サッカー

スカンダラスとはどんな意味?ハリルホジッチ監督激怒!

サッカー日本代表監督を電撃解任されたハリルホジッチ監督が、フランスでの日本のメディアのインタビューに、
激怒して「スカンダラス」と答えたと伝えられた。どんな意味なのでしょう。

Sponsored Links




ハリルホジッチ監督が激怒して発したスカンダラスの意味は?

記事(日刊スポーツ)は、家を車で出たところで、現在の率直な気持ちは?の問いに、
「スカンダラス(けしからん)」。さらには「もうすぐ日本に行くよ。そこで(真実を)話すつもりだ」
さらにしつこく食い下がると「セ・ラ・オント(恥だ)」と語気を強めたとあります。

その後もハリルホジッチ氏の怒りは収まらず、別の報道では、田嶋会長が7日(日本時間8日)にパリ市内のホテルで面会し、
報酬支払いに関する事項も盛り込まれた契約書を渡そうとした際にも、これを拒否したとのことです。

また、ハリルホジッチ氏が日本に来てき記者会見を開くと述べており、さらに協会に対して、訴訟の準備をしているとの海外の報道もなされています。
簡単には収まらず、泥沼化しそうな様相を呈しています。

「スカンダラス」はボスニア語で「けしからん」?

ハリルホジッチ監督は、ボスニア・ヘルツェゴビナ出身の65歳。怒りの感情で思わず母国語のボスニア語が出たと思えます。

但し、ボスニア語の、「けしからん」にスカンダラスはないようです。
この発音に近いのは、ボスニア語でSkandalozno(英語のScandalous)でいわゆるスキャンダル、醜聞となります。
但し、これも発音の最後は「ノ」に聞こえます。

次に発した「セ・ラ・オント」は恐らくフランス語のC’est la honte(恥だ)と思われます。

この状況を考えますと、思わず母国語で発したSkandalozno またはSkandal「醜聞、恥」を、
続いてフランス語で補ったと考えるのが一番妥当ではないかと思われます。

ボスニア語のSkandalozno かSkandal を記者か、フランス人の通訳がフランス語Scandaleux と勘違いしたのかもしれません。

次に、日本サッカー協会による監督の電撃的な解任とハリルホジッチ監督の怒りについてのコメントをまとめました。

Sponsored Links




ハリルホジッチ監督激怒へのネットの評価


*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

解任賛成と監督擁護などたくさんの意見が戦わされていますが、なぜこの時期にという疑問が最も大きそうで、
その点監督の怒りももっともだというところだと思います。

まとめ

ワールドカップ2か月前での電撃的な解任、監督交代が、日本サッカーにとって吉とでるか凶とでるかは、
西野新監督の手腕ととともに、これまで結果を出せなかった責任の一端を担う各選手の奮起にかかっています。

チームとして一つの目標に向かって結束して行けるのか今後の二カ月をはらはらしながら見守ってゆきたいと思います。

Sponsored Links




関連記事

  1. ベルギーvsフランスの予想と対戦成績は?「実質決勝戦」「オッズは仏」

  2. エムバペの遅延行為にドン引き?時間稼ぎとの違い・意味は?

  3. ベルギーvs日本戦の海外の反応!「ベルギーは負けを覚悟した」「日本は世…

  4. コロンビア戦に勝利の要因は?海外の反応「日本代表信じられん!」「ファル…

  5. 西野朗新監督の評判や戦術は?サッカー日本代表新監督に疑問の声も

  6. イニエスタ神戸移籍32億に対する海外の反応「Jリーガートップ30の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP