ちょ待てよ!気になる話題

急成長のSNSであるnoteの稼ぎ方とアカウント運用のポイント解説!

急成長のSNSであるnoteの稼ぎ方とアカウント運用のポイント解説!

今やnoteは、数あるSNSの中でも群を抜いた存在となっており、noteを活用したマネタイズ(収益化)でお小遣い稼ぎや副業レベルの収入を得ている人も多いプラットフォームなんですよね。

そこでこの記事では、noteを使ってマネタイズするときのアカウント開設から初期設定、最初の段階でやっておくべきことや逆にマネタイズ実現のためにやってはいけないことなどを、分かりやすくまとめたnoteの記事を紹介いたします。

SNSの中でも際立っているnoteの特長が、炎上しにくくて利用しているユーザー同士の交流も温かいムードに包まれているという点が挙げられます。

これは、従来のSNSでは見られないことで、SNS嫌気が差して疲れてしまった人たちの受け皿としても注目されている理由の1つでもありますね。

何も分からない状態から始めても、数ヶ月でフォロワーを500名~1,000名と増やすことも可能だし、投稿を継続するためのモチベーションアップになる仕掛けを、note運営側が様々な形で用意しているので途中で挫折しないでアカウントを育てることが出来るんですね。

とは言っても闇雲に取り組んでは、せっかくのチャンスを棒に振ってしまいかねないので、初期段階からきちんとnoteの取り組み方を学び、効率良く効果的なアカウント運用を目指す必要があります。

そういう点では、noteを始める時点で案内役になるコンテンツと出会えるかどうかが、noteでのマネタイズを実現するための鍵と言えるのではないでしょうか。

Sponsored Links




さて、そういうことでこれから紹介する記事は、実際にアカウントを運用してきた中で、実証済みのノウハウとハウツーをnoteマネタイズの攻略法としてまとめたものを、noteマネタイズとその目的に沿ったアカウント育成に焦点を当てた記事コンテンツを、特化型アカウントにまとめたものになっています。

noteを始めるに際してまず最初にやらなければいけないのがアカウント設定とマイページ設定ですが、この記事ではアカウント&マイページ設定の注意点や見逃してはいけないことなどを前半でお伝えしています。

後半部分では、私のnote運用経験から導き出した独自のアカウント運用戦略を具体的にお伝えする内容になりました。

追記と補足により、このコンテンツの全体文字数は1万5千文字を超えてしまいましたが、初期段階の方から伸び悩んでおられる方々の手助けになると確信しております。(^_^)b

あなたがご自分のnote生活を新しくスタートする手始めに、noteアカウントの運用をスムーズにできるように分かりやすく解説してあります。

noteのアカウントを育てるには、何よりもnoteの投稿を続けることが大事なポイントになってきます。

良く目にする、毎日更新・連続投稿・毎日投稿という単語で、多くの人が心がけていることでもありますが、毎日更新を継続することが初期段階のアカウントでは特に重要だと考えているんですね。(^_^)b

noteを楽しく継続するための秘訣は、単に記事投稿を毎日繰り返すだけでなく、投稿した自分の記事へのスキやコメントといった、読者のリアクションも大きな励みになってきます。

またnote運営側からも頻繁にお知らせが通知されてきますが、このポップアップ表示もnote継続のモチベーションアップになりますので、読者やnoteからのリアクションを楽しみながら自分のアカウントを育てるといいですね。

それでは早速、解説に入りたいと思います。

まずはnoteを始めるにあたって、アカウント設定と同時に行う作業のマイページの設定も行う必要がありますので、マイページ設定についてはこちらの記事から読むことができますので、参考にしてください。

超解やらぽんnote運用講座【スタートアップ編】
アカウント&マイページ設定と独自の運用戦略!

 

■最近の投稿記事がこちら!
ハロウィンの起源や由来を子供にわかるように簡単に説明するとしたら?

Sponsored Links




 

関連記事

  1. 仮想通貨トレードで素人サラリーマンが確実に稼ぐ今後の狙い目はこれ!

  2. 井上尚弥がWBSS優勝で獲得した賞金は何億?賞金総額も巨額だったからね…

  3. 50代から筋トレを始める男性・女性にオススメの効果的トレーニングとは!…

  4. 甲子園で優勝したことない都道府県がこんなに!今年可能性があるのは石川代…

  5. サッカー移籍情報!サガン鳥栖権田修一や柏レイソル伊東純也が移籍決定!

  6. 創志学園高校の野球部メンバーも凄いがこれにも驚き!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP