五輪・W杯・選手権大会

ヘンプヒル恵選手アジア大会陸上女子7種競技でメダル獲得か?

アジア大会ジャカルタ2018陸上女子7種競技で、2017アジア大会で銀メダルに輝いた
ヘンプヒル恵(メグ)選手が、メダル獲得を目指して上位に食い込む活躍を見せました。

日本国内でもあまり知られていない、女子7種競技ですがこの競技のトップアスリートである
ヘンプヒル恵選手のプロフィールと戦績などをまとめました。

Sponsored Links




ヘンプヒル恵選手が2017年に銀メダルを獲得した7種競技とは?

ヘンプヒル恵選手が挑戦する陸上女子7種競技とは、2日間にわたって7種目の競技を競い
成績ごとに換算したポイントの合計点で順位を決める競技です。
男子は10種目で競いますが、女子の場合は7種目でメダルを競うことになります。

種目の内容や距離などが男子と女子では異なっており、女子の種目は
100mハードル、走り高跳び、砲丸投げ、200m、走り幅跳び、やり投げ、800mの合計7種目を
2日間で競う混成種目の競技です。

10種競技をデカスロンと言うのに対して7種競技はヘプタスロン(Heptathlon)と言うそうです。
この7種競技で2017年のアジア大会で2位に入り銀メダルを獲得した、ヘンプヒル恵選手は
高校生の歴代記録1位の実績や、日本歴代でも2004年の中田有紀(さかえクリニック所属)の
5962点に次いで5907点で2位にランクインしています。

2017年7月に行われたアジア大会ブバネーシュワル(インド)では
5883点で2位の銀メダルを獲得。日本国内では負け知らずの日本選手権3連覇でしたが
2018年4月のTOKYO Combined Events Meet 2018(東京混成)では5441点の3位に甘んじて
本大会での4連覇を逃しましたが、昨年8月のケガからの復活であり3位入賞は期待がもてますね。

練習中にハードルジャンプで左ヒザの前十字靭帯断裂、内側半月板損傷という重症を負い
長いリハビリ期間にもかかわらず、3位入賞という実績は復活への期待を高めました。
■アジア大会ジャカルタ2018の女子陸上7種競技の競技日程
(日本時間)
28日午前11時00~100メートルハードル
    12時30~走り高跳び
    20時45~砲丸投げ
    22時45~200メートル
29日午前11時00~走り幅跳び
    20時45~やり投げ
    22時45~800メートル

ヘンプヒル恵選手のアジア大会ジャカルタでのメダル獲得は?

2017年8月の大ケガがなければ、アジア大会ジャカルタでも自己の記録更新とともに
メダルへの期待が確実視されたでしょうが、なにしろ大ケガからの復活後ですので
どこまで戻ってきたかがメダルに届くかどうかの目安になるのですが・・・。

ただ身体能力の高さは、大ケガ後の復活過程を見ても証明されたようなものですので
アジア大会ジャカルタ2018の7種競技でも、期待に応えてくれると信じています。

Sponsored Links




ネットの反応

引用元:Twitter

ヘンプヒル恵選手まとめ

ヘンプヒル恵選手は間違いなく、日本のトップアスリートですが
アジア大会ジャカルタ2018で、日本新記録とともに輝かしいメダルを獲得し
完全復活劇を見せてくれるのではないかと、胸を躍らせています。

キングオブアスリートとも言われる男子の、10種競技に比較しても引けを取らない
クィーンオブアスリート7種競技の息詰まる闘いに目が離せません。

■関連記事

Sponsored Links




関連記事

  1. フランスW杯優勝の海外の反応まとめ「グリーズマンダイブ名演技」「アフリ…

  2. ベルギーvsフランスの予想と対戦成績は?「実質決勝戦」「オッズは仏」

  3. エムバペの遅延行為にドン引き?時間稼ぎとの違い・意味は?

  4. イサンファ選手の記録を小平奈緒選手と比較してみた結果!

  5. 阿部一二三と妹詩が1本勝ち金メダル獲得で東京五輪も兄妹ダブル金!

  6. イングランド対クロアチアの予想と対戦成績まとめ!「クロアチアは満身創痍…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP