ボクシング

ゴロフキン選手の相手マーティロスヤン選手の戦績と強さは?「消化試合?」「いやいや実力者!」

ボクシング・ミドル級世界主要3団体王者ゲンナジー・ゴロフキン選手の5月5日(日本時間5月6日)の試合相手が、米国のバネス・マーティロスヤン選手に決まりました。
気になるマーティロスヤン選手の戦績は?強さはどのくらいなのでしょうか。

見た目超ワイルドなマーティロスヤン
Sponsored Links




ゴロフキン選手の相手がマーティロスヤン選手に決定!

現在ボクシング界で「最強」ともいわれるゴロフキン選手。防衛戦の毎試合が世界で注視されています。
当初、5月5日は、前回対戦で引き分けた因縁の相手、「カネロ」アルバレス選手と再戦する予定でした。
ところがカネロ選手のドーピング違反が発覚し急きょ中止に。
カネロ選手は6カ月の資格停止処分となり、代替の対戦相手が注目されていました。

団体推薦されながら辞退する選手などもいて相手選びは難航。「中止になるのでは?」との見方も出ていましたが、最終的にマーティロスヤン選手に白羽の矢が立ったようです。
ゴロフキン選手もここ2試合KO勝ちできず、衰えを指摘する声も
先日WBA王座を防衛した村田諒太選手が年内に挑戦する可能性もあり、ゴロフキン選手の真の調子が試される一戦となりそうです。
では相手のマーティロスヤン選手の戦績や強さはどうなのでしょうか

マーティロスヤン選手の戦績と強さとは?

マーティロスヤン選手はアルメニア生まれですが、幼いときに家族で米国に移住。現在31歳です。
アマ時代はアテネ五輪にも出場しました。
ボクシングはオーソドックススタイル。2005年プロデビューし、戦績は40戦36勝(21KO)3敗1分です。

獲得タイトルはWBC世界スーパーウェルター級シルバー王座、WBOインターコンチネンタルスーパーウェルター級王座など。
世界タイトル戦では、2013年にWBOスーパーウエルター級王者のアンドラーデ選手に挑戦しましたが、プロ初黒星となる判定負けを喫しています。
ただ、2015年には元IBF世界スーパーウェルター級王者のスミス選手からダウンを奪い判定勝ちするなど、戦績を見ると世界王座を争う強さは十分あるようです。KO負けの経験もありません。
しかしすでに2年間試合から遠ざかっているうえ、ミドル級は一階級上。「準備が間に合うのか」との懸念の声も聞かれます。

Sponsored Links




マーティロスヤン選手のネットの評価

カネロが薬物検査で失格して出場停止になった結果、一番キャリアを邪魔されたのが本人ではなくゴロフキンで、一番得をしたのがマーティロスヤンとは…
マーティロスヤンが「これから世界を震撼させてやるぞ!」ってツイートしてるのにイマイチ反応が薄いのがちょっと悲しい。 盛り上げてあげなよ
GGG対マーティロスヤン…消化試合正式決定
マーティロスヤン、1階級下で前戦負けてしょっぱい感じだけど、調べてみたら過去KO負けなし、負けた相手は全部チャンピオンレベル。かなり侮れない
マーティロスヤン、無謀と思われるのは間違いないし、約2年間試合してないのも気になるが、Sウェルターでは実力者の部類だった
ミドル級に上げたマーティロスヤンがやたらごつくなっててゴロフキンの圧力に対抗できちゃってたらビックリだ
マーティロスヤンか。まあ仕方ないな。強い相手とやるには期間が短すぎる。悪いのは全部カネロ
カネロの代役のマーティロスヤンに否定的な人多いけど、この選手を否定するなら村田がゴロフキンと試合なんて出来ないよ
村田がマーティロスヤンに勝てるか?と言ったらそうじゃないだろ 仮にもララと互角に戦った選手だぞ
マーティロスヤンのコンディションが良ければ結構楽しみなカードです

出典:twitter

まとめ

ゴロフキン戦が決定した後、早速「ボクシングで俺の時代が来た!」とツイートし自信を見せたマーティロスヤン選手。
ある意味「棚ぼた」なビッグマッチを勝ち取った喜びが見えるようです。
一方で「全盛期は過ぎた」とも揶揄されるゴロフキン選手ですが、真実は果たしてどうなのか。
「村田ファン」はもちろん、世界が見逃せない戦いとなりそうです。

5月もボクシング熱いな!

■関連記事

Sponsored Links




関連記事

  1. パヤノ(ボクシング)の強さと戦績まとめ!「ヨダレものの強者揃い」「WB…

  2. 井上尚弥の身長はマクドネルと10㎝差!体重超過の懸念「マクドネリになり…

  3. 井上尚弥バンタム級王者を瞬殺!海外のリアル反応「​Big knockd…

  4. 井上尚弥vsマクドネルのテレビ放送時間と視聴方法!海外の反応最新もまと…

  5. ガニガンロペスの戦績と強さ!拳四朗前回の戦いから勝敗予想

  6. ヘッキーブドラーの戦績・強さと田口戦予想まとめ!「6回KO」「判定だと…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP