ちょ待てよ!気になる話題

検察側の罪人の原作の感想まとめ!主演この2人ってどーなるの!?

木村拓哉さん二宮和也さん主演の映画「検察側の罪人」
2018年8月24日に公開されます。

実はこの映画は原作があります。
小説「検察側の罪人」の実写化作品なんです。

原作がある映画って、感想を調べると結構賛否両論ありますよね。

検察側の罪人の原作と映画はどうなんでしょうか。
今から楽しみですが、映画公開前に原作の感想など色々調べてみました。

Sponsored Links




検察側の罪人が映画化!原作は?

検察側の罪人の原作は、一体どんな内容なのでしょうか。
ネタバレしない程度にあらすじをみてみました。

ある殺人事件を巡り、2人の検事の対立を描くミステリー小説です。

都内で発生した殺人事件。犯人は不明。
事件を担当する検察官は、東京地検刑事部のエリート検事・最上と、刑事部に配属されてきた駆け出しの検事・沖野。

エリート検事・最上が木村拓哉さんで、駆け出しの検事が二宮和也さんですね。

キムタクとニノ、初めての共演なんですね!

最上は複数いる容疑者の中から、一人の男に狙いを定め、執拗に追い詰めていく。
その男・松倉は、過去に時効を迎えてしまった未解決殺人事件の最重要容疑者であった人物だ。
最上を師と仰ぐ沖野は、容疑者に自白させるべく取り調べに力を入れるのだが、松倉は犯行を否認し続け、一向に手応えが得られない。
やがて沖野は、最上の捜査方針に疑問を持ち始める…。
「最上さんは、松倉を、犯人に仕立て上げようとしているのではないか…?」
互いの正義をかけて対立する2人の検事。彼らの戦いに、待受けていた決着とは――。

検察側の罪人は、雫井脩介さんによる小説なんですが、雫井さんのミステリーの最高傑作と評されている作品だそうです。

そんな作品に、キムタクとニノという豪華キャスト、しかも他にも吉高由里子さん、八嶋智人さんなどなど実力派の俳優さんが勢ぞろいしています。

内容もキャストも本当に楽しみな映画です!

早く見たいです!

Sponsored Links




原作の感想をまとめ

雫井さんの小説、どれも好きです。新刊がでるのをいつも楽しみにしています。
日本語として、見出しがおかしいのは分かっているが、そう言いたいだけの力作であり、雫井修介作品としてトップクラスである。
とにかく一気に読めました、さすが雫井さん、読ませますね~。
映画化ということで読んでみた。HEROシリーズとは違いリアルな検察を舞台に展開するサスペンス。検事の犯罪シーンが素人くさいが全体的にキャラクターやストーリーがわかりやすく映像化しやすい内容。
読み応え十分です
だいぶ分厚い小説なのでゆっくり読み進めようと思っていたのに、気付けば一気読みしていました。
『火の粉』や『犯人に告ぐ』も面白かったが、この作品が現時点での雫井脩介の最高峰ではないだろうか。
マンガですね。厳しいことを言いますが。ストーリーの設定に無理がありすぎる。
あの程度の計画でバレないって思ったのかな?途中まで面白かったけど、ダレちゃうのがこの作者の特徴だね。
検察側の人間が一線を越えてしまうまでの伏線は色々と描かれていても、共感はできないし、すっきりしない。「それはないでしょう」という気持ちの方が上回ってしまう。
感情移入してしまいました。
なんともやるせない感じですね。自分だったらどうするか?考えさせられました。非常に面白かったです。
面白い一級のサスペンス小説だ、予想できる展開だが、ページをめくる手が止まらない。

出典:https://www.amazon.co.jp/

原作の感想、皆さん様々ですね。
ミステリーファンの厳しい目も注目するところです。

Sponsored Links




検察側の罪人映画化に期待する3つのポイント

検察側の罪人、原作の感想をみても本当に色々な意見がありますが、それが映画になるとまた違う楽しみもありますよね。

ポイントとしては

1.キムタクとニノの演技対決

キムタクは、どんなドラマや映画に出ても「キムタク」だといわれる事が多い、キャラクターが確立している方です。
ニノは、舞台なども含め演技がうまいと評価されている方です。

そんな二人が上司と部下という関係で正義について対決する。
どんな演技を二人が見せてくれるのか、本当に楽しみです。

2.原作と同じクオリティー
評価の高い検察側の罪人の原作ですから、その世界観や表現が映画でどこまでできるのかが、やはり注目のポイントでしょう。
先に小説を読んで、原作がよかったから映画をみたというケース、実は私多いのですが・・・。
原作の方が面白かったとか、なんか違うと思う事も多いんです。
勿論原作を上回るケースもあるので、それを期待したいですね。

3.結末
検察側の罪人の原作、結末が賛否両論あるんです。
スッキリしない後味の悪さもあり、でもそれが何かのメッセージを感じさせるような結末となっています。

原作と映画って、内容が若干変わったりすることもありますので、この深い内容の原作の結末がどう描かれるのか。
それを期待したいと思っています。

見たくなってきちゃったよー

まとめ

検察側の罪人、原作の感想など色々みてみましたが、いかがでしたでしょうか?
原作を読んでから映画を見に行く方、原作を読まずに映画を見に行く方、それぞれいるでしょう。
単純なミステリー小説ではない、深い内容の原作ですので、映画公開が本当に楽しみです。

Sponsored Links




関連記事

  1. みやぞんの24時間マラソンがトライアスロンの理由がすごすぎた

  2. フランスW杯優勝の海外の反応まとめ「グリーズマンダイブ名演技」「アフリ…

  3. イングランドvsスェーデンの海外の反応まとめ「すべてピックフォードが守…

  4. エムバペの遅延行為にドン引き?時間稼ぎとの違い・意味は?

  5. イニエスタの生中継を無料でネットで見る方法!魔術師を目撃せよ!

  6. 井上尚弥がWBSSで優勝したら賞金は何億?賞金総額も巨額だから?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP