ちょ待てよ!気になる話題

台風24号進路予想図最新情報!大阪直撃か九州四国の被害はどうなる?

大型で非常に強い台風24号が沖縄の南海上で停滞していますが、このあと奄美地方を暴雨風域に巻き込み進路を北東に曲げて、九州・四国・大阪を直撃して日本列島を縦断しそうな進路予想が出ています。

台風24号の進路予想の最新情報と、九州・四国・大阪を直撃したら、どのような被害がでるか?
まとめてみました。

Sponsored Links




台風24号の最新進路予想図の情報は?

9月27日9時現在の台風24号は、大型で非常に強い勢力を保ったままで沖縄の南海上、宮古島の南東約550㎞の距離に停滞したままです。

中心気圧は950hPa(ヘクトパスカル)、中心付近の最大風速は45m/sで最大瞬間風速60m/sという非常に強い勢力を保ったままですが、これからもっと勢力を増す恐れがあるようです。

じゅうぶんな警戒と対策が必要な大型台風となりました。

最新の台風24号の進路予想図はこちらです。
<台風24号最新進路予想図>


出典:twitter

進路予想図を見てみると、偏西風の影響で沖縄の南方から奄美地方を経由してから進路を九州・四国・本州方面へと変更して、日本列島を縦断しそうな進路予想となっていますね。

28日(金)午前9時には宮古島の360㎞付近にまで接近して、29日(土)午前9時には久米島の南南西約110㎞まで接近する予想です。

30日(日)の午前9時には屋久島・種子島付近に達し、速度と勢力を上げながら鹿児島県の大隅地方から
四国に上陸し、そのまま兵庫・大阪圏を直撃して10月1日(月)午前9時には、日本海に抜けるか秋田付近に再上陸する進路をとって、日本列島本土を縦断していきそうな見込みですね。

この台風の進路予想は2017年に日本列島を縦断して各地に甚大な被害をもたらした台風17号と同じ進路予想になりそうですので、じゅうぶんな警戒と対策が必要となりそうです。

ちなみに台風の「大型の非常に強い」という表現は、台風の規模の大きさで「大型」「小型」と表現され、勢力の強さ(風速の速さ)を「強い」「非常に強い」「猛烈な」などと表現されます。

台風直撃で大阪・九州・四国や本州の被害はどうなる?

このまま台風24号が進路予想図の通りに進むとすれば、九州南部や四国、兵庫や大阪地方に甚大な被害をもたらす恐れが出てきます。

今年の9月4日に台風21号が近畿地方を直撃して、大阪や神戸などに大きな被害を出したことは記憶に新しいところですよね?25年ぶりに「非常に強い」勢力のまま日本に上陸して、近畿地方を中心に大きな被害が出た台風でした。

特に強風の被害も大きかったですが、高潮での被害が広範囲に及び、復旧にも時間がかかりました。
いつもの風景が一変していたことに驚いた人たちが大勢いたことも、マスコミで報道されていたので
全国のお茶の間でも台風被害に関心が寄せられました。

台風21号は2018年最強クラスの台風とされていましたが、これから襲ってくる台風24号の勢力は
どうなるのか?

台風21号では最大瞬間風速58.1m/sを関西国際空港で観測されています。この瞬間風速は時速に直すと209.16㎞/hになる風速ですので、新幹線並みの風速ということですね。

心構えは台風21号と同じ規模の被害が出る覚悟で、警戒と対策が必要です。

台風の影響による交通機関の乱れは覚悟しておきましょう。
昼過ぎから夕方・夜にかけて、四国・兵庫・大阪地方に上陸しそうですので、通勤時間帯の影響が
避けられないでしょう。帰宅時間が台風24号の上陸に重なる可能性が高いので、近畿地方のかたは
できれば出勤や外出も控えた方が良さそうですね。

各家庭では雨戸を閉めて、勢力の状態を見て土嚢の準備や畳上げなどの浸水対策を考えましょう。
また手のひら防護処理がされた手袋をホームセンタなどで購入しておくと、ガラスが破損したときの対処に役立ちます。

また避難にあたっては簡単に脱げない運動靴など(雨靴は危険)水たまりでも歩ける履き物を準備しましょう。ガラス破損時の室内履きも考えておく必要があります。

窓ガラスの破損対策には段ボール・クッション梱包材などと布ガムテープを準備しましょう。
庭やベランダの飛散物・飛来物対策として、飛ばされそうなものは室内に入れるか、重しになるもので押さえましょう。

停電・ガス供給停止・非常食対策も忘れずに。
電池・ラジオ・ランプ・食料品・飲料水・トイレ排水用(浴槽に備蓄して)も用意しましょう。

避難持ち出し品の準備忘れてはいけません。いざ避難、となったときに慌てないように背負えるリュックサックや両手を塞がないで済むバッグを準備して、家族の全員が別々に自分のものを背負うように話し合っておきましょう。
避難中に別れてしまっても、各人の避難持ち出し品は各人で確保できるような配慮が必要です。

また避難先の確認をしておくことと、避難経路の安全を確保できるよう家族で申し合わせて、生き別れになった時の集合場所と連絡先をあらかじめ決めておきましょう。(災害伝言ダイヤルの使い方を練習しておくとよい)

Sponsored Links




ネットの反応

出典:twitter

まとめ

最近は地震だけでなく、集中豪雨による水害や土砂崩れなどで大きな被害が発生しています。
台風は毎年襲来するものなので、なんとなく慣れてしまって警戒を怠りがちですが、大型の非常に強い勢力の台風24号にはじゅうぶんな警戒と注意・対策が必要です。

準備が空振りに終わったら、それこそ喜ぶべき事態ですので、万全の準備で台風24号に備えてください。
私の故郷、鹿児島は台風銀座とも呼ばれるくらい、台風が襲来してくるために県民は台風慣れしています。

それでも大型の非常に強い台風には、準備を怠らずに対策を施します。もちろん面倒くさがることもありません。ガレージも台風被害を想定して、他の地域より強度の強いものが求められるし建てられます。

台風慣れしている身として記事を書きましたが、台風慣れしていない地域の方のお役に立てれば幸いです。「準備しとったけど、来んかったやないかい!」という嬉しい罵声を期待しています。

■関連記事

Sponsored Links




関連記事

  1. 甲子園の開会式は中止にすべき!?熱中症で倒れる子は年々増えている?

  2. ガボール・パッチを使った視力回復アプリの効果は本当にある!?これはやっ…

  3. プラスメッセージが大炎上!使えないの?状況を整理した結果SBだけマズイ…

  4. バーベキューの服装は?女子が夏に川や海でやる時臭いと寒さ対策等気になる…

  5. 初耳学的ダイエット方法ドローインと腹式呼吸では若返るのはどっち?

  6. スマホやけどの対策は?バカにできない危険性!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP