ボクシング

比嘉大吾じゃなく具志堅の負けだ…初黒星に様々な声「可哀そうだ」「責任問題」

比嘉大吾が16連続KOの日本新記録を達成できなかっただけでなく、初黒星を記した。
4月15日、フラフラで青白い計量後の試合の比嘉大吾は明らかに比嘉大吾ではなかった。
腰の入ってないパンチ、パワーのない試合でKO負けとなった。それでも経緯を知っていると涙が出るほど健闘したと思う。

今回の負けは、比嘉大吾の負けではない、具志堅の負けだ。そんな声もある。
初黒星に様々な声があがっている。

Sponsored Links




比嘉大吾じゃなく具志堅の負け…??

経緯を知るものから言わせると、今回は比嘉大吾は悲劇の主人公のように映った。

・フライ級の減量が限界と陣営に直訴していた
・かつて減量でおかしくなり救急車を自ら読んだりパニック障害になったという話も
・しかし、ラストということで今回70日の短いスパンで12㎏の減量を強いられる
・計量では、フラフラ、直前まで寝ていて寝ぐせがあり、無精ひげ、活舌も悪く、顔も青白い。
・汗が一滴もでない状態までやったが、900オーバーで計量失敗
・誰がどう見ても、今回の試合に勝機を見いだせなかった状態
・それでも連続KOの日本新記録の期待はあった
・結果、TKO負けで初黒星

どう考えても比嘉選手に同情してしまうような流れであった。

これらの流れから、16連続KOにこだわりすぎ、フライ級続投を指示し、70日という短いスパンでの10㎏以上の減量を指示した陣営の責任がファンに問われている。

具志堅会長は深々と頭を下げて謝罪したが、今回、比嘉選手が悲劇に思えてファンの気持ちはまだ収まっていない。

Sponsored Links




比嘉大吾のTKO負けに様々な声

まとめ

今回は本当に非常に残念でした。
結果的にこうなったからこそ、批判がいきますが、同時に減量の過酷さを深く知るきっかけともなりました。

5階級制覇しているボクサーは強いだけではなく、調整能力が半端ないということにも気づかされます。
ただ、強いだけは王者でいられなく、陣営・減量、そのへんのいろんなことがかみ合わないと勝てないことを痛感しました。

比嘉大吾選手、まだ若いので今後、またいい形で復活していることを祈るばかりです。

Sponsored Links




関連記事

  1. 井上尚弥vsマクドネルのテレビ放送時間と視聴方法!海外の反応最新もまと…

  2. ドネアの戦績!井上尚弥とWBSSで対戦か?「5階級制覇は過去の話」「井…

  3. ヘッキーブドラーの戦績・強さと田口戦予想まとめ!「6回KO」「判定だと…

  4. シーサケットの彼女の画像と新恋人の画を入手!9月再戦大丈夫なの?

  5. ボクシング連盟告発問題の山根会長辞任!テレビ生出演NG発言!

  6. 比嘉大吾選手の日本新記録16連続KOはどれほどの価値か!?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP