ちょ待てよ!気になる話題

産後ダイエット自宅で簡単な運動で効果を出す頑張らなくていい方法とは?

産後ダイエットに悩む女性が増えていますが、産後ダイエットを自宅でできる簡単な運動ではっきり効果を出せるやり方をまとめてみました。

同じ産後ダイエットに取り組むなら、苦労やきつい思いをせずに気軽な気持ちで取り組めるような頑張らなくても良い方法がいいですよね?

そんな頑張らなくても取り組める産後ダイエットの効果的なやり方をお知らせします。

Sponsored Links




産後ダイエットの正しい取組み方法とは?

産後ダイエットに限らずダイエットと言えば、体重を減らすことだと認識している方が多いと思いますが、残念ながら体重を落としさえすればダイエットに成功したということにはならないのですね。

よくある間違いに食事の量を減らすことで体重減少を目指す人がいますが、これはとても危険な行為なのです。

確かに摂取するカロリー以上に消費するカロリー量が多ければ、体内に蓄積された余分な脂肪分などが消費エネルギーとして使われるために、体重減少も可能となります。

ただし摂取するカロリーを抑えることで、代謝や健康な身体維持に必要となるビタミンやタンパク質、ミネラルなどの摂取量も足りなくなってしまい、健康に害を及ぼすことになるわけですね。

特に出産という大仕事で身体的に過重な負担を強いられた産後のダイエットには、健康的であることにじゅうぶん留意して取組み必要があるのです。

単純な考えで体重減少を目指してしまうと、摂食障害や自律神経失調症などの心の病の可能性が高まるだけでなく、新陳代謝の低下による体調不良の原因を作ったり、生理不順や身体機能の低下を招くなどの障害が出てくる心配もありますね。

こういった点に注意して産後ダイエットに取り組む必要がありますが、産後ダイエットの正しいやり方とは直接的に体重減少を目指すことよりも、出産で緩んでしまった骨盤を正しい位置に戻すことで、身体の歪みを整えて間接的にスッキリした身体にする、効果的なシェイプアップ運動を目指すことなのです。

いわば骨盤ダイエットとも呼ばれる方法で、ウエストやヒップのサイズダウンができるだけでなく、リンパの流れや血流促進にもつながり、その結果としてむくみの解消や肩こり・冷え性の改善などにも繋がる効果を発揮します。

女性の場合は生理による骨盤の開閉が、わずかながらも周期的に行われているために、男性に比べると骨盤は開きやすくなっています。

また体幹部と骨盤を繋いでいる大腰筋が男性ほど発達していないために、骨盤を閉じる働きが弱いともいえるのですね。

女性が出産するときに分泌されるリラキシンというホルモンが、骨盤の靱帯を緩める働きをするために、出産後も骨盤の靱帯が緩んだままで開いた骨盤になり、歪んだ状態の骨盤になっていることが多いのです。

出産で開いてしまった骨盤を正しい位置の元の状態に戻すことが、効果的な産後ダイエットに取り組む目的ですので自宅でも簡単にできる方法を紹介します。

Sponsored Links




自宅で簡単に取り組める頑張らなくてもいい産後ダイエットの方法とは?

まず自宅で簡単に取り組める産後ダイエットの方法ですが、日常生活の中でも取り組めるものとして正しい姿勢を保つことを意識するだけで、骨盤の歪みを整えて行くことができるのですが、とっておきの方法をお伝えしますね。

まずヨガマットを準備してフローリングなどの堅い床にヨガマットを敷きます。
ヨガマットがなければ数百円から1000円程度で手に入りますので購入をおすすめします。
購入するときはマットの厚みを7・8ミリ程度の厚さのマットを購入してください。(あまり薄めでも厚めでないもの)

マットの上に腰幅より狭くした状態で両足をそろえて立ちます。このときの両足は指先が平行になるように。

両足の指先を思い切り伸ばした状態で、床をわしづかみするように力を入れて20秒から30秒ほど数えるだけです。

このときの姿勢は下腹をへこませて、頭のてっぺんを天井からつり上げられている気持ちで、やや顎を軽く突き出す気持ちで遠くを見る姿勢を心がけてください。(頭が肩より前に突き出ることがないように気をつけて)

30秒ほど経過したらヨガマットに残された足跡を確認してください。
左右の足跡が指先から踵(かかと)まで、くっきりと残っているかを確認します。
もしどちらかの足跡だけが不鮮明だったり、指先だけが不鮮明な場合は偏った姿勢で立っていたということです。

もちろん両足跡ともに不鮮明な場合は、正しく立つだけでなく踏ん張れていません。
非常にシンプルですがとても効果の高いオリジナルの身体の歪み矯正方法ですので、ぜひお試しください。

最初は踏ん張りもきかず、両足跡もきれいに残らないと思いますが、その状態こそが歪んだ状態の骨盤で生活しているということなので毎日、歯磨きやキッチンでの立ち仕事の時にも、姿勢を正すことを心がけてくださいね。

正しい姿勢に整ったかどうかは、両足跡ともにくっきりと指先から踵まで、きれいに足形が残るかどうかで判断してください。

足先荷重やかかと荷重に偏っていないか、バランス良く両足に荷重がかかっているか、で正しい姿勢か確認できるので自宅で簡単に一人で骨盤の歪み矯正が可能となります。

正しい姿勢(両足跡がきれいに付く)になったら、そのままの鷲づかみ状態の姿勢で両足の指先を外側に回転させるつもりで力を入れます。
このときにお尻の穴を引っ込めるようにして骨盤を動かします。(ゆっくり20秒くらいから30秒くらいかけて)

次に外側に回転させていた足を逆回転(内側に回転)させて、お腹を引っ込めて骨盤を動かします。
このときはお尻の両側の筋肉は開くようにして恥骨に力を入れる意識を持ちます。(ゆっくり20秒くらいから30秒くらいかけて)

毎日隙間時間でテレビを見ながらや音楽を聴きながら実践してみてください。驚くような効果が現れると思います。

また正しい姿勢が身に付いたらそのままの姿勢で、かかとを付けずに足先から着地する歩き方を心がけると身体の歪みのないきれいな歩行姿勢になり、長く歩いても疲れないようになると思います。

ついでに骨盤ストレッチをお伝えしますが、やり方はとても簡単です。
まず立った姿勢で腰に手を当てて片足だけに重心をかけて、反対の側の腰を軽く持ち上げます。
このときには両足ともに床に付いた状態で足踏みをする要領で、力まずに行います。

骨盤の歪みがひどい人やダイエット効果を高めたい人におすすめの骨盤ストレッチもお伝えしますね。
まず仰向けに寝た状態で両手を大の字に広げます。両足の膝が90度程度の角度になるよう両膝を立てます。
この状態で背中・両肩が床から離れないように気をつけながら、両膝を左右に倒します。

脇腹が伸びるようにじっくり行いますが、楽に倒せるように慣れてきたら一定のテンポで回数をこなすようにするとウエストのシェイプアップにも効果的ですね。また両膝は最初は閉じた状態で、2セット目は腰幅に開いた状態で行うとより骨盤ストレッチの効果もダイエット効果も期待できますので試してください。

Sponsored Links




ネットの反応

出典:Twitter

産後ダイエットまとめ

骨盤の歪みを矯正する運動を心がけることは産後ダイエットに役立つだけでなく、インナーマッスルの強化や血流促進、新陳代謝のアップなど健康体にとって、とても重要な効果をもたらしてくれます。

産後だけでなく、日常的に健康体を維持するためにも姿勢を正して骨盤の歪みを矯正し、いつまでも老いることのない若々しい身体を手に入れ充実した生活を自分のものにしたいですよね?

なんといっても健康第一ですが、ダイエットにしても本末転倒な取組みをしている人たちが、あまりにも多すぎます。

本来健康になるために(戻すために)ダイエットに取り組んでいるはずなのに、いつの間にか健康であることを忘れてしまい、体重信仰やほっそりとした痩せ型体型になることだけを追い求めている人たちが巷に溢れかえっています。

どうかこの記事をお読みのあなたには、本当の健康体を正しい産後ダイエットで手に入れて欲しいと強く願っています。

ダイエットや健康に関する記事もどんどん追加していくつもりですので、ブックマークしていただいて新しい記事をお読みになっていただければ嬉しいです。

■関連記事

Sponsored Links




関連記事

  1. フリーメイソンの暗号の答えは?ネットの反応「世界の終わり?」「W杯?」…

  2. ピンクバーガーの値段と店舗の場所は?これは女性が喜ぶ!

  3. イングランドvsスェーデンの海外の反応まとめ「すべてピックフォードが守…

  4. サーシャバイン(バジン)コーチの経歴と年齢がヤバイ!?大坂なおみ選手飛…

  5. フェルナンドトーレス現在の実力は最盛期と比べてどうなの?

  6. 日焼け止めは何時間もつ?SPFによる違いと効果的な塗り方は?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP