
井上>バーネット>ロドリゲス>テテかな
動画を観たんだけど、ロドリゲスが井上と同タイプで結構ヤバい動き。スピード、パンチ、テクニック共に十分でカウンターも上手くて井上にスタイルが似てる
村田諒太の世界タイトルマッチはDAZNダゾーンの独占配信となっています!
無料で視聴できる特典をこちらでご確認ください。

出典:twitter

まとめ

5月25日の井上選手の世界戦は米英でも同時中継され、世界のファンを震撼させたようですが、WBSS初戦となる10月7日の圧倒的な強さを見せつけた、ファンカルロス・パヤノとのKO劇は世界中のボクシングファンを驚愕させたことでしょう。
ネットでは早くも井上尚弥選手のWBSS優勝への期待が高まっている様子。
出場選手の中ではロドリゲス選手だけがダークホースですが、ぜひ強豪との残り2試合を完全勝利して、井上尚弥選手がバンタム級真の世界最強王者として、頂点に立つ姿を見たいものですよね。

組み合わせが気になる!

■関連記事

Sponsored Links




関連記事

  1. 東レパンパシフィックオープン大坂なおみの優勝を阻む強い出場選手は?

  2. マクドネル選手vs井上尚弥選手の海外の反応まとめ!

  3. フランス対クロアチアの優勝予想と対戦成績まとめ!「ドラマある所に勝機あ…

  4. WBSSボクシングの結果は前回どうだったの?井上尚弥選手がドリームマッ…

  5. 比嘉大吾選手の実力は本物なの?連続KO記録までの生い立ちは?

  6. 産後ダイエット自宅で簡単な運動で効果を出す頑張らなくていい方法とは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP