サッカー

FIFAワールドカップ2018のNHK放送テーマソングを歌うSuchmosについて調べてみた

いよいよ始まるサッカーのFIFAワールドカップ2018
ワールドカップといえば必ず耳にする、NHK放送テーマソングがこのほど決まりました。
歌うのはロックバンド「Suchmos」です。
どんなグループなのでしょうか。

渋くていい曲だよね!
Sponsored Links




FIFAワールドカップ2018のNHK放送テーマソングはこれ!

FIFAワールドカップ2018のNHK放送テーマソングは、Suchmosの「VOLT-AGE(ボルテージ)」です。
NHKは、Suchmosが世代や性別を超えて幅広く支持されるアーティストで、サッカーの魅力や感動を表現できることを選んだ理由に挙げています。
VOLT-AGEは、大舞台のピッチに立つ日本代表やそれを後押しする日本中のサポーターの鼓動を表現した曲。
Suchmosは選ばれたことについて「とても光栄。この曲とともに数多くの感動的なシーンが生まれることが楽しみです」とコメントを寄せています。

五輪やW杯中継といえば、放送時間が圧倒的なNHKが「定番」ですが、テーマソングを聞くと何となくその時の名シーンなどが浮かんでくるので不思議です。
過去の主なFIFAワールドカップのNHK放送テーマソングを挙げると、2002年の日韓W杯はポルノグラフィティの「Mugen」。
2006年のドイツW杯は、ORANGE RANGEの「チャンピオーネ」。
前回2014年のブラジルW杯は椎名林檎の「NIPPON」でした。懐かしいですね。

Suchmosとはどんなバンドなのか?

FIFAワールドカップ2018のNHK放送テーマソングを歌うSuchmos(サチモス)は、2013年に神奈川県で結成された男性6人組ロックバンドです。
R&B、ソウル、ジャズ、ヒップホップなどから影響を受けた独特の音楽性が幅広く支持されています。
バンド名は、大学時代にジャズを学んでいたベーシストのHSUさんが、ジャズの巨匠ルイ・アームストロングの愛称「サッチモ」のことをメンバーに紹介したのがきっかけ。その響きが気に入り、バンド名に採用したそうです。

2016年にEPの代表曲「STAY TUNE」が大ヒット。CMソングにも採用されるなど反響を呼びました。
セカンドアルバム「THE KIDS」は2017年の日本レコード大賞最優秀アルバム賞を受賞しています。

Sponsored Links




Suchmosのテーマソングに対するネットの反応

サチモスのNHKのサッカー新テーマ曲、すげーかっこいいんだけどどことなく不穏な空気が出てるのがたまんない
ピッチに立つのは代表選手=suchmos自身?
なぜNHKはSuchmosをテーマソングにして,宣伝を乃木坂にしてるの?女受けしたいのか男受けしたいのかわからん
なるほど〜 チャレンジングな曲ですね
サチモスの曲は国内の試合のBGMより海外の試合のBGMに合う気がする
サチモスってすごい評価高いからNHKのサッカーのテーマソング期待してたのに何か微妙
NHK、W杯のテーマソングは毎回タマシイレボリューションがいい。 Suchmos好きだけど、Superflyがハマりすぎてるのよ。
まぁ、サチモス節だね これはこれで良いかも 個人的にはやっぱり椎名林檎NIPPON最高
NHKの今年のサッカーテーマ。重くブルージーですね
ワールドカップ+NHKという超メジャーシーンにあえてのリズム難解曲 (笑) 大衆受けしない曲をもってくるのがsuchmos流ロックなのかな。俺は好きだが

出典:twitter

まとめ

五輪やワールドカップなどのスポーツのビッグイベントでは、選手たちの高揚感もあって、必ず名場面や感動のシーンが生まれます。
テレビのテーマソングもそれに花を添えてくれる存在です。
さて今回は、どんな素晴らしいシーンが待っているのでしょうか。

頑張れニッポン!

■関連記事

Sponsored Links




関連記事

  1. イングランド対クロアチアの予想と対戦成績まとめ!「クロアチアは満身創痍…

  2. ポーランドvs日本戦の海外の反応「ブーイングだな」「青侍?笑わせるぜ」…

  3. Jリーグ開幕戦ヴィッセル神戸VSセレッソ大阪の阪神ダービー勝敗は?

  4. モドリッチの凄さと経歴は?「W杯MVPなるか」「内戦乗り越え国の英雄へ…

  5. ベルギーvsフランスの予想と対戦成績は?「実質決勝戦」「オッズは仏」

  6. FIFAワールドカップ2018ロシア大会のテレビ放送時間一覧表!予想の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP