ベースボール

令和最初となる2019夏の甲子園大会優勝校の予想をまとめた結果?!

夏の甲子園2019優勝校予想を、まとめのまとめという形で、独自の方法でやってみました。※2019/08/22 更新:試合結果速報! 大阪の履正社が初優勝!良い試合でしたが履正社打線が星稜の奥川恭伸選手に打ち勝って、初の優勝を成し遂げました。
予想ランキング入りの15位までのチームのうち、ベスト4の全4校が予想通り勝ち残っていました。
また予想ランキング4位までに、3校が勝ち残り、予想1位と4位の決勝戦という的中率の高い結果になりました!

昨年の史上初の連覇となる優勝校として注目されていた大阪桐蔭、残念ながら地区大会敗退で甲子園行きのキップを逃しました。

さて、史上初の連覇を成し遂げた実力校が、早くも予選で敗退するという波乱の幕開けとなった2019年の令和最初の甲子園大会ですが、下記の方法で2019年夏の甲子園優勝校を予想してみました。

スポニチ・報知・日刊などスポーツ新聞や信頼できるサイトでの優勝予想を、1位5点・2位4点・3位3点・4位2点・5位1点と、それぞれ換算した合計得点で2019年夏の大会優勝校予想ランキングを集計してみた結果が次の通りとなりました。

Sponsored Links




甲子園優勝予想まとめのまとめをした結果

1位5点、2位4点、3位3点、4位2点、5位1点で集計して優勝校予想ランキングを決定!
その後の試合結果を更新中!

■2019年夏の甲子園 第101回大会優勝校の予想ランキング
1位   74点獲得 星稜  石川代表(2年連続20回目)※8/22 準優勝!
2位   70点獲得 東海大相模  神奈川代表(4年ぶり11回目)※8/16 3回戦敗退
3位   56点獲得 明石商業   兵庫代表(2年連続2回目)※8/20 準決勝敗退
4位   41点獲得   履正社   大阪代表(3年ぶり4回目)※8/22 初優勝!
5位   40点獲得 近江  滋賀代表(2年連続14回目)※8/11 初戦敗退
6位   38点獲得   習志野  千葉代表(8年ぶり9回目)※8/14 2回戦敗退
7位   32点獲得 智弁和歌山      和歌山代表(3年連続24回目)※8/17 3回戦敗退
8位   21点獲得   花咲徳栄  埼玉代表(5年連続7回目)※8/11 初戦敗退
9位   17点獲得 仙台育英  宮城代表(3年連続28回目)※8/18 ベスト8で敗退
9位     17点獲得 筑陽学園  福岡代表(16年ぶり2回目)※8/11 初戦敗退
11位   11点獲得   八戸学院光星  青森代表(2年連続10回目)※8/18  ベスト8で敗退
12位     7点獲得 智弁学園  奈良代表(3年ぶり19回目)※8/12 初戦敗退
13位   6点獲得 津田学園  三重代表(2年ぶり2回目)※8/13 2回戦敗退
14位     5点獲得   高松商   香川代表(23年ぶり20回目)※8/9 初戦敗退
15位   4点獲得 前橋育英  群馬代表(4年連続5回目)※8/8 初戦敗退
15位   4点獲得 中京学院大中京  岐阜代表(3年ぶり7回目)※8/20 準決勝敗退
15位   4点獲得 明徳義塾  高知代表(2年ぶり20回目)※8/13 2回戦敗退

※8月22日決勝戦終了時点までの途中勝敗結果を更新しています。
※得点の参考にした情報はスポーツ紙や野球専門サイトなど、信頼できる記事内容に従って本サイトで集計しました。

Sponsored Links




ネットの優勝予想の声

昨年まで過去5年、選抜に出場していない高校が夏の甲子園優勝しているね。
星稜が最有力だすね・・・。東海大相模とどっちが来るか?
連覇の大阪桐蔭、史上2度目の春夏連覇したのに地区予選敗退かよ?
初出場組が3つあるけど・・・むりね優勝。
せんだいいくえー、問題起こして辞退したのいつだっけ?
今度の夏は令和最初だよ~初物に強いとこ、どこだ。
選抜不出場やとデータ不足で、夏は有利のようやけどねぇ。
東海大相模と近江は優勝候補同士のつぶし合いになったな。
花咲徳栄と明石商も初戦でつぶし合いになったね?
21世紀枠は今年の夏は無いの?まぁ、わくがふえても優勝できんもんね。残念。

出典:twitter

まとめと私の予想

昨年の夏の甲子園では、第100回記念大会ということも合わせて大阪桐蔭の、史上2度目の春夏連覇で盛り上がりました。その大阪桐蔭は地区大会で敗退して出場ができませんでしたが、激戦区を勝ち抜いてきた履正社が、101回大会で優勝候補に名前が挙がっていますね?

今回の優勝予想を集計している中で、第101回大会の覇者は名前の挙がっているどのチームが優勝してもおかしくない混戦模様だと感じましたが、上位に予想した星稜や東海大相模、明石商業あたりが案外すんなりと優勝を決めて、令和最初の甲子園大会の覇者になるかもしれませんね。

大船渡の佐々木選手の活躍が見られないのは残念ですが、いずれドラフトに顔を並べるでしょうから、今後の高校野球界も目が離せませんね。

果たして優勝予想通りにいくのか、はたまた伏兵が令和最初の甲子園大会を征するのか、楽しみな大会となりそうです。
2019/08/22 追記:予想ランキング4位の大阪代表・履正社が5:3で石川の星稜高校を破り初優勝を成し遂げました。
2019/08/19 追記:2019年夏の甲子園大会は、このサイトで予想したランキング通りの結果となりそうです。優勝は間違いなく履正社と明石商業の勝者と、中京大中京と星稜の勝者との間で8月22日の14時から争われることになりました。
4校のうち、どのチームが勝ち残るのか楽しみです。

■関連記事

Sponsored Links




関連記事

  1. 名古屋グランパスの戦力は風間八宏監督の超攻撃的サッカーで優勝狙える?!…

  2. 大坂なおみ史上初優勝って半端ないって!かわいいし流行語大賞に決定?

  3. カルディのピリ辛エビ塩の原料・添加物は?爆発的人気にネットの反応は?

  4. 令和最初の夏2019甲子園出場校の公立高校野球部と注目選手は?

  5. 日焼け止めつける順番はどうするのが効果的?

  6. 常葉大菊川高校野球部優勝?甲子園メンバー出身中学と注目選手は?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP