ボクシング・格闘技

ロマチェンコ選手vsリナレス選手の予想!海外の反応まとめ!

帝拳ジムに所属するWBA世界ライト級王者ホルヘ・リナレス選手が、5月にWBO世界スーパーフェザー級王者ワシル・ロマチェンコ選手の挑戦を受けます。

ロマチェンコ選手が勝つと、プロ12戦目での3階級制覇という世界最速記録の偉業となります。
注目のビッグマッチですが予想ではどちらが有利なのでしょう。
海外の反応もまとめました。

どちらもかっこイイよね
Sponsored Links




ロマチェンコvsリナレスが決定!予想は?

報道によると試合は5月12日、ニューヨークのマディソンスクエアガーデンで開催予定です。日本時間では13日午前9時からとなります。

ファンの予想ではどちらが優勢なのでしょうか。
結論から言うと「ロマチェンコ勝利」の予想が、国内でも海外の反応でも大多数のようです。
ロマチェンコ選手は圧倒的な技術やフットワークのうまさに定評があります。
相手を疲弊させ棄権に追い込む試合もしばしばあり「リナレスも術中にはまるだろう」との見方が根強いようです。
リナレス選手もスピードなどは凄いのですが、過去に負けた3戦がいずれもKO負けで「打たれ弱い」との指摘も。
全階級での仮想ランキング「パウンドフォーパウンド」で、ロマチェンコ選手が3位なのを理由にする声もあります。

数少ない「リナレス有利」の予想では「階級を1つ上げるロマチェンコにはタフな戦い」「リナレスの方がリーチが長くハンドスピードも速い」といった見方が。
予想をまとめると、実力通りならロマチェンコ選手優勢なものの、リナレス選手がロープに詰まらず、意表を突くカウンターなどを当てられれば勝機あり、ということのようです。

ロマチェンコ選手とは?

ロマチェンコ選手はウクライナ出身の30歳。
多彩なテクニックを持つサウスポーで、アマ時代は五輪で2度の金メダルを獲得しました。
プロへ転向後わずか3戦目でWBO世界フェザー級王座を奪取。
2016年にはWBC世界スーパーフェザー級王者を破り、世界最速となる7戦目で2階級制覇を果たしました。戦績は10勝8KO1敗です。

リナレス選手とは?

リナレス選手はベネズエラ出身の32歳。ボクシングスタイルは右のボクサーファイターです。
17歳で来日し帝拳ジムに入門。日本語が話せて日本食が好きという「日本通」。
2016年9月にWBAライト級王者クローラ選手を倒し王座に就きました。プロ戦績は44勝27KO3敗。
スピードと巧みなコンビネーション、端正なルックスでファンの人気が高い選手です。

海外の反応

どっちかには賭けられない。どちらも独特なスタイルだけに厳しい戦いになるだろう。ややロマ推しではあるが…リナレスにも熱狂しそうだし
この試合楽しみ。ロマは、私が今まで見たどんな選手よりも優れたボクシングスキルを持ってはいるが、体が小さいしパンチに力があるようには見えない
リナレスは相当ロマに圧力をかけパンチを出し続けないとね。チャンスをつかむには体を大きく見せる必要もある
これは本当に良い試合。リナレスも簡単には負けないだろうが、ロマチェンコが勝つと期待している
リナレスはとても良いファイターだしチャンスはあるかもしれないが、かなり僅かだと思う
リナレスは一流のファイター。この戦いはこの男がどれだけ凄いかを世界に示すだろう
この凄すぎるファンタジーを、みんなぜひ見てくれ!
これはリナレスにとっては最大の挑戦だが…失敗するんじゃないか
さすがのロマチェンコでもリナレスを簡単には倒せまい。接戦になるだろう
2人の高度に熟練した優雅なチャンピオンの間の素晴らしいマッチアップ。とても楽しみ

出典:http://www.boxingnews24.com/2018/03/jorge-linares-vs-vasyl-lomachenko-a-done-deal-for-may-12/

まとめ

過去の試合の動画を見ても両選手ともものすごいスピードとパワーで、素人目にはまるで予想すらできません。

日本でも当日はぜひ生中継が見られるとよいと思います。

これぞ世紀の対戦!見たい!

■関連記事

Sponsored Links




関連記事

  1. クリストファー・ロサレス選手の戦績と比嘉大吾選手との予想をまとめてみた…

  2. ヘッキーブドラーの戦績・強さと田口戦予想まとめ!「6回KO」「判定だと…

  3. ガニガンロペスの戦績と強さ!拳四朗前回の戦いから勝敗予想

  4. WBSSボクシングの結果は前回どうだったの?井上尚弥選手がドリームマッ…

  5. 那須川天心vsロッタンの疑惑の判定に賛否!「再戦しかないやろ!」「打た…

  6. 井上尚弥vsマクドネルのテレビ放送時間と視聴方法!海外の反応最新もまと…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP