サッカー

ムバッペ(エムバペ)のスピードはヤバイ!実力の評価をまとめてみた

FIFAワールドカップロシア大会の決勝トーナメント1回戦が始まり、その初戦でいきなり優勝候補同士のビッグマッチ、フランス対アルゼンチンが実現しました。
試合はW杯史上初という4-3の壮絶な点の取り合いの末、フランスが勝利。
フランスのFWムバッペ(エムバペ)選手が驚異的なスピードを見せ、大活躍しました。
その実力の高さには、早くも大会MVP候補に挙げる声さえ出ています。

プレーは凄いけど、確かに顔はまだ可愛いかな^^
Sponsored Links




ムバッペ(エムバペ) のスピードがヤバイ!

フランスが打ち合いを制する原動力となったのが、まだ19歳のムバッペ(エムバペ)選手。
圧倒的なスピードで先制点を演出したほか、自らも2得点し類いまれな実力を示しました。
10代の選手がW杯の決勝トーナメントで2得点するのは、1958年大会で「サッカーの王様」ペレ(ブラジル)が記録して以来だそうで、このまま勝ち進めば大会MVPの可能性も十分にあります。

ムバッペ(エムバペ)選手が世界を驚愕させたのが、前半10分すぎの独走。
自陣からドリブルで攻め上がり、必死に追う相手を次々と置き去りに。ペナルティーエリア内に進入してからようやく倒されたものの、先制点につながるPKを獲得しました。

最速スピードは、同僚のグリーズマン選手と並ぶ両チームトップの時速32.4km。
自陣中央でボールを拾ってから倒されるまで7秒足らずの高速ドリブルで、この間にボールに触ったのは7度だけ。
最後のタッチでは大きく蹴り出してさらに加速を図っており、相手は反則で止めるしかないほどの猛スピードでした。

ムバッペ(エムバペ) の実力評価は?W杯MVP最有力候補?

ムバッペ(エムバペ)選手は、両親がアフリカにルーツを持つ19歳。
昨年夏には名門クラブ・モナコからパリ・サンジェルマンに1年間の期限付きで移籍。
その後、移籍金1億8千万ユーロ(約232億円)で完全移籍に移行する大型契約がまとまり、実力と才能の大きさを知らしめたばかりです。
1次リーグではアウトサイドで巧みにパスを出したり、軸足の後ろを通す切り返しを見せたりと気後れすることなくプレー。19歳とは思えない落ち着きとオーラを出しています。

フランス対アルゼンチン戦は、「新旧の10番(エースナンバー)対決」としても注目されました。
長年サッカー界に君臨してきたアルゼンチンのスーパースター、メッシ選手は、18歳だった2006年ドイツW杯に初出場し初得点を挙げています。
一方ムバッペ(エムバペ)選手も今大会でフランス代表のW杯最年少ゴールを記録。若き日の天才と同じように、10代の得点者として名を刻みました。

決勝Tでの二人の直接対決でも華々しく活躍し、メディアが「メッシに引導を渡した」「時代のバトンを引き継ぐ象徴的な一戦」と評するほど。
元ドイツ代表ら専門家も「スピードと高いシュート技術の両方を兼ね備える希少なFW。将来はメッシやロナウドのようになるのではないか」と期待します。
そして早くも、ブラジルのネイマール選手、クロアチアのモドリッチ選手らと並び、W杯大会MVPの最有力候補にも取りざたされているようです。

Sponsored Links




ムバッペ(エムバペ) へのネットの評価

「エムバペ半端ないって。えげつないスピードでサイドから出てくるもん。そんなんできひんやん、普通」
ハメス今年は怪我が思わしくなさそうやしねぇ。エムバペ一人に持ってかれるわけにはいかんぞ!
今大会MVP待ったなしですやんか
衝撃的な速さでしたね。始めの一歩がデカイ!それが速い!ボルトくらい速いんですってね
仏対亜、エムバペも、プレスも、とにかくフランスが良かった。動き止められてた。時間が経過すればするほど妙に冷静になってくメッシみてるの辛かった…
エムバペが今大会の主役になれるかどうか、次戦以降もすごい楽しみになった
ニュースター誕生のエムバペ。そして最強2トップのカバーニとスアレス。これぞサッカーの醍醐味
メッシもクリロナも敗退か。一つの時代が終わった感。これからはフランスのエムバペら新世代に期待ですね
超一流の選手でも、タイミングだったり、運だったりで優勝できないのが現実なんだよな、不思議と
同じくらい不思議なのが、その大会でブレイクして活躍していく選手がいる事。前大会だとハメス・ロドリゲスだったし、今大会だとエムバペになりそう

出典:twitter

まとめ

フランスは強豪ですが、エムバペ選手はじめ若いチームでもあります。
一方、優勝候補だったアルゼンチンも、その後の試合のポルトガルも16強で敗退。
どちらも、ベテランのスターであるメッシ選手やロナウド選手に頼りすぎだった、との声もあります。
ある解説者は「現代サッカーには11人全員のクオリティーが必要。ずばぬけた能力を持つ選手が1人で試合を決め、そのチームがW杯で好成績を収める時代は過ぎ去った」といいます。
フランスのように、個々の実力も組織力も総じて優れているチームこそが、世界を制するスポーツなのかもしれません。

さていよいよあす!日本は組織力で勝負!

■関連記事

Sponsored Links




関連記事

  1. レバンドフスキのギネス記録1試合5得点動画が半端ない!海外の反応まとめ…

  2. 男子テニスファイナル2018日程と錦織圭出場でテレビ放送中継はどこで?…

  3. ファットバーガーのカロリーは?食べると太るかな…

  4. ルマン24時間レースのルールを素人でも分かりやすくまとめてみた!

  5. ヒアロディープパッチの口コミで辛口なものを分析してみた!

  6. アジア大会サッカー韓国が兵役賭けての日韓戦、金メダル優勝は?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP