ちょ待てよ!気になる話題

二日酔いの治し方のツボと即効で予防できる方法と対策はこれ!

二日酔いの治し方や即効で予防できるツボや方法があるのか?
アルコールパッチテストで下戸認定された人でも、気分良くお酒を飲める方法についてまとめました。

忘年会シーズンが近づくと二日酔いに悩む人が続出するのですが、二日酔いの治し方にツボがあるとか即効で二日酔いや悪酔いを予防できる方法があるとか、様々な情報が飛び交っていますよね?

その中で本当に二日酔いに役立つ方法と、もともとアルコールがダメな人や、体質的にアルコールを受け付けない下戸の人が、忘年会や新年会といった宴会でのお酒の場を、なんとか二日酔いも悪酔いもせずに、無事に切り抜けられる方法があるのかを調べてみました。

お酒がまったく飲めなくて困っている人、二日酔い・悪酔いの予防策・対策を真剣に探している人への
貴重な情報を急いでご覧になりたい方は、下記のページより詳細をご覧ください。
アルコールパッチテストで医者に下戸認定された アルコール代謝能力無しの下戸な私がたった2時間で酒豪になり 二日酔いにもならなくなった極意

なぜ二日酔いや悪酔いをするのか?

忘年会や新年会などの宴会シーズンになると、必ず悪酔いしたり二日酔いに悩まされる人が出てきてまわりの人を困らせてしまうことがありますよね?

ひどいときには急性アルコール中毒になって、救急車の出動をお願いするケースに遭遇した人もいるかも知れませんが、もともとアルコールを受け付けない体質の人もいますので、お酒の場ではあまり無理強いをして飲めない人に無理矢理飲ますのは、禁物だと心得ておくべきですね。

体質で飲めないタイプの人は、お酒の場が嫌で嫌で仕方が無いと聞きますが、調べてみたらアルコールを受け付けない体質の人があることで、酒豪並みに飲めるようになったり、いつも二日酔いに悩まされていた人が、まったく悪酔いも二日酔いもしなくなって気分良く美味しいお酒を堪能できるようになった話とか、嘘のような話を見つけることができました。

まず二日酔いに効くという「ツボ」の話から。
二日酔いに効くツボがあるといっても、二日酔いの症状によって押すツボが変わるのですね?
倦怠感や頭痛、吐き気、むくみ等ごとに押すツボが変わるようです。

押すときには指三本で皮膚ごと回すようにじっくりと押すらしいのですが、ツボの専門家によればセルフケアができるそうなので、関心のある方は専門サイトを検索されることをおすすめします。

次に二日酔い・悪酔いのメカニズムの話に入りますね。
アルコール分を体内に取り込むと肝臓がアルコール成分を解毒するのに、フル操業体制に入ります。
なのでいつも飲酒をしている人の肝臓は、一時も休むことができないので肝脂肪や肝炎、肝硬変といった
肝臓の病気になりやすくなってしまうそうです。

肝臓でアルコールが分解されて発生するアセドアルデヒドが、二日酔いの症状を引き起こすことはよく知られていますが、発酵によりアルコールと一緒に生じる副産物の、コンナジーという毒性のある物質も二日酔い・悪酔いの症状を引き起こすことが分かってきました。

肝臓はアルコールの分解と同時にコンナジーの分解もしようとして、二日酔いの症状が起きるのだと、専門医の報告で明らかになっているようです。

またコンナジーを多く含むバーボンに比べて、ウォッカはほとんどコンナジーを含まないそうなので同じアルコール量を飲酒した場合は、バーボンのほうがウォッカよりひどい二日酔いの症状が確認されたそうです。(引用:学術誌「カレント・ドラッグ・アビューズ・レヴューズ」に掲載された研究報告より)

お酒がまったく飲めなくて困っている人、二日酔い・悪酔いの予防策・対策を真剣に探している人への
貴重な情報を急いでご覧になりたい方は、下記の情報で詳細をご覧ください。
アルコールパッチテストで医者に下戸認定された アルコール代謝能力無しの下戸な私がたった2時間で酒豪になり 二日酔いにもならなくなった極意

二日酔いの治し方や予防と対策は?

二日酔いを完全に治す方法は無い、という前提で、少しでも二日酔いの症状を軽減したり改善する方法を
専門家の指導にもとずいて実践するとしたら、まず心がけるべき事は、脱水症状にならないように水分を
きちんと取りながらの飲酒を心がけること。

肝臓の解毒作業の弊害にならないように(解毒の促進になるように)、きちんと食べ物を摂りながら同じくらいの量のノンアルコール水分(できたら水)を摂りながら、少しずつ飲酒をすることで悪酔い・二日酔いを軽減させることが可能なようですので、二日酔い・悪酔い予防の対策になりそうですね。

空腹の胃粘膜に直接アルコールの刺激が加わると、翌日の吐き気やむかつき、空腹感を感じることになるようですので、飲酒前の食事や、飲酒時の食事で胃粘膜へのアルコール刺激を和らげることが、悪酔い・二日酔いの症状を軽減させる効果を持つそうです。

また飲酒後には電解質の水分を補給すると、頭痛を和らげる効果があるそうですので、市販の経口補給液やスポーツドリンク、トマトジュースや塩分の感じられるスープなどの汁物が、頭痛緩和に効くそうです。

あと朝食をバランスよく食べることで、血糖・ミネラル・ビタミンを補給でき、肝臓のアルコール分解に
使われるエネルギーを肝臓に補給することになるので、二日酔い・悪酔いの対策としてはきちんと朝食を摂ったほうが良いようですね。
二日酔いの時には特に、タンパク質・炭水化物・脂肪のバランスがとれた朝食が最適だそうです。

まぁ当たり前と言えば当たり前のような話をしてきましたが、実はもう一つ二日酔い・悪酔いの対策としてこれが一番じゃないかと思うものを紹介しておきます。

この方法はお医者さんに下戸認定されて、アルコール代謝能力のまったく無かった人が、たった2時間で
酒豪になってしまい、二日酔いにもならなくなったという、嘘のような極意を教えてくれるというものです。
本当に嘘のような話ですが、実証済みの事例がいくつも紹介されていますので、二日酔いの治し方というより、お酒の飲めない人が美味しく飲めるようになる極意、飲める人には二日酔いしなくなる極意として
これからの季節に非常に役立つ内容となっているようですので、ぜひ参考にしてください。

お酒がまったく飲めなくて困っている人、二日酔い・悪酔いの予防策・対策を探している人は下記のページより詳細をご覧ください。
アルコールパッチテストで医者に下戸認定された アルコール代謝能力無しの下戸な私がたった2時間で酒豪になり 二日酔いにもならなくなった極意

ネットの反応

出典:twitter

まとめ

世の中には、体質的にまったくアルコールを受付けない人がいるかと思えば、どれだけ飲んでも酔わないという、特異体質の人も存在しています。

なんのためにお酒を飲むのか?と考えると、いくら飲んでも少しも酔わないというのも、お酒の場の楽しみが半減してしまいそうで、なんだかかわいそうにもなってきます。

一方で、少しも飲めない人や、少しのお酒で真っ赤になってすぐ酔い潰れる人にも同情しながら、お酒の楽しみを味わえなくてかわいそうだと思ってしまいます。

一番良いのは、付き合いも上手にできる程度に、お酒の場を楽しめる事だと思いますが、これまで体質だと諦めていたアルコールへの反応が、ちょっとした極意でガラッと変わるのを知ってしまうと、お酒に強い男性・女性として名乗りを上げたくなってしまうのを止められそうにありません。

お酒に弱い、あるいはまったく受付けなくて困っている、という悩みを持つ人はこの機会にぜひ挑戦してみてくださいね。

■関連記事

お酒がまったく飲めなくて困っている人、二日酔い・悪酔いの予防策・対策を真剣に探している人への
貴重な情報を急いでご覧になりたい方は、こちらのページより詳細をご覧ください。

アルコールパッチテストで医者に下戸認定された アルコール代謝能力無しの下戸な私がたった2時間で酒豪になり 二日酔いにもならなくなった極意

関連記事

  1. メジャーオールスターゲームのテレビ放送媒体とネットで無料で見る方法!「…

  2. アルガンオイルとは?欠点は何?無印の純度も調べてみた

  3. かけるオイルのカロリーは?健康効果にいいというけど気になるポイント

  4. 次世代型筋トレメソッド下克上は身体のサビ落としボディメイクなのか?

  5. パヤノ(ボクシング)の強さと戦績まとめ!「ヨダレものの強者揃い」「WB…

  6. 大坂なおみWTAファイナルズに3位出場を決めて優勝する可能性は?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP