ベースボール

上原浩治投手の炎上が続く原因は?甘い制球・早くも疲れが!?

かつて巨人のエースとして大活躍し、メジャーでも華々しい実績を挙げた上原浩治投手
巨人に復帰して「鉄壁の救援陣」と期待されましたが、ここまで炎上が相次ぎ、苦境に立たされています
原因はどこにあるのでしょうか?

巨人、オープン戦と成績真逆…
Sponsored Links




上原浩治投手の炎上が続いている!?

上原浩治投手は大阪府出身で1999年にドラフト1位で巨人入り。
1年目から20勝を挙げるなどエースとして活躍、巨人では112勝を挙げ、多くのタイトルを総なめにしました。
09年メジャーリーグに移籍し主に救援投手として躍動。
レッドソックス時代にはア・リーグ優勝決定シリーズでMVPに輝き、ワールドシリーズ制覇にも貢献。
メジャーでは22勝、95セーブ、防御率2.66と素晴らしい実績を残しました。

昨オフはメジャー契約に至らず、巨人からの三顧の礼で10年ぶりに日本球界に電撃復帰しました。
上原浩治投手は今季、巨人の勝ちパターン救援陣の一角と期待され、これまで6試合5イニングに登板しました。
しかし成績は自責点6、防御率10.8と炎上状態。
直近では10日の横浜戦、15日の広島戦と2登板続けてリードや同点を守れず、いずれも敗戦投手になっています。

原因は何でしょうか。

上原浩治投手、失点続く原因・理由は何?

ここ2試合とも、上原浩治投手が炎上した球は甘く浮いています。
15日に広島の菊池選手から打たれた本塁打は、遅くて落ちないフォーク。
松山、エルドレッド両選手にも甘い直球をとらえられて連続適時二塁打。10日の横浜戦でもやはり落ちないフォークを狙い打ちされていました。

全盛期のように、上原投手の強みはフォークの軌道が直球と全く同じで見分けがつかず、落ち方が鋭いこと。そして遅い球でも制球がよく、回転数も多くてキレがあり、容易にヒットできないことでした。
ところが今は、中継映像を見るといずれの良さも消えています。
本人も「フォークを狙われているので、しっかり直球を入れたが投げきれなかった自分のミス」と原因を分析しています。

ただ上原浩治投手ももう43歳。日本復帰後わずか1か月ほどで急ピッチに体を仕上げたこともあり、疲労が蓄積しているのは確実。「今の疲れをどう取るか。状態を良くしたい」と体調への不安は否めない様子です。
巨人はリーグ最速の10敗と負けが先行しており、これ以上の炎上は許されません。上原投手も今後は勝ちパターンの継投から外れる可能性があります。

Sponsored Links




上原浩治投手に対するネットの反応

上原、巨人に出戻ったのは良いけど通用するレベルじゃないなもう…
上原は二軍で調整した方が、いいんじゃないでしょうか
巨人上原、勝利の方程式外れを示唆 復調優先
シーズンは長いわけだから配置転換したとしてもまた勝ちパターンになる可能性もあるしね
昨日のニュースで言ってた「東京ドームの空気を変える男 上原」 確かに変えたなぁ やっぱり、いろんな調整が間に合ってないのかな
最近の由伸巨人の采配疑問点 なぜ打たれ出した上原を引っ張った?
巨人ファンは優しいので「打たれてもいいから上原が見たい」 相手チームファンは「上原が投げるのなら余裕で打てる」 どちらにもいい結果をもたらす模様
球威がないだけに制球が甘くなるとかなり厳しい…これがメジャが手放した理由か
いろいろな意見があると思うけれど、私は上原が巨人に戻って来てくれたことが嬉しいし、有難い
でも初めて上原投手見た!かっこよかった! いつもTVでしか見たことなかったから。興奮した!

出典:twitter

まとめ

メジャーの球場は、ほとんどが柔らかい自然芝と固いマウンド。逆にほぼすべてが固い人工芝と柔らかいマウンドの日本では、メジャー帰りの選手は、ベテランほど適応に苦労し、足腰の疲労も蓄積するといいます。
ソフトバンクに復帰した川崎宗則選手も、不振に陥ったのは同じ理由でした。
上原投手も年齢に加えそうした事情があるのかもしれません。
ただプロ野球もまだ開幕したばかり。上原投手にはなんとか起死回生を図ってほしいものです。

セ・リーグは混戦だしね
Sponsored Links




関連記事

  1. 清宮幸太郎一軍デビュー!初日の評価は?まさかの「大谷とほぼ同じ」!!n…

  2. 菊池雄星・西武今オフのメジャー移籍は無理?評価とまとめ

  3. ホークス開幕投手の千賀滉大選手は育成出身初!その意味とは?

  4. 清宮幸太郎選手のオープン戦の成績がイマイチも清原元選手もそうだった!

  5. オールスターホームランダービーのテレビ放送とネット中継を生も見逃しも見…

  6. 日本ハムの新球場はなぜ北広島に?その裏事情と札幌ドームの今後は?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP