サッカー

ハリルホジッチの記者会見は生中継何時にされる?視聴方法は?n

サッカー日本代表監督を解任されたハリルホジッチ氏が21日、再来日しました。
27日に都内で記者会見を開き、ワールドカップ(W杯)2カ月前の突如の解任について自身の考えを語ります。
発言にはファンの注目が集まるとみられますが、ハリルホジッチ氏の記者会見はどこで、何時に行われるのでしょうか。テレビ生中継や視聴方法はあるのでしょうか。

敗軍の将、何を語る…
Sponsored Links




ハリルホジッチの記者会見は生中継何時にされる?

ハリルホジッチ氏は2015年にサッカー日本男子代表の監督に就任し、6大会連続でのW杯出場を決めました。しかし故障者続出などでチームづくりが進まず求心力が低下。3月のベルギー遠征ではW杯に出場しない国に苦戦し、戦術などに選手の不信感も募っていました。
そして今月7日、日本サッカー協会は選手との信頼関係欠如や成績不振を理由にハリルホジッチ氏に契約解除を通告。技術委員長だった西野朗氏が後任監督となりました。

代表監督の記者会見はこれまで日本協会が主催していましたが、解任されたため今後は個人の立場での会見となります。
27日の記者会見は、国内メディア各社が加盟する日本記者クラブが主催します。開始は何時でしょうか。生中継など一般ファンのリアルタイムの視聴方法はあるのでしょうか。

視聴方法は?何がいったい語られるのか?

日本記者クラブの公式サイトによると、ハリルホジッチ氏の記者会見は27日(金)16:00から、東京・内幸町の日本プレスセンターで行われます。
一般のファンが生で見る視聴方法はあるのでしょうか。

記者会見の開始は、テレビではちょうど平日夕方のニュース番組の時間帯ですので、NHK、民放各社が番組内で一部を生中継する可能性が高いと思われます。
記者会見には、国内のほぼ全メディアやジャーナリストが広く参加できますので、「ニコニコ生放送」などのネット中継もあるかもしれません。

来日した空港で、ハリルホジッチ氏は涙を浮かべて「私を追いやって、ごみ箱に捨てたようなものだ」と日本サッカー協会に対する怒りを吐露。「誇りを傷つけるようなこととは闘わないといけない。私はまだ終わってはいない」とも話し、記者会見では処分の不当さなどを訴えるとみられます。

Sponsored Links




ハリル記者会見に対するネットの反応

ハリルさん大丈夫かな?お互いしっかり話し合って和解して欲しいですね。
ハリルのままでも良かったけど、 変えといた方が無難だわ
あまり汚い言葉は使えないということで翻訳を微調整したのかもしれないけれど、ハリルは実際には「糞のように扱われ、ゴミ箱に捨てられた」と話しています
日本サッカー協会はズルイ! 負けたらハリルに責任転嫁。勝てば自分の手腕。見ているこちらが恥ずかしい
これでは日本サッカーに対する国内外からの不信感もたまる一方でしょう。なぜハリルが怒り、なぜ協会の誠意が伝わらないのか。筋を通し公益法人の責務を全うしてほしい
私は半分解任賛成です。なぜなら、日本人はどこか外国人監督万歳の風潮があり、その監督に対して正当な評価できていないと感じるから
この3年でわかったことはサッカー協会の内部がヤバいってことと、ハリルはほんまに無能ってことやな
ハリル解任でわかった事。 ・日本サッカーは弱くなる。 ・世界を見えている在野の人が沢山いる
ハリル解任まじで理解できんな 本田 岡崎 香川が干されてるからってわがままで監督代わるとかありえん そんなチーム応援できんわ
阪神のフロント見てるからか、確かにサッカーに興味ない阪神ファンの友人も今回の件に対して懐疑的だった

出典:twitter

まとめ

3年間準備してきて、本番直前に解任。ハリル氏の怒りも理解できなくはありませんが、サッカーはじめプロスポーツの世界では結果が悪ければ当然のことでもあります。
不思議に思ったのは、来日から会見までなぜか6日もあること。その間に、ハリル氏は協会側と巨額の慰謝料請求の交渉をするという報道もあります。
ドライなプロ世界の現実を垣間見た気もします。

世間、そんなに関心あるかなぁ?

■関連記事

Sponsored Links




関連記事

  1. ロナウドのアゴなでの理由に様々な憶測!

  2. 川島永嗣スーパーセーブに海外の反応は?「彼は日本の英雄」「世界クラス」…

  3. フェルナンドトーレス現在の実力は最盛期と比べてどうなの?

  4. 天皇杯サッカーPK戦やり直しの理由詳細はコレか!?ネットが炎上気味なの…

  5. クリンスマン監督とは?経歴と戦術を調べてみた!「戦術家でなくモチベータ…

  6. コロンビア戦の予想と放送時間まとめ「W杯は何があるか分からん!」「夢見…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP