ちょ待てよ!気になる話題

初耳学的ダイエット方法ドローインと腹式呼吸では若返るのはどっち?

初耳学的なダイエット方法についてまとめてみました。
その方法の一つが「ドローイン」ですが「腹式呼吸」との違いや、ダイエットだけでなく若返りに効果的なのはどちらなのか?

ドローインと腹式呼吸について検証してみました。

Sponsored Links




初耳学的にみたドローインと腹式呼吸の違いは?

腹式呼吸が痩身効果もあってダイエットに効果的であるということを、本で読んだりテレビやラジオなどで目にしたり、聴いたりしたことはありませんか?

そうなんですよね。
呼吸法も正しいやり方で行うと、きっちりダイエット効果を引き出したり、若々しい身体を取り戻して、名実ともにアンチエイジングを実践することができるのです。

若々しい身体を取り戻すと言うことは、若返ると言うこと。
若返るだけでなく、取り戻した「若さ」をキープすることも可能なんですね。

それもツラい思いや苦しい筋力トレーニングに頼らず、ふつうに食事をしてふつうに生活しているだけで
健康的な若々しい身体にすることができるのです。

近頃は筋トレが大ブームですが、中には(ほとんどと言ってもいいくらい)筋肉をバキバキに付けることが「かっこいい」と勘違いしている人たちが増えています。

もちろん必要な筋肉は鍛えるべきですが、見せるためだけの意味の無い筋肉づくりを目指すのは、本末転倒と言っても差し支えないでしょう。

そりゃぁ、広背筋を鍛えて逆三角形の上体を手に入れたいと願うのは、たくましさのアピールにもなって
殿方連中には憧れかも知れませんが、ハッキリ言ってスーツは似合いませんし、上体と下半身のバランスが崩れて、かえって不安定でずんぐりヒョロッぽい、ボディシルエットになってしまいます。

筋肉フリークに陥ってしまったボディメイカーたちには、この不格好・不細工さが理解できないようで
胸を張るように突き出して背筋を思いっきり伸ばした姿勢で、出っ尻になっていることにも気付かずに街中を闊歩しているようですが、ただのナルシストのアピール合戦にしか見えません。

本末転倒というのはまさにこれで、本来機能的に備えるべき筋肉を、人として最大限のパフォーマンスを引き出せるように鍛える(強化する)べきなのが、外見の見え方に苦心してバッキバキの血管が浮いた筋だらけの、硬い筋肉の盛り上がりを誇示するために行う筋トレは、備えるべき肉体の本質から大きくずれているということなのですね。

人が日常生活の中で健康的な身体を維持しながら、身体運動機能を向上させ最大限のパフォーマンスを
引き出すことができる筋力さえあれば、アスリートとして固有の必要な筋力を別にすると、多くの筋トレメソッドは間違っていると言えるのではないでしょうか?

少なくとも筋トレへのアプローチや、セールスポイントとしての謳い文句をみてみると、身体機能活性と
運動操作向上という筋骨格運動機能向上の本質から、ずれている方向性が覗えるのですよね。

前置きが長くなってしまいましたが、安易に筋肉信仰・筋肉神話にとりつかれることが無いように注意して、自分の健康を維持するために最もふさわしい筋力を、必要最小限身に付けることに注目してください。
その必要最小限の筋力トレーニングにふさわしいのが「ドローイン」や「腹式呼吸」。

それだけでもキツい思いや無理なトレーニングをしなくても、キュッとくびれた細マッチョなボディに
することができますので、気長に続けることを目指してくださいね。

誰でも自宅で簡単に、いつでも自由にできるのが「ドローイン」という、お腹引き締め運動なのですがやり方はとても簡単です。

最近よく目にするのが「コルセット筋」という言葉。
この俗にコルセット筋と呼ばれている、お腹周りの筋肉・筋膜を、胸式呼吸の要領で引っ込めたあとに
そのまま一定時間キープするというだけの、簡単でシンプルなダイエット方法なのですね。

ドローインと腹式呼吸の違いで言えば、腹式呼吸というのは「呼吸法」の一つであり、主に呼吸をするときの息を吸う時にお腹をふくらませて空気を吸い込み、吐くときにお腹をへこましてお腹をポンプのように使って呼吸する呼吸法のことですね。

私たちが普段の生活で行っている呼吸法は「胸式呼吸」という、肺を膨らましたり萎ませたりして、空気(酸素)を取り込んだり、吐き出したりしている呼吸法を行っている人が、ほとんどなのですが、武道をやっている人や、合唱や吹奏楽器を永年やっている人などには、腹式呼吸が平常の呼吸法という方もおられます。
また日本人と違って英語を話している外国の人たちは、発声法の違いからか腹式呼吸になっているようですね。

ドローインというのは胸式呼吸と腹式呼吸を合わせたような呼吸で、腹部を思いっきり引き締めた状態を
数十秒間、保つトレーニングなのだと考えてくださいね。

腹式呼吸を行うだけでも意識して腹部に集中すると、続けている内にお腹が引き締まりますし、新鮮な酸素の取り込み量も増えるために新陳代謝もアップするし、代謝量が増えることでダイエットにも効果があり、健康的な身体を取り戻すことが可能になるのです。

呼吸の質と量が変わるだけでも睡眠の質や体調の改善がはかれるので、呼吸をおろそかにすることはできません。
ふだん意識もしないで行っている呼吸を意識して行うだけで、ダイエットにも健康管理にも直結してくると言えるのですね。

特に呼吸で取り込む酸素の量が増えると脳内活性を含めて、細胞レベルでの体質改善が進むので、水分を摂取することと合わせて、若さを保ち、みずみずしい身体に引き戻すことが可能なのです。

若返り効果はドローイン?腹式呼吸?

ダイエット効果より重要なのが、心肺機能の向上や衰えた身体機能の活性化をうながして、もともとの健康な身体に近づけることなんですよね。

本来のあるべき健康体になりさえすれば不必要な脂肪もとれるし、ゴリゴリに固まった筋肉で肩こりに悩んだり、背中の深層筋などが突っ張ったままで、うまく使えないなどという年寄りみたいな身体になる必要も無いのですけどね。

考えてもらえばわかることですが、野生の動物たちが筋トレする姿って、みたことありませんよね?
彼らは特別に筋トレなんかしなくても、狩りや生き抜くために必要なパフォーマンスは、自然と発揮できるのです。

これは私たち人間もそうであるはずですが、便利な道具を発明しその道具に依存することで、本来の身体機能を劣化させたために、パフォーマンスが数段劣るようになってしまったのですね。

歪んだ姿勢を正して理にかなった呼吸活動(ドローインや腹式呼吸)を心がけ、身体機能を活性化させて
本来持っている潜在能力を引き出してあげるだけでも、霊長類としての動物本能を呼び覚ますことができ、驚くほどの敏捷性やパフォーマンスを発揮することが可能になってくるのです。

まずは正しい呼吸法を覚えるつもりで、ドローインを初めて見ませんか?
決して難しいことではありません。

そして肝心なカラダの歪みをとって、きれいで疲れにくい姿勢のプロポーションを手に入れてくださいね。

ネットの反応

出典:twitter

まとめ

今回はダイエット方法の一つとして、ドローインと腹式呼吸にスポットを当ててみました。
ダイエットはもちろん痩せるために取組むのでしょうが、ダイエットのために健康を損なっては本末転倒です。

ダイエットも大事ですが健康も大事です。
もっと言えば健康も大事ですが、何よりも大事なのは「命」なのですね。

健康のためのダイエットで健康を損ねたり命を落としては、笑い話にもなりません。
目的をしっかり意識して健康のためのダイエットや、健康体を作るための筋トレにいそしんで欲しいと願っています。

■関連記事

Sponsored Links




関連記事

  1. 川島永嗣スーパーセーブに海外の反応は?「彼は日本の英雄」「世界クラス」…

  2. ベルギー代表が強すぎる!でも守備に穴があるとの声が…

  3. ZOZO球団はどこを買収する?ロッテは?

  4. ATPファイナルズ錦織圭出場決定はナダルかデルポトロの欠場次第か?

  5. エムバペの遅延行為にドン引き?時間稼ぎとの違い・意味は?

  6. 大坂なおみWTAファイナルズに3位出場を決めて優勝する可能性は?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP