サッカー

イングランド対クロアチアの予想と対戦成績まとめ!「クロアチアは満身創痍」「英仏百年戦争見たい!」

熱戦が続くFIFAワールドカップロシア大会もいよいよクライマックスが近づきました。
準決勝第一試合では、フランスがベルギーとの接戦を制し決勝に進出。
そして第二試合のイングランド対クロアチアは、日本時間12日午前3時キックオフです。

果たしてフランスの相手はイングランド、クロアチアどちらなのか。
勝敗の予想や対戦成績をまとめました。

フランスやっぱ強いわ…
Sponsored Links




イングランド対クロアチアの予想!オッズは?

「サッカーの母国」であり、W杯優勝経験もあるイングランドと、過去最高3位のクロアチア。
欧州の強豪同士の顔合わせですが、意外にもW杯では初対戦です。

海外の大手ブックメーカーの勝敗予想はどうでしょうか。
「bet365」は、クロアチアの勝利、引き分け、イングランド勝利のそれぞれのオッズが3.6:3.1:2.35です。
「ウィリアムヒル」は、同じくクロアチア勝利3.40、引き分け3.00、イングランド勝利2.30、となっています。

僅差なものの、ややイングランド優位のようです。
なぜでしょうか。対戦成績や試合の予想をみてみましょう。

イングランド対クロアチアの対戦成績とポイントは?

クロアチアは、決勝トーナメント1回戦と準々決勝をともに延長戦まで戦った末、PK戦にもつれ込む接戦をものにしてきました。
一方、イングランドは1回戦はPKでしたが準々決勝は90分で終わらせています。つまり30分余計にクロアチアが体力を消耗しているわけです。

クロアチアの司令塔はMFモドリッチ選手。やはりチームの中心を務めるレアル・マドリードでは欧州チャンピオンズリーグを制しており、同じ年にW杯優勝すれば2002年の元ブラジル代表DF、ロベルトカルロス氏以来の偉業となります。
二冠なら大会MVPやロナウド、メッシ両選手が08年から独占している年間最優秀選手バロンドールの最有力候補にもなります。

たださすがのモドリッチ選手もこの過密日程の決勝Tで攻守での負担が大きく、疲労の蓄積に懸念も。
過去にも、90年イタリア大会のアルゼンチンが準々決勝、準決勝と連続でPK勝ちしたものの、決勝は西ドイツに敗れており、疲労の影響もあったとみられています。
クロアチアはロシア戦で負傷者が出るなどチームが万全でないのも気がかりです。

一方のイングランドは攻守がかみ合い快調。6得点の主将のFWケイン選手ら得点力のある選手がそろっているうえ、守備も調子を上げています。
これまでセットプレーで得点を量産しているのも強み。

CKでは長身のストーンズ、マグワイア、ケイン選手らがPAの端に並び、蹴る瞬間に一斉に動いてマークを外します。
セットを変えながら相手に球筋を読ませず、仮に混乱して倒されてもPKを獲得し、ケイン選手が手堅く決めるのがパターン。若いチームだけに運動量も豊富です。
苦戦も予想されるクロアチアですが、どこまで勢いを回復できているでしょうか。

さて両チームは意外に対戦が少なく、過去の対戦成績はクロアチアの2勝4敗1分け。
直近の試合は2009年9月のW杯欧州予選で、イングランドが5-1と圧勝しています。
FIFAランキングはイングランドが12位、クロアチアが20位です。

Sponsored Links




イングランド対クロアチアのネットの予想まとめ

決勝がフランスvsイングランドだとガッチガチな「百年戦争」になっちゃうので、クロアチアに出てきて欲しいな
満身創痍のクロアチアがイングランドに勝てるかな
このフランスに今のコンディションのクロアチアが勝てるイメージがないなぁ。イングランドならワンチャンありそうだけど
こうなるとベスト4の中で移民なし代表で頑張ってるクロアチア応援したくなるw フランスもイングランドもアフリカ系ばっかりだしなあ
クロアチアのスバシッチ、イングランドのピックフォード。ベスト4のGKは皆ハイレベルで甲乙付け難い
フランス、ベルギー、イングランドとかのメンツ見るとプレミア勢が結構残ってんだなという印象
まぁイングランドのサッカーあんま面白くないので、クロアチアに決勝行って欲しいんだけどね
イギリスは発祥の地ですもんね 国の盛り上がりもすごそうですね。
私は決勝フランスvsイングランドが見たい…!
クロアチアは疲労困憊多数でイングランドはほぼセットプレーからしか点取れないどうなるか

出典:twitter

まとめ

今大会のW杯は、突出した「主人公」が生まれにくい印象があります。
すでにロナウド、メッシ、ネイマールといったスーパースターは去り、決勝トーナメントでも飛び抜けてただ一人、大活躍するような選手は見当たりません。
現代サッカーは、一昔前のように「個」の華麗な技術だけで勝利をもぎ取れるものではなく、組織力や総合力の戦いということでしょうか。
W杯も残り3試合。果たしてヒーローは生まれるでしょうか。

確かにどのスポーツも進化している

■関連記事

Sponsored Links




関連記事

  1. 天皇杯サッカーPK戦やり直しの理由詳細はコレか!?ネットが炎上気味なの…

  2. フランスW杯優勝の海外の反応まとめ「グリーズマンダイブ名演技」「アフリ…

  3. 山本kid徳郁が病気(ガン)闘病中のグアムからインスタ告白!

  4. シンデレラ体重計算してモデルの体重と比べてみた!危険で今さら炎上!

  5. 日焼け1日で治す方法なんてあるの!?出来る限りの対策を調べつくしてみた…

  6. カーリング女子がCDデビューしたら嫌いになりそう…みんなの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP