ベースボール

ドラフト会議で大阪桐蔭の藤原恭大を1位指名する球団はどこ?

2018年のドラフト会議では大阪桐蔭の藤原恭大(きょうた)が、根尾昂とともに1位指名の予想ですが
大阪桐蔭は他にも柿木蓮、横川凱を加えて4名がドラフト会議で球団からの指名を待つことになりました。

巨人が根尾昂を1位指名することに一本化したとの報道もあり、それが事実だとすると
藤原恭大を1位指名候補にしている球団はどこなのか?

巷の予想も交えてまとめてみました。

Sponsored Links




ドラフト会議で球団の1位指名を待つ藤原恭大とは?

今年のドラフト会議では大阪桐蔭から4名ものプロ志望届が提出されただけでなく、その4名が全員各球団が欲しがるだろう選手たちなものだから、巷でも例年以上にドラフト会議の行方に神経を尖らせているようです。

大阪桐蔭のメンバーの中ではすでに根尾昂が、読売ジャイアンツ以外にも中日ドラゴンズから、1位指名のラブコールを送られていますね。

中日ドラゴンズの本気度は森監督からの「1位指名宣言」だけでなく、西山球団代表からも「ぜひ、内の球団に来て欲しい」と地元のスター選手として迎えたい希望を公言しています。

このことで大阪桐蔭の根尾昂と同じチームで活躍した藤原恭大にとっては、巨人と中日からの1位指名はないことになるわけですが、1位指名をしそうな球団を挙げる前に藤原恭大とはどんな選手なのか、をまとめました。

大阪府豊中五中から名門枚方ボーイズを経て、大阪桐蔭に進んだ藤原恭大の身長は、181センチ体重は78キロと飛び抜けてはいないものの野球選手としては恵まれた体格ですね。

左投げ左打ちの外野手で侍ジャパンU-18日本代表として、アジア選手権大会にも出場しており日本からは、根尾昂とともにベストナイン外野手部門に選出されています。

大阪桐蔭の4番打者として2018年の甲子園地区予選の北大阪大会では、2本のホームランを含み15打点と
活躍しています。打率も6割3分6厘とチームトップの成績でした。

腕力もチームで一番と自慢しており、腕相撲ではチーム内で負けたことはないようです。
その自慢の筋肉の盛り上がりが相手投手を威圧して、ひるませるようなオーラを放つことを意識しているようですが、打席に立ったときの打者としての集中力は相手投手だけでなく誰しもが認めるところです。

集中力を遺憾なく発揮して、ここぞと言うときに長打も狙って打てるところが、打者としての武器となっていますね。そして特筆すべきは「イケメン」として全国にファンが多いこと。

プレースタイルやルックスの良さに加えて、自慢の筋肉美を効果的に見せられるように被写体としての意識も高く、フォトジェニックな魅力も捨てがたいところではないでしょうか?

大阪桐蔭の藤原恭大を1位指名する球団はどこ?

さて巨人と中日が根尾昂を1位指名すると公言した今、藤原恭大を1位指名しそうな球団はどこなのか?

各球団の動向に詳しい筋からは、阪神タイガースが大阪桐蔭の藤原恭大を狙っていると噂されています。
その理由として挙げられるのが、糸井嘉男や福留孝介の高齢化で後継スター選手を手に入れたいとの思惑からか、金本監督の野手をとりたいという執念からか?

特に金本監督が清宮幸太郎以上とも評価されている、バットスイングのスピードに惚れ込んでいるようですので、金本監督が続投すれば藤原恭大の1位指名が実現する可能性が高いようです。

阪神タイガースの補強ポイントをみてみると、投手陣は12球団の中でも25歳以下の投手が多いので、ドラフトでは1位指名を打者にするのではと考えます。

打者については坂本・梅野・原口と捕手の若手や、内野手も北條・糸原などの若手の二遊間を含め有望選手がそろっているので、高齢化が目立つ外野の補強が最優先課題と予測できます。

根尾昂のように二刀流選手や、どこでも守れる守備範囲の広い選手が多い中で、タイプとしてはソフトバンクホークスの柳田のように、トリプルスリーを目指せそうではあるものの、外野しか守れない藤原恭大のウィークポイントがどう1位指名の決断に影響するのか、注目ですね。

次に藤原恭大を1位指名候補にしていそうな球団として名前が挙がるのが千葉ロッテマリーンズですね。
ロッテも投手陣や捕手・内野手に比べると外野手の高齢化が心配ですので、後継を確保する必要に迫られていると言えそうです。

ベテラン外野手の角中や荻野に清田といった選手が、年令的に賞味期限を迎える時期が迫ってきました。
ここ1・2年はまだ即戦力の補強はしなくてもよさそうですが、怪我や故障の多さを考えると外野手の即戦力を、最優先で補強することになるのではないでしょうか?

そうなるとロッテの1位指名候補として最有力となるのが、将来性と即戦力を併せ持つ藤原恭大が浮上してきますね。

いずれにしろ重複指名となりそうですので、阪神もロッテも抽選の結果では藤原恭大と同じように、打撃・走塁・守備と三拍子そろっていることを高く評価されている、立命館の辰己涼介を1位指名することも考えて、指名候補リストにアップしていると思われます。

他の球団はそれぞれ社会人や大学生の優先指名だったり、投手優先の補強だったりですので、藤原恭大を1位指名候補にはしないのではないでしょうか?

オリックスバッファローズも野手が欲しい球団ではあるものの、内野手の補強に二遊間を守れる大阪桐蔭の根尾昂と、報徳学園の小園海斗のうち他球団の動向を見ながらも判断して、どちらかを1位指名するかもしれませんが、地元出身である小園海斗が1位指名になりそうです。

Sponsored Links




ネットの反応

出典:twitter

まとめ

今年のドラフト会議は例年にも増して注目を浴びそうですよね?
甲子園が大変な盛り上がりを見せた年でもありますし、甲子園を沸かせた選手たちをどの球団が1位指名するのか、新聞テレビでも報道合戦が繰り広げられそうな気配です。

毎年のドラフトでは意中の球団に1位指名されて、歓喜に胸を震わせる選手や家族たちに対して1位指名どころか名前も挙がらずに、無念の涙を流す選手まで悲喜こもごものドラマが展開されますが、果たして2018年のドラフト会議ではどんなドラマが待ち受けているのか?

人生劇場の1幕を心待ちにしたいと思います。

■関連記事

Sponsored Links




関連記事

  1. ジョーダンヒックスのシンカーの凄さ!成績はどうなの?

  2. 大江戸ビール祭り2018の混雑ってすごいの?人気のビールを知りたい!

  3. アップルサポートの問い合せでコールセンターに必ず繋がる対処方法は?

  4. ZOZO球団はどこを買収する?ロッテは?

  5. 山本kid徳郁が病気(ガン)闘病中のグアムからインスタ告白!

  6. ジョエルロブションのパンのおすすめは?渋谷に行ったら買っておこ~

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP