ちょ待てよ!気になる話題

大晦日RIZINライジン注目のメイウエザーvs那須川天心の勝敗予想は?

大晦日の注目イベントであるRIZINライジンでの、メイウエザーvs那須川天心戦の勝敗が気になって仕方が無い平成最後2018年の12月に突入しました。

平成最後の年末ということで、どことなく特別感をもって例年とは違った過ごし方を検討している方も多いと思います。

そこで大晦日の過ごし方としておススメしたいのが、寒い冬を吹き飛ばしてくれるような「熱く燃える格闘家の戦い」を観戦して平成最後の大晦日を締めくくること。

なんと平成最後の大晦日を飾る格闘技イベントRIZIN.14では、プロボクシングの世界で5階級を制覇したレジェンド、フロイド・メイウェザー・ジュニア選手の参戦が決定しており注目を集めていますので、メイウエザーvs那須川天心の勝敗予想を含めてシェアいたします。

Sponsored Links




フロイド・メイウェザーはどんな選手?

メイウェザーは、1977年生まれの41歳、「Master of Defense」の異名を持つアメリカ出身の5階級制覇を成し遂げたビッグネームの元プロボクサーとして、ボクシングファンの間では超有名な選手として知られています。

2008年の6月に最初の引退をしてから、翌年の9月には復帰戦を行い勝利するなど、プロボクサーになってからは50戦50勝の無敗という記録を維持していますが、家庭内暴力で逮捕され有罪判決を受けて刑務所に収監されるなど、素行の悪さも折り紙付きの話題に事欠かない人物なのですね。

また王座を獲得してもボクシング団体へ支払う世界タイトルマッチの認可料(約2400万円)を
支払わずに王座を剥奪されるなど、団体ルールに従わずにトラブルを起こすことでもやっかいな存在でした。

2015年9月には49戦49勝目を判定勝ちで勝利して、WBA世界ウエルター級王座の3度目の防衛とWBC王座の5度目の防衛に成功したものの、リング上で2度目の現役引退を表明しています。

その後に総合格闘技界のスーパースター、コナー・マクレガーとの対戦のために3度目の現役復帰をして対戦に勝利したことで、50戦50勝と無敗記録を更新していますね。

現在は現役とはいえないものの、ビッグマッチのたびに現役復帰して大金を稼ぐという、スポーツアスリートとしてのビジネスマンになっている感があるメイウエザーですが、いよいよ平成最後の大晦日にまた現役復帰してRIZINのリングに上がることになりそうです。

メイウエザーの戦績は先述の通りで制覇したプロボクシングの階級は以下の通りです。
①WBC世界スーパーフェザー級
②WBC世界ライト級
③WBC世界スーパーライト級
④IBF世界ウェルター級、WBC世界ウェルター級、WBA世界ウェルター級、WBO世界ウェルター級
⑤WBC世界スーパーウェルター級、WBA世界スーパーウェルター級
以上の5階級で、獲得したチャンピオンベルトはなんと9個もの数にのぼっています。

中でも驚きなのは、プロでの戦績がなんと50戦50勝無敗のままという点。
アマチュア時代は84戦して6敗とも、8敗ともいわれていますが、プロボクシングのスーパーフェザー級に2回KO勝ちでデビュー戦を飾ってから一度も負け無しです。

またプロボクシング史上初めて、無敗のままで5階級制覇を達成したということも特筆すべき戦績と言えるでしょう。

メイウエザーは良いこともトラブルも含めて、ボクシング界の「生ける伝説」となっています。
幼いときからの生活環境や周囲がトップランカーレベルのボクサーファミリーに育ち、向こうっ気の強さやわがままな性格が災いして、私生活では逮捕歴もあるのが残念ですけどね。

これまでの50戦の試合の中には、メイウエザーが負けていたと証言するような、多くのプロ関係者が認める疑惑の判定試合もありましたが、再戦では文句なしの勝利を重ねて下馬評を押さえ込んできました。

メイウエザーがボクシングで積み上げた実績は、色あせることのないくらいの輝きを放っていることは間違いないでしょう。

メイウエザーvs那須川天心の勝敗予想は?

そんなボクシング界のレジェンドでもあるメイウエザーが、2018年12月31日のRIZIN.14のリングで対戦する相手は誰かというと、すでに周知の通り若干20歳ながら日本が誇る格闘技界のホープ、那須川天心選手ですね。

5階級制覇のメイウェザーにとって、那須川天心はキャリアも実力も格下の相手とみられていますが、マッチルールの詳細が不明な状態では、どちらが有利なのか判定しがたいのが実状ですね。

しかしながら両者の対戦カード実現は、日本の格闘技界にとってエポックメイキングな試合になりそうです。

メイウエザーに支払われるファイトマネーの高額なことはもちろん、那須川天心がボクシングルールで闘うことになれば、体格差や経験などを考慮してもメイウエザーが圧倒的に有利でしょうし、対戦をメイウエザー側が引き受けるようなルールに、限定したのかも知れません・・・ね?

いずれにしてもこのマッチメークが実現したことに驚いた声が多く聞かれました。
なんとか贔屓目に見てもこの対戦カードの下馬評は、メイウェザーの圧倒的な優勢とみられています。

那須川天心選手が得意とする左ストレート「ライトニング・レフト」が百戦錬磨のメイウェザー相手にどこまで通用するのか、注目が集まりますし、メイウェザーがキックボクシング界の寵児として活躍著しい逸材を、どのようにあしらうのか楽しみな対戦カードとなっています。

大晦日のRIZIN.14で繰り広げられる世紀の大決戦は、地上波のフジテレビで完全生中継される予定ですので、見逃さないようにチェックしておきましょう。

Sponsored Links




ネットの反応

ボクシング界の生ける伝説、メイウェザーがRIZIN14に参戦するとあって、ネットでも様々な反応が飛び交っています。

大晦日のRIZINメイウェザーvs那須川天心は熱いね
メイウェザー参戦やばい!運営側はファイトマネー払えるのかね?
メイウェザーの真剣勝負ではない発言すごいな。
大晦日のメイウェザーと天心の対決!日本の格闘技の未来は明るいですね。
歴史に残る一千!!メイウェザー対那須川天心。無敗伝説の衝突!!
50戦無敗27KOのメイウェザーに天心がどこまでやれるか楽しみ
メイウェザーvs天心実現するってよかったな。
メイウェザーに振り回された1ヶ月だったわ
メイウェザー?キックありでも天心がやられちゃうよ
メイウェザーはとりあえず天心をぶっと飛ばしてくれ。
RIZINは今年のメイウェザーと天心に賭けているな

出典:twitter

まとめ

ボクシング界のレジェンドであり、史上最強との呼び声が高い男の来日により俄然盛り上がってきた感じがする、平成最後となる大晦日のRIZINが熱い!

これまでは判で押したように、恒例の紅白歌合戦で年末を締めくくってていた方々も、最近の大晦日は笑ってはいけないシリーズで、大笑いしながら過ごしていた人も、今年だけはビッグネームが繰り広げる激アツの熱戦祭りで、平成最後の大晦日を締めくくってみてはいかがでしょうか?

■関連記事

Sponsored Links




関連記事

  1. 比嘉大吾選手の日本新記録16連続KOはどれほどの価値か!?

  2. ゴロフキンの戦績一覧と強さの秘密を徹底解説!!「自動追跡パンチ」「距離…

  3. 名古屋グランパスの戦力は風間八宏監督の超攻撃的サッカーで優勝狙える?!…

  4. リナレスは日本語喋れる!?日本人ファンが多い理由

  5. バカマツタケ人工栽培成功で多木化学の株価は上昇し松茸の値段は下落?

  6. ヒアロディープパッチの口コミで辛口なものを分析してみた!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP