未分類

ウイルスと細菌の違いとは?子どもと一緒に楽しく勉強しよう!

新型コロナウイルスの勢いが止まらない令和2年。

近頃のニュースはほぼこの話題で占められていますね…。

春の日差しが優しいこの時期に、外出を自粛しなければならない日々が来るなんて想像すらしていませんでしたね。

そんな中ふと思ったこと。

ウイルスと細菌の違い…しっかり説明できますか?

今回は、何となく知ってる!から、簡単にだったら知ってる!くらいのレベルアップ度を目指して、簡単にご紹介したいと思います。

比較してみよう!ウイルスと細菌はこんなに違う!

ウイルスといえば、今回猛威を振るっている新型コロナウイルスをはじめ、インフルエンザウイルスやノロウイルスなどがありますね。

一方、細菌でメジャーどころといえば、お腹に優しいビフィズス菌や0157などの大腸菌が思い浮かびます。

しかしどちらも普段の生活の中で目に見えるモノではないため、感覚的には“人の体で悪さをする極小なモノ達(たまにいい子もいる!)”といった具合でしょうか笑

ウイルスと細菌、この二つの主な違いは、「大きさ」と「増え方」にあります。

まずは「大きさ」の違い。

ウイルスは数十~数百㎚(ナノメートル)で、細菌は一㎛(マイクロメートル)前後なのだとか!

いや…、なのだとか!とかいわれても、普段聞きなれていない単語で説明されても全然ピンとこないでしょ!とお叱りを受けそうなのでやり直し。

ウイルスは0.00001~0.0001㎜(ミリメートル)で、細菌はその10~100倍大きい0.001~0.01㎜なのだとか!

単位を揃えてみましたが、極小過ぎて正直やっぱりピンときませんね…ゴメンナサイ。

とりあえず、ウイルスより細菌の方が断然大きい!

よってウイルスを観察しようと思ったら、研究所などにある電子顕微鏡を使わなければなりません。

一方細菌はというと、モノにもよりますが、小学校の理科室にあるような光学顕微鏡で観察可能です。

ちなみに今話題の新型コロナウイルスの大きさは、0.00005~0.0002㎜だそうですよ。

こんな小さなモノが現在世界中を恐怖に陥れているとは…。

信じられません。

次に「増え方」の違い。

ウイルスは自分単独で増えることはできませんが、細菌は自分自身を分裂させて増えることができます。

もう少し詳しく、かつ簡単に説明すると…

ウイルスは人や動物などの体内に入ると、まずは栄養がたっぷりと蓄えられている細胞(人や動物を構成している細胞)に侵入します。

次に乗っ取った細胞を工場化し、自分自身の設計図をセットしてガンガン量産していきます。

出来上がったウイルス達は工場を飛び出し、新たな乗っ取り先(まだ工場化されていない細胞)を目指し進撃を開始する…といった感じです。

一方細菌はというと、こちらは生物が成長していく過程とよく似ており、自分自身を細胞分裂させることで増えていきます。

1個(自分自身)が分裂して2個へ、その2個がさらに分裂して4個…といった具合ですね。

なんとな~く、イメージできましたでしょか笑?

こう比べてみると、ウイルスも細菌もまるで意思を持った生き物のようですね!

意思の有無はともかく、細菌は生物に分類されますが、ウイルスについては偉い専門家の中でも意見が分かれているようですよ!

他の細胞を乗っ取る形でしか繁殖できないウイルスは生物か否か?といったところが論点になっているそうです。

ウイルスや細菌が原因で病気になっちゃった!どんな薬が有効なの?

ではもし、これらウイルスや細菌によってあなたの体調が悪くなったとします。

その時あなたはどうしますか?

もちろん自力で治りそうにないならば病院を受診、場合によっては薬を処方してもらったりしますよね!

風邪をひいたら病院で抗生物質を出してもらえばすぐ治る!なんて話を聞いたことがありますが、それは大きな間違い!

なぜならば、その風邪がウイルスによるものなのか、はたまた細菌によるものなのかによって効果のある薬の種類が全く違うからです。

一般的にウイルスに対抗するための薬は「抗ウイルス薬」、細菌に対抗するための薬は「抗菌薬(抗生物質)」と呼ばれているものですね。

それゆえ、例えばインフルエンザにかかったときにいくら抗菌薬を飲んだって効き目ゼロです。

なぜならばインフルエンザはウイルスだから!

ただ、ウイルス感染によって弱った体がさらに細菌に感染し、別の病を同時期に併発…またはその逆も然り…なんてこともよくあることなので、処方の組み合わせは色々だとは思います。

ここで「抗ウイルス薬」と「抗菌薬」、それぞれどのように敵(ウイルスや細菌)にアプローチしていくのかを簡単にご紹介!

まずは「抗ウイルス薬」から。

ウイルスの増え方は先程ご紹介しましたよね!

抗ウイルス薬は、ウイルスが自分を量産するその過程を妨害するタイプと、人が持つ免疫システムに介入するタイプがあります。

つまり、ウイルス生産工場の生産ラインを破壊して業務を妨害していく、または既に戦いを始めている免疫さん達を助太刀する、といった感じでしょうか笑?

なるほど!

ウイルス自身を直接攻撃するわけではないのですね!

生産ラインを破壊していくタイプの抗ウイルス薬は、その中でもさらに細かく分類され、①ウイルスが自分の設計図をセットするところを妨害する物、➁製造ラインそのものを妨害する物、➂量産されたウイルスの出荷を妨害する物、の3種類あるみたいですよ!

今、新型コロナウイルスに効くかも?と話題になっている「アビガン」という薬は、➁の製造ラインそのものを妨害する物、つまり自分のコピーを作らせないような働きを持つ薬のようです。

一方「抗菌薬」はというと…

こちらはシンプルに細菌に対して直接攻撃を行います。

多くの細菌は細胞壁という壁で覆われた姿をしているのですが、この壁を破壊することで細菌を退治することができます。

また、中には細胞壁を持たない細菌なども存在するため、細胞分裂をするときに必要な栄養を作らせない、といった戦法を取る抗菌薬もあります。

一口に「薬」といっても、その種類やアプローチ方法など様々で、ちょっと面白いですね!

コロナで外出自粛すべきかの判断は?

コロナ騒ぎの外出自粛で悩んでいる人が多いようですね?

そんなときに役に立つ情報を探していたら、noteの記事で見つけました。
noteは今大人気のSNSですがご存じでしょうか?

いまやfacebookを抜いて、Twitterのユーザー数も抜きそうな勢いのSNSなんですが、アクティブユーザー数がなんと4,400万人を超えたそうですよ。

そのnoteで見つけた記事です。

不要不急の外出自粛で外出してよいのか悪いのか判断に迷った時の解釈はこれを参考に

まとめ

いかがでしたでしょうか?

「ウイルスと細菌」、「抗ウイルス薬と抗菌薬」、それぞれの特徴とその働きを知ることで、極小の世界で繰り広げられる事柄をほんの少し垣間見えたような気がします。

新型コロナウイルスの猛威にさらされている現在…。

早く敵の真の姿を捉え、人類が対抗する術を持てることを切に願ってやみません。

コロナ騒ぎで収入が激減した人たちが学び始めた在宅ワークのノウハウはこちらからも読めます。

在宅ワークで300万円稼ぐ資産構築法!経験をお金に換えるコンテンツライターの稼ぎ方、シンプルステップノウハウ!

ご紹介したnoteの作者はこちらの方です。

やらぽん@のほほんメンタリスト(護身術研究家)

設定 空手杖術のハイブリッド進化系護身術健康法、Webビジネスを実践研究。窮地・崖っぷちには強い。人生100年時代の基盤となる護身健康法、Web活用の稼ぎ方、処世の知恵・知見を発信。人生好転の幸楽思考/のほほんと幸婚生活/筋トレ/ダイエット/ボディチューニング/杖術拳法/Webビジネス

関連記事

  1. 火星大接近の影響は?時間はいつが見えやすいの?

  2. 大坂なおみベスト8全米オープン準決勝キーズ・スアレスとの対戦成績は?

  3. 日焼け止めつける順番はどうするのが効果的?

  4. ベルギー代表が強すぎる!でも守備に穴があるとの声が…

  5. 透明飲料の添加物は?いったいどんな原理なの?「体に悪そう」「水と間違え…

  6. プチプラの意味は?事例もたくさんあげてみたよ!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP