ちょ待てよ!気になる話題

O脚がふくらはぎの太い細いの違いに関係している理由と治し方は?

O脚やふくらはぎが太いことに悩んでいる女性は多いと思いますが、シシャモのような足になって、どうにかしたいと悩んでいませんか?

実はO脚とふくらはぎが太いことには、切り離せない関係があるようなのですね?

ふくらはぎの太さを気にしていない女性はとても少ないと思いますが、悩んでばかりいても仕方がないO脚とふくらはぎの関係や、O脚になる原因とふくらはぎが太くなってしまう理由や、治し方などについて調べてみましたのでシェアしたいと思います。

Sponsored Links




O脚がふくらはぎの太さに関係している理由は?

ふくらはぎの太い女性にO脚が多いのか、O脚だからふくらはぎが太くなるのか?
その関係を調べてみると、O脚の人はふくらはぎだけでなく、下半身が太いという悩みを抱えていることもわかってきました。

結論的なことを先にお伝えすると、O脚もふくらはぎの太いのも姿勢の歪みが原因になっていることが多いようですね。

股関節が内側にねじれて骨格に歪みが生じていると、ひざ下の骨の向きが内側向きになってしまって姿勢のバランスを保つために、どうしてもふくらはぎの外側の筋肉を使って、姿勢を保つようになってしまうのですね?

そうすると体重がふくらはぎの外側部分にかかるために、ふくらはぎの外側がたくましく太くなってしまうのです。

その結果、ますますO脚に拍車がかかってしまうという悪循環に陥ってしまうわけですね。

姿勢のゆがみのもとである股関節のねじれで、身体の外側を支えるふくらはぎの筋肉が勝手に鍛えられてしまい、ふくらはぎが太くなることと合わせて、ふくらはぎの筋肉が外側に張り出すために、より太く見えてしまうということなのですね?

ふくらはぎの外側に筋肉がついて、その筋肉に頼った姿勢で歩いたり走ったりしているとどんどん歪みがひどくなって、O脚とふくらはぎが悲惨な結果になってしまうのですね?

すると靴の底も外側がすり減ってしまうので、ただ立っているだけでも外側に重心がずれるような立ち方、言ってみればO脚をますます悪化させて、ふくらはぎをどんどん太くする立ち方になってしまうのです。

あなたの靴底はダイジョウブですか?
外側の靴底だけがすり減っていませんか?

もし外側だけがすり減っていたり、片足だけがすり減っているなどの異常があれば姿勢のゆがみイコール、骨格のゆがみが姿勢に影響しているという結論になるんですね?

またムクミの原因も姿勢のゆがみからくることが多いようです。

じゃぁ、どうすればいいの?

そのことをこれからお伝えしたいと思います。

O脚とふくらはぎの太さの治し方は?

O脚とふくらはぎの太さに関係があることが分かったところで、その治し方をどうすればいいのか、調べてみました。

ふくらはぎの外側だけの筋肉が発達することでO脚が悪化してしまうのは、骨格のゆがみが原因と考えられています。

色々調べると、内転筋(太ももの内側の筋肉)を鍛えるとO脚は治ると書いてある記事や書籍に出会うことがありますが、内転筋を鍛えれば良いというものではありませんでした。

内転筋が弱いから骨格のゆがみを招くわけでもなく、ふくらはぎが太くなるわけでもなかったのですね?

内転筋というのは確かに大切な働きをしている筋肉ですので、内転筋がしっかりと働くことが望ましいのは正解だと言えます。

いま、O脚やふくらはぎの太さで悩んでいる人の多くは、内転筋が弱いというより内転筋そのものを働かせるような体の使い方をしていない、ということがO脚やふくらはぎの太さの原因としてあげられるようですね。

内転筋は誰にでも存在している筋肉ですし、O脚やふくらはぎの太い女性だけでなく、スッキリとした細いふくらはぎの女性や、O脚でもない美脚のひとにも同じように身についている筋肉が内転筋ですので、個人差による筋肉の強さや弱さではなく、単に使えているか、使えていないかの差だと言えるようですね?

なので、あわてて内転筋を鍛える必要もありませんので安心してください。
要するに外側重心になってしまう姿勢と骨格のゆがみを正すことで、O脚もふくらはぎの太さも解消できるということなのです。

言われてみれば簡単なことのようですが、実は日ごろから合理的な姿勢をとることを考えて立ったり、座ったり歩いたりしなければなりません。

立つときも背筋を伸ばすとか、お腹を引き締めるとか、よく言われていること以外に足の裏の、特に指先のチカラを入れて立つことが重要なポイントになってくるようです。

足指が浮いてしまう「浮指」が姿勢のバランスを崩し、外側重心に偏ってしまう原因になり、ふくらはぎの外側を鍛えてしまい、結果としてO脚も招いてしまうということですね?

原因が分かりさえすれば、治し方にはさほど苦労はしないと思います。

O脚を治すというよりも股関節を正しい位置に戻す、ということがO脚はふくらはぎの太さを治す根本的な方法です。

どうしてもふくらはぎの太さや、O脚になっている足に目が行ってしまいがちですが股関節を整えると、自然にO脚もふくらはぎの太さも解消できることになるわけですね?

股関節を正しい位置に戻す運動やストレッチは、たくさん紹介されています。
ただムリは禁物ですので、身体に負担をかけないように少しずつ、様子を見ながら調整してみてくださいね?

Sponsored Links




ネットの反応

出典:twitter

まとめ

O脚もふくらはぎの太さも、股関節を正しい位置に戻すことで解消できるということが分かりました。

靴底の減り具合でも自分のゆがみ具合が分かるので、日ごろから靴の底の減り具合もチェックする必要がありそうです。

何より意識して歩いたり立ったりする姿勢が、疲れもない正しい姿勢であれば健康にも美容にもいいことずくめと言うことですね?

■関連記事

Sponsored Links




関連記事

  1. かけるオイルのカロリーは?健康効果にいいというけど気になるポイント

  2. 50代から筋トレを始める男性・女性にオススメの効果的トレーニングとは!…

  3. 甲子園の始球式で松井秀喜がやっちゃったのは?

  4. 風邪インフルエンザ予防法ランキング上位のマスクうがい手洗い効果は?

  5. 大坂なおみ史上初優勝って半端ないって!かわいいし流行語大賞に決定?

  6. 大谷翔平のライブ生中継をテレビ放送で視聴する方法は?無料も可能?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP