ちょ待てよ!気になる話題

公立や私立小学校の入学準備にかかる費用はどのくらいあれば足りるの?

小学校の入学が近づくと、何かと物入りで出費も大きくかさんでしまいます。
そこで、私立小学校や公立小学校の入学準備をするのに、いったいいくらあれば足りるのか、調べてみました。

実際にかかった費用は、私立と公立では大きく差があるし、住んでいる地域によってもかかる費用には開きががありますが、大まかな費用をざっくりと言えば10万円はかかると覚悟した方が良いようですね?

そこで具体的に費用がかかるものは何なのか、小学校では入学準備にどのくらい費用がかかるのか、節約する方法はあるのか、まとめました。

Sponsored Links




公立や私立小学校の入学準備費用は何がかかるの?

小学校の入学準備で、実際にかかる費用をまとめてみました。
住んでいる自治体の補助金制度などを受けられるかどうかも、ポイントですが平均的な入学準備にかかる補用を紹介したいと思います。

まず、かかる費用の代表は、ランドセル代ですね。
お祖父ちゃんやお祖母ちゃんがプレゼントしてくれるなら、浮いてしまう費用ですが平均的なランドセルは40,000円~55,000円くらいと、自覚悟しておいた方がいいでしょうね?

安いランドセルを探せば、もっと安いものもありますが、子供に惨めな思いをさせたくないと思ったら、45,000円くらいのものは買ってあげたいものですね?

ランドセル以外は、単品で大きな金額のものはあまりないのですが、体操服の上下にジャージや上履きや帽子といった服装関係に、それを入れる専用の袋類も必要です。

もちろん筆箱や鉛筆・消しゴムに定規、ノート類などの文房具一式に、傘や靴に歯磨きセットや防災頭巾に頭巾カバーと、こまごましたものが沢山あるのですよね?

あと音楽教材のピアニカや粘土に、親用のスリッパも必要になるケースが多いようですね。

子どもにかかる費用だけでなく、入学式用のフォーマルウエアが、どんなに安くても1万円くらいしそうですよね?

まぁフォーマルウエアは、度々着用するものでもないので、着回しを工夫したりいざとなれば、リサイクルショップで早めに手に入れれば、4~5千円程度で手に入れられるかもしれません。

ザっとこれだけでも10万円近くしてしまいます。
保育園のものを、そのまま使えるものは使うとしても、やはり子供には惨めな思いをさせたくないのが親心、ですよね?

だから、どうしても奮発してしまいがちなのは、しょうがないことであとは、どう節約してお金をやりくりするか、ということになってしまいます。

小学校の入学準備費用を節約するには?

小学校の入学準備費用を節約するのに、気を付けなければいけないこと。
それはお金をかけざるを得ないもの、かけてもいいものと、こだわってかける必要があまりないもの、を理解して節約にはしることですね。

保育園からのものでも、まだ使えるものがたくさんあると思います。
たとえば、袋物やハサミやクレヨン、水筒なども、傷んでなければそのまま使えると思いますし、少々の痛みの部分はシールを貼って可愛く隠すとかやりようで、いくらでも工夫が効くと思います。

また、おさがりで貰えそうなものは、遠慮なくいただきましょう。
どうせ、身体の成長に合わせて着れなくなるものですから、状態が良ければどんどん貰いましょう。

あと、こまごましたものは学校の指定がなければ、100均でそろうものは驚くほど多いものです。
説明会で指定のものを確認したら、指定以外の小物は100均にはしりましょう。

節約というより、いただけるものを有効に活用するのが、自治体の支援金や補助金といった支援制度の活用です。

各自治体が持っている制度の中に、就学援助制度がありますが、これは学校に通うのに必要な学用品や給食費の一部や、自治体によっては全部を自治体が補助してくれる制度ですので、該当しそうなら絶対に申請しましょうね。

また資格要件や補助金額、受けられる補助の内容などを研究する価値がありますので、ご自分の住んでいる自治体(市区町村)の教育課なり、分からなければ市民課の窓口ででも、お尋ねになることをおすすめします。

何らかの事情で住まいの引っ越しを検討される場合は、地方都市の場合に特に顕著ですが、若い世代を受け入れたいがために、就学支援の制度や子育て支援の制度を充実させている自治体が最近増えています。

お住いの拠点から引っ越す予定の、周辺自治体の支援制度をじゅうぶん調べてから、いちばん支援制度の充実した自治体への転入を、きめられるのも節約術の一つですね。

ネットの反応

出典:twitter

まとめ

入学費用って、バカにならないほどかかるものですね?
少子高齢化で、子どもは国の宝、次世代を担うタカラとばかりに国を始めとして、各地方自治体が子供育て支援や教育の助成金制度を拡充させています。

流れとしてはありがたいことですが、まだまだじゅうぶんに子育てを安心してできる環境とは言えませんよね?

特に、シングルマザーやシングルファザーをはじめ、経済的な理由で愛する子どもたちに、じゅうぶんな環境を整えてやれないことに、歯がゆく思いながらも耐え忍んで頑張っておられる人たちが大勢おられます。
早く何とかしたいですよね、こんな世の中を。

■関連記事

Sponsored Links




関連記事

  1. 白井健三が強い!「身長も伸びた?」「次世代王者!」

  2. シンデレラ体重計算してモデルの体重と比べてみた!危険で今さら炎上!

  3. ハリー・ケインのスピードと評価まとめ!「W杯得点王か」「ベッカムが手塩…

  4. 東京ディズニーランドは2歳児でもアトラクションは楽しめる?実際行ってみ…

  5. ひょっこりはん今後どうなる?著作権問題の対応次第か「ブルゾンやにゃんこ…

  6. 森本裕介さんの筋肉がすごい!どんなトレーニングしてる?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP