ちょ待てよ!気になる話題

ゾゾタウン前澤社長が民間人初の月旅行挑戦にアーチスト8名を同行!

ZOZOTOWN前澤友作さんが民間人初となる「月旅行」挑戦をすると発表しました。
また世界的なアーチストを最大で8名まで一緒に連れて行くとのこと。

一緒に連れて行くアーチストに剛力彩芽が入るのか?
気になるところなので、調べてみました。

Sponsored Links




ZOZOタウンの前澤友作さんが挑戦する月旅行とは?

今回発表された月旅行については、アメリカにある宇宙ロケットの開発・製造と打ち上げまでを一貫して行っている「スペースX」という民間宇宙企業が、2023年に打ち上げを予定しているロケットの月旅行契約を結んだとのこと。

このロケットは月のまわりを一週間ほどかけて、月を周回飛行して地球に帰ってくるロケットで2023年の打ち上げ予定。

ただし、このロケットについては現在のところ開発中の段階なので、製造にも着手していない段階での契約となるようです。

はたして予定通りに開発と製造、テスト飛行などが順調に進むのか今の段階ではなんとも言えませんが、夢のある話であることは間違いないですよね。

民間人初の月を周回する旅行の契約金額は約100億円とのこと。
ZOZOTOWNの広告宣伝費として捻出されるのか、前澤社長個人の支払いとなるのか不明ですが、世界的なアーチストを最大で8人まで連れて行くっていう企画が、何やら企業としてのプロモーションの匂いがしてきますので、企業持ちなのでしょうね、きっと。

民間人初の月旅行に同行する世界的アーチストとは?

前澤友作さんが民間人初の月旅行に出かけるのに合わせて、一緒に連れて行く人たちがいるんですよね。
それが世界的なアーチストという定義で、連れて行く人数も最大で8人とのこと。

世界的だと、自分でプライドを持っているアーチストたちは、このニュースに心中穏やかならぬ状況ではないでしょうか?
だって、選ばれなかったら「あんたは世界的なアーチストじゃない!」と、烙印押されたようなものだから。

これから「私は世界的なアーチストであるぞ!」という積極的なアプローチ合戦が始まるのでしょうか?

まぁ、そんなことはもっと後に具体的になるとして、とりあえず一緒に連れて行ってもらえそうな世界的なアーチストって誰なんだろう?ってことを調べてみました。

結論から先にいえば、まだそこまで具体的な名前はあがっていない、と。
これから、ZOZOタウンに貢献してくれそうなアーチストの中から、世界的に有名なアーチストや世界的と言ってもムリのなさそうなアーチストたちを、ZOZOタウンの広告戦略の射程に合わせて作り上げていくのかも知れない・・・・。ふむふむ

となると、あのGORIKI AYAME、そう剛力彩芽も世界的なアーチストの仲間入りするんじゃないの?
そして堂々と、ZOZOタウンの広告戦略の一環として、2人そろって広告塔の役割を果たすのではないでしょうか?

Sponsored Links




ネットの反応

出典:twitter

まとめ

5年先のこととは言え、月旅行が身近になるきっかけを作ることは間違いないでしょうね。
50億だの100億だのというお金を出せる人が少ないでしょうけど、一度でも周回月旅行が成功すればロケットの機材はそのまま繰り返し使えるし、開発費と製造費などを減価償却しながらだと、もっと一人あたりの旅行費は安くなっていくでしょうね。

5年先は高嶺の花でも、10年先にはちょっとムリすれば手が届く豪華旅行・・・程度になっているかも知れませんね。

■関連記事

関連記事

  1. ブラッドムーンとは?不吉で怖いイメージだけど言い伝えについて調べてみた…

  2. 拳四朗がミランメリンドと防衛戦をWBSSダブル世界戦で井上尚弥と!

  3. 2018ドラフト会議で報徳学園の小園海斗を1位指名にする球団は?

  4. 東レパンパシフィックオープンで大坂なおみをテレビ放送で見るには?

  5. 赤ちゃんの日焼け止めは必要?使うならいつから使用していいの?

  6. イングランド対クロアチアの予想と対戦成績まとめ!「クロアチアは満身創痍…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP