ちょ待てよ!気になる話題

地獄の結婚生活!?モラハラ夫と離婚した妻に襲いかかる2つの後悔とは?

モラハラ(モラルハラスメント)夫との地獄のような結婚生活から抜け出して何とか離婚を成し遂げたものの、モラハラ夫との離婚の後に待ち受ける多くの元妻を襲う大きな後悔が存在していることをご存じですか?

やっとモラハラ夫との地獄から抜け出したかと思ったら、後悔が待ち受けているなんて、どうすれば良いのか?

これからモラハラ離婚を考えている方に、後悔しないためにあらかじめ考えておくべきこと、準備しておくべきことをまとめましたので参考にしていただき、後悔しないモラハラ離婚を実現してくださいね?

Sponsored Links




モラハラ離婚では経済的な苦労で後悔する元妻が多い?

モラハラ離婚で元妻が味わう1つ目の後悔とは経済的な苦労?

「夫から自分の全てを否定される」
「些細なことで怒鳴られたり嫌みを言われたりする」
「いつも見下されている」
「そのくせ束縛が強くて飲み会に行かせてもらえないし、仕事からの帰りが遅いと浮気を疑われる」……

こんなモラハラ夫と離婚したいと思ったり、現実に離婚したという人もいるのでは?
離婚をするのは結婚するのに比べて何倍ものエネルギーが必要だと、よく言われることですよね?

そんなにエネルギーを使って離婚するのも大変ですし、実際に離婚して失うものも結婚生活を続けているときには気付かなかったことなど、たくさん出てきます。

それに、いざ離婚しようと考えても、新婚当時のことや夫と過ごした時間で楽しかった昔のことなどもついつい思い出してしまい、涙が出てくる……。
離婚したいと考えながらも、いざ離婚した後に後悔しないだろうか?
と気になってなかなか離婚に踏み切れないでいる・・・。

この記事をお読みのあなたは、今まさにこのような心境かもしれませんね?
たしかに離婚したものの、離婚後に後悔している人は世の中にたくさん存在しています。

そこでモラハラ夫と離婚した妻に襲いかかる、2つの後悔とは何かを具体的にご紹介していきますね?

この記事を参考にして、モラハラ夫に苦しめられているあなたが離婚に踏み切るべきかどうか、決断できるようになることを願っていますのでどうぞ、最後までご覧くださいね。

実は離婚のケースでは、夫のモラハラが原因で離婚した場合に限って、夫と別れたことを後悔している妻は、ほとんどおりません。

妻の全人格を否定してくるモラハラ夫との共同生活というのは、妻にとっては、それほどつらいものなのですね。

モラハラ夫が子どもには優しい父親だとしても、家庭内で妻をいじめる姿を日常的に見せることは、自分を産んでくれ愛してくれている大事な母親を、父親が虐待しているのと同じような精神的ダメージを、子どもにもしっかり植え付けてしまいます。

子どもとの関係を考えても、モラハラ夫との悲惨な共同生活を無理に続けるのは、子どものためにも決して良いことではないのですね。

離婚したことそのものを後悔している元妻はほとんどいないのですが、だからといって安易に離婚を急ぐのは禁物です。

それはなぜかというと、離婚後に経済的に困るようになって離婚後の生活で後悔している元妻が、とても多いからなのですね?

そのような離婚後の苦しい生活で困ることが無いように、離婚するときには事前にきちんといろいろな取り決めをしておくことが大切なのです。

慰謝料や財産分与、養育費、別居期間中の生活費など、金銭的なことに限っても決めなければならないことがたくさんあるのですよね?

それなのにモラハラ夫との共同生活に耐えられないからといって、事前準備もなしに離婚を急いでしまうと、決めなければならない大事なことをいい加減に決めてしまい、離婚してから困ることになってしまうのですね。

間違っても「何もいらない!すぐに別れてください!」なんて言葉を口走ることは絶対に禁物です。
場合によっては弁護士に頼んででも、きちんとした内容でお互いの取り決めを文書にして結んでおくべきです。

さらに悩ましいのは、きちんと取り決めを結んだとしても、それが守られる保証は何もないということなのです。

くやしいですが慰謝料の分割払いや養育費などは、元夫が離婚後すぐに払わなくなるケースの方が圧倒的に多いのですよね。

元夫に財産や経済力があれば、差し押さえや強制執行などの法的手段によって払ってもらうことはできるのですが、そのためには別途弁護士に頼まないといけませんし、お金を手にするまでの期間や手続きなど、なかなか大変なことになってしまいます。

そもそも元夫に取り立てる資産や預金などがなければ「無い袖は振れない」の言葉どおり、法的手段に訴えても費用だけがかかって、どうしようもありませんよね。

結局、離婚後の経済的な面での生活維持を、元夫からの支払いに頼るようでは離婚後に後悔する可能性が非常に高い、ということになるわけです。
残念ですが、これが現実なのですね。

母子家庭の手当や、両親からの援助を受けられる人もいると思いますが、基本的に他力を頼っての生活維持は、当てにしない方が良いのです。

後悔しないためには、自力で生活していけるだけの経済力を持つことが理想であり、最優先で準備すべきことなのですね?

もし今の状況で離婚後の生活維持に自信がないなら、夫に離婚を切り出すまでに先にやっておくべきことがあります。

その離婚を切り出す前に先にやっておくべきことが
・生活を切り詰めてへそくり貯金をしておく。
・離婚後の仕事をあらかじめ探しておく。
・勉強して収入や就職につながる資格を取っておく。
・慰謝料をもらうためにモラハラの証拠を集めておく。
・共有財産の範囲と金額を調べておく。

モラハラ夫との共同生活を続けるのは、とてもつらいかもしれませんが、離婚後の生活維持のためにお金や仕事で後悔しないためには、これらの準備は必要なことなのですよね?

Sponsored Links




モラハラ離婚の後悔はもっと早く別れたかった!

モラハラ夫と離婚した妻に襲いかかる2つの後悔。
1つ目は「経済面」でした。

2つ目はガラリと変わり「もっと早く離婚すれば良かった」という後悔です。
こういう気持ちで離婚後に後悔している元妻も多いのですね。

離婚が頭に浮かんでも、普通の人はいろいろなことが頭に浮かんで、長期間離婚に踏み切るまでに迷い悩むものですが、その内容といえば

・妻の座を失うのは世間体が悪い。
・子どもから父親を奪うのは申し訳ない。
・自分さえ我慢すれば済む。
・夫と過ごした楽しかった昔が忘れられない。
・夫も本当は優しい人だと思う。

こんな感じの理由で思い悩み、なかなか離婚には踏み切れないというのが想像できますね?

ですが現実はどうかというと、モラハラ夫との離婚を果たした妻は「もっと早く離婚すれば良かった!」と言っている離婚妻がほとんどという結果なんですよね。

・本来の自分を取り戻すことができた。
・貧しいけれど子どもと笑顔で楽しく暮らせるようになった。
・自由に活動できるようになった。
・将来の夢が持てるようになった。
・また恋愛できるようになった。

モラハラにも重度のものから軽度のものまで、様々だと思いますが耐えられないほど重度の場合は、離婚した方が圧倒的に幸せになれる可能性が高いようですね。

夫のモラハラによって自分が病んでしまう前に、さっさと離婚に踏み切った方が精神的にも負担が軽くなって良い結果を生むでしょう。

ただし、急ぎすぎると経済面で後悔することになりますので、準備だけは周到に進めて臨む必要がありますので注意してくださいね。

まとめ

モラハラで離婚を考えるほどに苦しんでこられたあなた。
相手に原因があるのなら離婚するという決断も、決して悪いことではありません。

離婚後の生活維持のために、経済面での準備をぬかりなくやっておけば笑って暮らせる日も、そう遠くはありません。

それでもまだ、気持ちの面で離婚したことを後悔しないか不安だったとしたら、まずは別居からスタートしてみませんか?

しばらく離れて暮らしてみて、お互いにまた一緒に暮らしたいと思うようなら、まだ離婚は早いということです。

別居生活に慣れて「こっちの方が幸せだ」と思うようなら、思い切って離婚した方が良い、というサインだと考えましょう。

一度しかない人生です、離婚してもしなくても、後で自分の人生を後悔しないで済むように、自分を大切にすることを最優先して決断されることを願っています。

Sponsored Links




■関連記事

関連記事

  1. ヒジキの毒性で寿命が縮まるのはうそ?本当?調べてみた結論

  2. 大坂なおみWTAファイナルズに3位出場を決めて優勝する可能性は?

  3. 自宅RIZAP効果が出るのは本当に痩せる筋トレサプリと超減量プログラム…

  4. ベルギーvsブラジルの海外の反応まとめ「赤い悪魔のカウンター再び!」「…

  5. ゲーム依存症とはどんな定義?ネットの反応「病気認定か」「eスポーツでき…

  6. パネチキンが韓国で大人気のチーズダッカルビに続きSNSでも話題に!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP