ちょ待てよ!気になる話題

アップル新型iPhoneXSゴールドが一番人気の推奨カラー?

アップルが新型のiPhone(アイフォン)XSを米国時間の9月12日午前10時(未確認)に新発売することになりましたが人気になりそうなゴールドカラーの画像や新機種の情報が次々ともたらされました。

出回っている情報を付き合わせると、iPhone X の後継モデルとiPhone X plusの後継モデルが同じネーミング iPhone XS で統一される模様です。

その理由や後継モデルとして発売される機種のうち、どの機種がオススメか?
まとめてみました。

Sponsored Links




アップル新型アイフォンXSの機種別ラインナップとは?

ニュースサイト「9to5Mac」の記者が独占的に入手した新型アイフォンのプレス向けの資料には5.8インチのiPhoneX後継モデルとして新発売される機種と、6.5インチのiPhoneXplusと呼ばれていた従来機種が2台とも「iPhone XS」という正式な名称に統一されるとのこと。

今回のプレス用資料に付随していた新型iPhoneの公式画像には、5.8インチと6.5インチを重ねた画像が写されていてそのカラーは、昨年のiPhoneXの発売時に用意されていたゴールドカラー。

大きい端末の上にやや小さめの端末を液晶面を上にして、それぞれの画面に金星か木星とみられる惑星の映像が映し出されている印象的なものです。色味的には金星に近いもののテクスチャー的には木星か?

昨年のiPhoneXの発売時には最終的にゴールドカラーの発売は見送りになっていましたが、9月12日の新型iPhone発売発表後には、公式画像で発表された5.8インチと6.5インチのゴールドカラーが、イメージカラーとして、予約人気ナンバーワンになりそうですね。

今回の発売でアップルがネーミングに関して、これまでとは異なる方針を打ち出したのは何故なのか?
これまでもiPad proには10.5インチと12.9インチの2サイズが存在しており、ノートパソコンのmacBook Proにも13インチと15インチの2サイズをラインナップしていますが、iPhoneに限るとサイズごとに異なるネーミングでのラインナップという展開が常態化していました。

そんな商品展開の歴史の中でネーミングに関して、新しい試みである5.8インチと6.5インチの2つの機種に「iPhone XS」という同じネーミングでそろえる意味や理由はどこにあるのか?

おそらくiPhoneのネーミングにもサイズが製品名に反映されていない「iPad pro」や「MacBook pro」と同じネーミングルールにそろえただけの理由なのかも知れません。それ以外に理由があるのかは今後のアップルからの詳細発表次第ですね。

もう一つ判明していることは、600ドル台で発売がされるだろうと予測されている、廉価版モデルの発売情報です。

こちらのモデルは600ドル台での発売という、相当な割安感を持たせた戦略的機種であるために、スペック的にはかなり機能を削ってのリリースとならざるを得ないものの、廉価版ゆえのお手頃感から販売台数の主力となることは間違いなさそうです。

ただし廉価版モデルの発売時期については、2018年末までずれ込むことも、アップルからの情報ですでに報じられていますので、廉価版モデルを狙っている方には、もう少しだけお待ちいただく必要がありそうです。

アップル新型iPhoneXSのおすすめはゴールドカラーか?

9月12日発売の新型iPhoneXSについて、どの機種がオススメなのか?
またどのカラーが人気が出そうなのか、まとめてみました。

9月発売のアイフォンは2017年11月発売のiPhoneXの基本的な部分を引き継ぎながら、内部構造を強化したモデルになっているようです。

新型iPhone発売は9月14日から予約受付をスタートさせるとの情報も飛び交い、その真偽は12日の発表会の席上で判明することに。

今回の新型iPhone発売に合わせてアップルは「スムーズな生産と強力な出荷」を謳っており、年末までに7000万台から7500万台を目標としており、iPhone6/plus以来の出荷台数では最高となる出荷台数を狙っているようですね。

iPhoneXSの発売目標を大きく掲げている背景には、アップル社のiPhone出荷台数の頭打ちも関係していますが、何より強気の目標なのは2014年以来の買い換え需要期となる「スーパーサイクル」に望みをかけており、大きな買い替え需要を喚起したい考えも大きな目標の背景にあるわけです。

今回のラインナップでいうと「5.8インチモデル」「6.1インチモデル」「6.5インチモデル」と3つの液晶サイズが準備されています。

この中でも6.1インチモデルは廉価版用として年末発売予定ですが、売り上げ高の予想比率では5割をこの廉価版モデルが占めそうですね。

5.8インチが2割、6.5インチが3割の売り上げ高比率を予想されているようですので、5.8インチ・6.5インチは競争率が高くなりそう。

人気のカラーは何色かと言う点では、新色として2017年11月のiPhoneX発売時にも見送りになっていたゴールドを推奨したいと思います。

プレス用資料の画像にもあったように、アップルもゴールドをイメージカラーとしてプレミアム感を出したいのでは、と考えます。

また年末発売予定の廉価版モデル6.1インチモデルに、ゴールドがカラーバリエーションに加わるのかは不明です。

すでにお伝えした画像では、5.8インチと6.5インチの2サイズが重ねられている画像でしたので、6.1インチのカラーにゴールドが存在するのかは、9月12日のApple発表会で明らかになるかもしれませんが、いまの時点では不明ですね。

Sponsored Links




iPhoneXS発売発表ネットの反応

iPhoneXS発売発表まとめ

アップルにとってはここ数年間のアイフォン販売台数が伸び悩み、頭打ち状態になっていた現状を今回の新型iPhone発売で打開できるのか?

ただ新型モデルを出すだけでなく、発売までの機運を盛り上げる効果的なプロモーションを打ち出すことができるのか、発売以降の機種変更の流れに勢いを付けられるのか、スティーブジョブズ亡き今、アップルの今後を占うことになるのではないでしょうか?
■関連記事

Sponsored Links




関連記事

  1. ゴロフキンVSカネロ・アルバレスのテレビ放送中継予定と視聴方法は?

  2. フランス対クロアチアの優勝予想と対戦成績まとめ!「ドラマある所に勝機あ…

  3. ヒアロディープパッチの口コミで辛口なものを分析してみた!

  4. 麻疹が沖縄で流行!いつまで続くの?注意点を調べてみた

  5. ハリー・ケインのスピードと評価まとめ!「W杯得点王か」「ベッカムが手塩…

  6. WBSSトーナメント表!井上尚弥対戦相手の戦績一覧はこちら!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP