ちょ待てよ!気になる話題

ペイペイpaypay100億還元キャンペーンの複数回決済トラブルに注意!

PayPayペイペイが100億円あげちゃう還元キャンペーンをスタートさせましたね?
ところが20%還元の100億に利用者が殺到したせいで、アクセス障害や複数回決済してしまう多重決済が発生して大きなトラブルになっているようです。

うっかりしていると20%還元どころか、二重に決済されてしまう恐れも!
トラブルに巻き込まれないように注意する必要がありそうなので、調べたことをキャンペーンの内容やトラブルなどシェアしたいと思います。

Sponsored Links




ペイペイの100億円還元キャンペーンとは?

ソフトバンクとヤフーの共同出資会社であるPayPay株式会社の決済サービスが「PayPay(ペイペイ)」という決済アプリでの支払い代行サービスですが、このペイペイが利用者拡大と認知度アップを狙って仕掛けたキャンペーンが「PayPay 100億あげちゃうキャンペーン」

このキャンペーンでは、PayPayペイペイを利用して決済を行うと、決済利用額の20%を還元してくれるという、ユーザーにとってはすごくありがたい還元キャンペーンになっているのですね。

PayPayペイペイの加盟店(利用対象店舗)でPayPayペイペイを利用すれば、利用金額の20%をボーナスとして付与(還元)してもらえるのが、今回の100億あげちゃうキャンペーンの内容です。

もちろんボーナス付与の金額(還元額)には上限があって、月額で5万円までがボーナス付与の対象となっています。

さらにPayPayペイペイで支払いをするごとに、抽選が行われて40回に1回の確率で当選すると、利用金額の全額(10万円相当まで)が戻ってくる(ボーナス付与される)という、相当確率の高いおまけの抽選が付いています。

さらにさらに、Yahoo!プレミアム会員なら抽選の確率が、20回に1回の確率に倍増するというYahoo!JAPANとの共同企画で、嬉しい特典が付いていますね。

これでお終いかというと、さにあらず、もう一つがソフトバンクとの共同企画で、10回に1回の抽選確率に4倍増する特典が控えていて、もうこうなると大盤振る舞いですね。

10回に1回の確率にあげるには、ソフトバンクの「スマートログイン設定済み」または、「mobileサービスの初期登録済みのYahoo!JAPAN ID設定」を行うと、抽選確率4倍増の特典を受けられます。

10回に1回の確率に上げるには上記の条件を満たしていることと、PayPayペイペイユーザーIDの連携が必要となりますので、連携手続きをお忘れ無く。

100億あげちゃうキャンペーンは2018年12月4日9:00~2019年3月31日23:59までの開催期間となっていますが、ボーナス付与の総額が100億円に達した段階で、還元キャンペーンは終了する予定です。
※100億あげちゃうキャンペーンは開始早々の12月13日、開始からわずか10日間という短期間で100億に達したために終了となりました!

20%還元に殺到したためのトラブルとは?

PayPayペイペイの決済アプリは、QRコードを読み取って決済する仕組ですが、2018年の10月に「スマート決済アプリ」としてリリースされました。

このキャンペーンを12月4日よりスタートさせたわけですが、こんな美味しい話をユーザーが放っておくはずもなく、20%還元狙いの利用者が殺到したわけですね。

PayPayペイペイでも予想外のアクセス殺到だったようで、アクセス障害やあろうことか、決済サービスとして一番肝心な、システムの信頼性を揺るがすトラブルが発生してしまいました。

決済代行サービスの信頼はお金のことだけに、一円の決済ミスもあってはならないことで決済される金額が間違っていたら、信用を損なうだけでなく利用者も激減するような深刻なトラブルですよね?

幸いにもソフトバンクとYahoo!という信用上は問題の無い企業が共同出資しているPayPayペイペイだったので、迅速な対応がされれば急速に沈静化するでしょうけど、2度と発生してはならないトラブルだったことは確かですね。

またPayPayペイペイの加盟店でも「PayPay for Business」という、加盟店向けの管理画面が利用できないという障害も発生して、復旧に追われたようですね。

PayPayペイペイの加盟店自体がまだ多くないので、限られた加盟店にPayPayペイペイユーザーが殺到してしまったのでしょうね?

PayPayペイペイで支払い決済を行い、複数回の決済処理がされていたユーザーはPayPayカスタマーサポート窓口(https://support.paypay.ne.jp/consumerform)まで問い合せると、加盟店と連絡を取りながら決済取り消しの手続きを行ってくれるそうです。

ただ注意しなければならないのは、自動的に取り消してくれるわけではなく、ユーザーが自分で申告しなければ「正規の利用」か「多重決済ミス」か判明しないことです。

同じ商品を続けて購入するケースもあるので、これは仕方の無いことですけど、まんいち複数回決済の可能性がある人は、自己責任での申告をして余分に支払うことから免れる必要がありますね。

※12月20日追記
今回多発している複数回決済トラブルですが、利用の覚えのないクレジットカードへの請求が発覚して問題となっています。
この件についてはクレジットカードの正規利用を確認するために、3桁のセキュリティコード入力が必要となるのですが、PayPayの決済システムで入力エラー回数の制限を外したことが原因とみられています。
本来は(他のクレジットカードはすべて)3回の入力エラーをした時点で、本人以外の不正利用を疑いカード利用を禁止にするシステムになっています。
スキミングによりカードの情報を不正に抜き取っても、セキュリティコードが分からなければ利用が困難になるわけですが、ペイペイではエラー回数無制限の野放し状態にしてしまったために、ハッカーにとってはセキュリティコードがヒットするまで延々と、不正アクセスを繰り返すことが可能になったというわけですね。
そのあげくに3桁のセキュリティコードを見つけるまで、システムに膨大な不正アクセスを流し込んだ結果、例の原因不明のシステムトラブルに巻き込まれたと考えて良いのではないでしょうか?

Sponsored Links




ネットの反応

出典:twitter

まとめ

今回は複数回決済やアクセス障害でトラブルを引き起こしたPayPayペイペイの「100億あげちゃうキャンペーン」についてシェアしましたが、いかがでしたか?

ちなみに複数回決済のおかげで、抽選に当たった場合はどうなるのでしょうね?
当たった分は残して、外れた分を取り消してくれればいうことないのですが、果たしてPayPayペイペイはどう処理するのでしょうか?

ご迷惑のお詫びに「甘い対処」をしてくれると良いですよね?
複数回決済の被害に遭って、抽選にも当たった場合は「当たり運」が付いているということで、おめでたいと受け止めまるほうがよろしいようで。

今回の一連のトラブルも影響してか、ソフトバンクの東証一部上場の公開株価は、設定価格の1500円を割り込んでしまいましたね?

せっかくの株式上場に水を差す形になってしまったPayPayですが、割り勘決済ができるLINE Payなどのライバルも増える中、どこまで認知度とユーザーを獲得できるか、これからが正念場のようですね?

■関連記事

Sponsored Links




関連記事

  1. 風邪インフルエンザ予防法ランキング上位のマスクうがい手洗い効果は?

  2. ゾゾタウン前澤社長が民間人初の月旅行挑戦にアーチスト8名を同行!

  3. 甲子園の開会式は中止にすべき!?熱中症で倒れる子は年々増えている?

  4. 赤いダニ駆除方法!毒はないよね?正体は何?

  5. プラスメッセージが大炎上!使えないの?状況を整理した結果SBだけマズイ…

  6. ひょっこりはん今後どうなる?著作権問題の対応次第か「ブルゾンやにゃんこ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP