ボクシング・格闘技

井上尚弥のWBSS次戦日程が決定!トリプル世界戦のテレビ中継は?

世界WBAバンタム級王者・井上尚弥選手のWBSS1回戦の日程が決定しました。
なんと、同じ日にWBSSスーパーライト級1回戦も同時開催されることが発表されましたね。

バンタム級王者としてパヤノと闘う井上尚弥選手と、世界トリプル戦を同じ日に闘うことになったWBAスーパーライト級世界王者・キリル・レリク(ベラルーシ)と同級1位の挑戦者であるエドゥアルド・トロヤノフスキー(ロシア)が加わる事になりました。

井上尚弥選手はドミニカ共和国のフアンカルロス・パヤノ選手と対戦することが決まり体力勝負を掲げて地獄の特訓で汗にまみれています。

Sponsored Links




井上尚弥WBSS1回戦の日程と世界トリプル戦のテレビ中継放送は?

WBA世界バンタム級王者・井上尚弥選手のWBSS(ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ)1回戦が
10月7日(日)に横浜アリーナで開催されることが決定しましたね。

同時に発表されたのが、WBA世界スーパーライト級王者・キリル・レリク(ベラルーシ)と同級1位のエドゥアルド・トロヤノフスキー(ロシア)の対戦が加わり、これまでに発表されていたWBC世界ライトフライ級王者・拳四朗(BMB)とミラン・メリンド(フィリピン)の対戦を合わせて世界トリプルマッチということになりました。

このWBSS(ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ)はトーナメント戦で行われ今回はバンタム級最強を証明するチャンピオンを決定するために開催されることになりました。

賞金総額は5000万ドル(約56億円)と破格の賞金総額になっていますが、昨年の第1シーズンに続き今回は第2シーズンとして、バンタム級、スーパーフライ級、クルーザー級の3階級を実施することになりました。

試合日程としては10月7日を皮切りに、10月13日・20日・27日・11月3日・10日と6週間連続で3つの階級の
1回戦を行うことになっています。また試合会場はアジア、アメリカ、欧州、英国となる見込み。

井上尚弥選手VSパヤノ選手以外のバンタム級対戦カードは下記の通りです。
WBA同級スーパー王者ライアン・バーネット(英国)VSノニト・ドネア(フィリピン)ノニト・ドネア(フィリピン)
WBO王者ゾラニ・テテ(南アフリカ)VSミーシャ・アロイヤン(ロシア)
IBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)VSジェイソン・モロニー(オーストラリア)

WBAスーパー王者のバーネットVSドネアの対戦には、WBCダイヤモンド王座も懸けられるとのこと。

皮切りの10月7日世界トリプルマッチをはじめとして1回戦が6週間にわたって白熱した闘いが繰り広げられる予定です。

井上尚弥選手、WBSSトーナメント1回戦勝利のキーポイントとは?

井上尚弥選手がWBSSの初戦で対戦するドミニカ共和国のフアンカルロス・パヤノ選手は
元WBA世界バンタム級スーパー王者ですが、1984年4月生まれの34歳と体力の全盛期は過ぎています。
戦績は20勝9KO1敗。元WBA世界バンタム級とIBO世界バンタム級のチャンピオンとして、WBAのスーパー王座に着いていました。

決して派手な選手ではありませんが、アテネと北京オリンピックの代表でもあり、アマチュア時代から数えるととても経験が豊富な選手といえますね。

最近ではフィリピンの若手ホープであり、無敗で臨んだマイク・プラニアを返り討ちにしています。
ただライバルのラウシー・ウォーレンとのたび重なる対戦で、体力を消耗しきってしまった感があり、全盛期は過ぎています。

ニックネームが「ベビーパッキャオ」と呼ばれている通り、2018年7月のルーカス・マティセとの世界戦を制し、39歳でWBA世界ウエルター級王者になり通算10度目の王座を獲得した「マニー・パッキャオ」の闘いぶりを彷彿とさせるファイティングスタイルのようですね。

スピードボクシングが身上ながら、技巧派としての巧みさにもたけており、知名度の低さ以上に実力を備えていることは間違いありません。

これまでの対戦相手との試合を見ても、簡単に井上尚弥選手が勝てる相手ではなさそうですが、相手の土俵に引きずり込まれることなく自分の間合いとタイミングに緩急のリズムを織り交ぜて、なるだけパンチを受けないように回り込めれば、経験差を超えて大きく勝利に近づけることと思います。

井上尚弥選手もパヤノ選手とは体力勝負になることを自覚しており、地獄の特訓並みのトレーニングでスピードだけでなく持久力を身に付けるべく、万全な対戦に向けて汗を流しているようですね。
この両者の闘いはなんとしても見逃せませんね!

WBSS第2シーズンの熱戦は、DAZNダゾーンの独占生中継で視聴できます!

Sponsored Links




ネットの反応

引用元:Twitter

WBSSトーナメントのまとめ

井上選手にとって優勝のための懸念は、デビュー当時からすると3階級も上げてきたバンタムでどの程度のスピード維持とタフネスさを共存できるか、と言う点でしょうか?

井上選手本人もスーパーフライ級が、自分にとってのベストウエイトと考えているようなので
体力勝負に備えるあまり、余分な筋肉を付けて動きにキレがなくなることがないよう、カラダ作りと調整に気をつけて欲しいですね。

1回戦のパヤノ選手に勝てば、あとは調子に乗って勝ち続けるのではないでしょうか?

■関連記事

WBSS第2シーズンの熱戦は、DAZNダゾーンの独占生中継で視聴できます!

関連記事

  1. 大晦日恒例の人気格闘技イベントRIZINライジンの見どころと勝敗予想?…

  2. 大晦日の格闘技をテレビ生中継で観戦できる注目の対戦カードは?

  3. リナレスは日本語喋れる!?日本人ファンが多い理由

  4. ガニガンロペスの戦績と強さ!拳四朗前回の戦いから勝敗予想

  5. レイマート・ガバロ選手の戦績と井上尚弥選手との比較をしてみた

  6. 村田諒太選手vsゴロフキン選手の予想は?スパーリングした感想がR…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP