ちょ待てよ!気になる話題

加齢臭やダイエット臭などの体臭対策に効果的な臭いを消す方法は?

加齢臭やダイエット臭といった体臭対策に悩みを持つ人にとっては、完璧で効果的な臭い消しの方法を見つける事ができたら、願っても無いことだとお察しします。

そこで加齢臭やダイエット臭などの体臭がどうやって生じるのか、体臭予防のためにも体臭の原因を突き止めることが大切なので、発生の原因と対策をまとめてみました。

Sponsored Links




加齢臭・ダイエット臭など体臭の原因は?

加齢臭にしろダイエット臭にしろ、体臭で悩んでいる人には太った人が多いようですね。

たしかに太っていると、脂肪分が多い身体になっているわけですので、脂っこいカラダのイメージを発散させるだけで無く、体臭もそれなりに臭う様な気がします。

また周囲からもそんな目で見られがちだと思いますし、そういう人に限って汗っかきな人が多く見た目だけでも余計に、脂臭い気がしてきますよね。

太っていると脂肪分過多なので、体臭がしても仕方がないと諦めてしまいがちですが、まだまだ諦めるのは早いですよ。

まずは加齢臭やダイエット臭などの体臭が、どうやって発生しているのかをきちんと理解して対策を立てれば良いわけですので、諦める必要はありません。

ダイエット臭というのは、カラダに無理な負担をかけたダイエットによっても、臭ってくるようになるのをご存知でしょうか?

この無理なダイエットで発生する臭いを「ダイエット臭」と呼ぶのはあなたもご存じだと思いますが、ダイエットでのカロリー制限を極端にしたり、炭水化物を抜いた食事だけを摂取していると、基礎代謝そのものが低下してしまい、新陳代謝によるエネルギーを変換することにも大きな影響を及ぼしてしまうのですね。

カラダでは必要とする量の糖質を作り出し、エネルギーとして活用するために脳の司令によって筋肉・皮膚などの蛋白質や脂肪を分解することで、脂肪酸からエネルギーの素となる糖質を作りだそうとするわけです。

ここの理解が重要なポイントなのですが、通常の代謝とは異なる代謝の場合、先ほどの脂肪酸からスムーズ糖質をつくり出すためのエネルギー変換が効率よくできずに、結果として臭いの元になる「ケトン体」や「乳酸」がたくさん生じてしまうことになるようですね。

通常の代謝とはちがう生活をするってことが、極端なカロリー制限や糖質制限の食生活ということになるわけですが、そんな食生活だと「ケトン体」と「乳酸」がたくさん発生してダイエット臭を引き起こすことのなるということまで解明されているのです。

要するにダイエット臭の主な原因は極端なカロリー制限や無理な糖質制限など、間違ったアプローチでダイエットに取り組んだ結果、カラダの中で飢餓状態が起こってしまうということ。

その結果、飢餓状態を解決しようとして起こる、緊急的エネルギー生産の過程で不完全燃焼状態を引き起こしたことで出来てくる副産物が臭いの元ということなのですね。

臭いの元になる「ケトン体」は飢餓臭とも呼ばれて、肝臓が生産しているわけですが血中を流れていく過程で増加していきます。

この「ケトン体」が身体の外に滲み出て、ツーンと鼻をつくような独特の臭いのダイエット臭のもととなる犯人なのですね。

いっぽうの「乳酸」は筋トレのブームでも知れ渡った感がありますが、疲労物質としてアンモニアと混ざり合って汗として出てきますが、「乳酸」が多く発生してしまうとスポーツや日常生活で汗をかいた際に、特別に強い臭いのアンモニア臭を発生させるので体臭が強くなってしまう結果を招くのです。

以上がダイエット臭の原因なのですが、ダイエット臭が生じてしまうということは取り組んでいるダイエット方法が、根本的に間違いだということなのですね。
ダイエット臭で分かることが、カラダの異常事態というわけです。

体臭対策に効果的なのは?

ダイエット臭の原因が分かったところで、体臭に効果的な対策について考えてみましょう。

カラダが正常な状態を保つための必須条件は、バランスの良い食生活で代謝機能をアップさせるということに加えて、カラダの筋肉量を減少させないことが体臭対策(ダイエット臭対策)として臭いが発生する予防となるのですね。

食生活でも摂取する食事の量や栄養素が偏らないように、バランスよく食事を取り日常的に適度な運動を心がけることで、臭いのないキレイなサラサラ汗をかきましょう。

ちなみに同じ汗を所為かいているようでも、かく汗には種類があるのを知っておきましょうね?

汗には臭いの原因となるアンモニアの混ざった、アポクリン汗腺から出てくる汗とエクリン汗腺から出る汗の2種類があるのです。

エクリン汗腺から出る汗は、乳液代わりにもなり肌の保湿にも役立つ汗で汗腺そのものがアポクリン汗腺とは異なるのですね。

臭いの原因となるアポクリン汗腺からは、ふだんはあまり多くの汗は出ておらず、もう一つのエクリン汗腺から出る汗は、臭いの無いサラサラの汗なのです。

人類が身体機能を現代のように進化(ある意味退化)させる前の原始時代の汗腺は、機能としてフェロモンを発生させて、異性を引きつける目的を兼ねていた、アポクリン汗腺のみが機能していたようです。

人類の進化過程で、このアポクリン汗腺から排出する汗だけでは、汗の役割である体温調節に長い時間を要することから、必要に迫られた追加機能として誕生したのが第二の汗腺の役割を持つ、エクリン汗腺だったわけですね。

人類が進化していく中で体内のどの部分からでも、体温調節機能として体温を下降させる機能として活用できるように、冷却材料としての水分を血液中から絞り出す機能を備えたわけです。

その際に、血液中の水分をそのまま排出してしまうと、自身の生存自体が危険にさらされてしまうのですね。

そこで人体が生み出したのが、いったん汗腺に血液成分を取り込みした後に、人体の生存に必要不可欠の血漿成分を排出してしまわないように取り出して、元の血管に戻してあげるという「汗腺の再吸収」という、人体の生存にとってとても大切な仕組みを作り上げたのです。

この大切な仕組を活かして、ほとんど水に近い水分を汗として排出している役割を、エクリン汗腺が担っているということになるわけです。

私たちの体内に存在する汗腺の総数は、約400万~500万とみられているのですが、その約半数の200万前後の汗腺は活動をしていないのが実態です。

この約半数もの汗腺が活動していないのは、これから先の人類進化の余地を考慮して、脳が活動する量が今後も増加する可能性に合わせたものともいわれています。

脳の活動が増加すると脳温の上昇が避けられませんし、その脳温上昇を抑えるための汗腺が予備軍として、待機していると考えられているのですが、現代人の日常生活が運動不足気味なために汗腺も活発に稼働していないのでは、と危惧されています。

1年中、どの季節もエアコンのお世話になりっぱなしで、快適な環境に身を置くことで発汗によって活発に体温調節をする人体機能のチャンスを奪ってしまい、新陳代謝の抑制や低下招いているのが、紛れもない事実のようですね。

汗腺の活動もそうですが、代謝が悪くなると脂肪の中にたまってしまった有害金属などの体外毒素も排出することができないのですね。

特に有害金属は脂肪分と親和性が高いので、この有害金属と脂肪が結びついて燃えない脂肪に変身することから、体外への排出も難しくなってくるわけです。

おまけに有害金属の存在は脂肪を分解してくれる酵素の働きを阻み、脂肪の分解をさせなくして邪魔をするのです。

このままでは、いくら代謝を高めようとしても、運動によるエネルギー消費を目指しても、なかなか脂肪分解や脂肪燃焼ができないことになるので、メタボ解消やダイエットの取組みは成功しないのですよね。

ホントに困った存在が有害金属(体外毒素)なわけですね。

このやっかいな燃えない脂肪、分解できない脂肪を燃焼させて分解してしまうには、体外毒素である有害金属を脂肪から分離して、強制的に排出するしか方法はないのです。

要するに「デトックス(毒素排出)」を行うということ。

アンチエイジングでも話題に上るのが、「若返り」「老化防止」にとって重要な「グレリン」という「ペプチドホルモン」の役割です。

ペプチドホルモンは空腹時に胃から産出されるホルモンなのですが、このホルモンが「若返り」や「老化防止」に重要な役割を果たしています。

アンチエイジングにしろ、デトックスには「岩盤浴」がとても有効だといわれていますね。

岩盤浴がデトックスに良いといっても、わざわざ岩盤浴施設に行かずに自宅で変わりになる運動を工夫するだけでも、デトックスに良い汗をかけますし半身浴などで発汗量を増やして皮脂腺を動員させることで、体外に有害物質を排出することが可能なのですね。

皮脂腺から皮脂だけで無く汗も一緒に、分泌させるとデトックスだけでなくダイエットにも有効だといわれています。

また肩甲骨周りにある凝り固まったインナーマッスル(深層筋)を活性化し、使われていなかった筋肉が動くようになるだけで、血流も良くなり体調の改善にも大きな効果が期待できるのです。

これまで使われていなかった筋肉が動き出すと、代謝もアップしますので運動効果も高まると思います。

体臭予防だけで無く健康のためにも運動を日常習慣にしましょうね。

Sponsored Links




ネットの反応

出典:Twitter

まとめ

サラサラの汗をかくように日常生活で心がけましょう。
それがデトックスにも良いし、体臭予防にも効果が期待できるようですね。

近所に岩盤浴施設があれば、通うのも良し。
無ければ自宅のお風呂で半身浴三昧もまた愉し。

エクリン汗腺から汗が出るように汗腺を活発に活動させることで、体臭予防になり健康にも良いので、運動を日常習慣にしてみましょう。

加齢臭の悩みには、空腹を心がけてグレリンを分泌させ「若返り」と「老化防止」「加齢臭対策」を実現するということでしょうか?

■関連記事

Sponsored Links




関連記事

  1. ソフトバンク甲斐キャノンが育成初MVP獲得!あの儀式をするわけは?

  2. ブラッドムーンとは?不吉で怖いイメージだけど言い伝えについて調べてみた…

  3. ゴディバがローソンとコラボ新作!購入方法など調べてみた

  4. アルガンオイルとは?欠点は何?無印の純度も調べてみた

  5. 御座候の意味とは?大きさと賞味期限について調べたよ!

  6. ワールドカップ優勝国の賞金がヤバイ…日本はいくらもらった?…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP