ベースボール

侍ジャパンU-18代表メンバーに吉田・根尾・柿木ら優勝・準優勝組が!

第100回夏の甲子園大会が大阪桐蔭による、史上初となる2度目の春夏連覇達成
幕を閉じた8月21日に「侍ジャパンU-18代表メンバー」が発表されました。

野球日本代表「侍ジャパン」オフィシャルサイトにおいて甲子園大会決勝の日に
日本野球協議会が発表したメンバーは、「第12回BFA U-18アジア選手権」に出場する18名。

2018夏の第100回記念の甲子園では、連日熱戦が繰り広げられU-18候補となっていた選手らが
守備・打撃・走塁に熱い投手戦と、大いに甲子園球場を沸かせてくれました。

夏の甲子園大会試合日程をすべて終了し、出場したメンバーの中から
2018侍ジャパンU-18日本代表に選出された18名の選手たちのうち、【投手編】を紹介します。

Sponsored Links




侍ジャパンU-18代表メンバーに選出された18名は?

宮崎県において、9月3日(月)~9月9日(日)の日程で開催される
第12回 BFA U18アジア選手権」に出場する侍ジャパンU-18代表メンバー18名が決定しました。

2018侍ジャパンU-18代表メンバーは、8月28日(火)に侍ジャパン大学代表と壮行試合ののち
9月3日(月)18:00からU-18アジア選手権大会初戦を、香港と対戦することになります。

侍ジャパンU-18代表メンバー侍ジャパン大学代表との壮行試合は、明治神宮野球場において
8月28日(火)17:45からとなっています。(15:50会場予定/雨天中止)

壮行試合での大会ルールは、
試合形式DH制あり、コールドゲームなし、延長なし、両チームともに木製バット使用、のルール。
大学日本代表(1塁側・ホーム)対高校日本代表(3塁側・ビジター)

U-18日本代表出場メンバー

投手
背番号 選手名 学校名 学年 投打
11 柿木 蓮 大阪桐蔭 3年 右投右打
13 板川 佳矢 横浜 3年 左投左打
14 渡邉 勇太朗 浦和学院 3年 右投右打
15 野尻 幸輝 木更津総合 3年 右投左打
16 吉田 輝星 金足農 3年 右投右打
18 市川 悠太 明徳義塾 3年 右投右打
19 山田 龍聖 高岡商 3年 左投左打
17 奥川 恭伸 星稜 2年 右投右打
捕手
背番号 選手名 学校名 学年 投打
10 小泉 航平 大阪桐蔭 3年 右投右打
22 根来 龍真 常葉大菊川 3年 右投左打
内野手
背番号 選手名 学校名 学年 投打
1 中川 卓也 大阪桐蔭 3年 右投左打
2 日置 航 日大三 3年 右投右打
5 根尾 昂 大阪桐蔭 3年 右投左打
7 小園 海斗 報徳学園 3年 右投左打
8 奈良間 大己 常葉大菊川 3年 右投右打
外野手
背番号 選手名 学校名 学年 投打
21 蛭間 拓哉 浦和学院 3年 左投左打
24 峯 圭汰 創成館 3年 右投右打
28 藤原 恭大 大阪桐蔭 3年 左投左打

代表チームスタッフ

氏名 所属
監督 永田 裕治 公益財団法人日本高等学校野球連盟 技術・振興委員会委員
ヘッドコーチ 仲井 宗基 八戸学院光星高等学校 野球部監督
コーチ 平川 敦 北海高等学校 野球部監督
コーチ 小針 崇宏 作新学院高等学校 野球部監督

侍ジャパンU-18代表メンバー投手の選出理由とは?

■2018侍ジャパンU-18代表メンバーの選出理由を、選手ごとにまとめてみました。

まずは「投手」から背番号順に敬称略で。

★背番号「11」柿木蓮(大阪桐蔭)
大阪桐蔭高校のエースナンバーを背負い、昨年夏の甲子園では仙台育英高校と
3回戦で対戦しサヨナラ負けを喫したものの、粘りのある投球でインパクトを与えた。

強豪であり名門でもある大阪桐蔭高校のエースにふさわしいスピリットを受け継いだ
本格派右腕を見込まれての代表選出か。

★背番号「13」板川佳矢(横浜)
名門横浜高校で1年生の秋からエースを任された左腕投手の板川佳矢選手は
なんといっても制球力が持ち味。2年先輩である藤平尚真(現・楽天球団)の後釜に
1年の秋からエースとして活躍。

ストレートの最速は135キロと、さほど速い球ではないものの
カーブやスライダーを織り交ぜての制球力ある投球が武器。

★背番号「14」渡邊勇太朗(浦和学院)
渡邊勇太朗選手の武器は190㎝の長身から投げ下ろす最速150キロ近いストレートと
スライダー。その投球フォームはエンゼルスで活躍する大谷翔平選手を彷彿とさせる。

潜在能力の高さでは2018 U-18代表メンバーの中でもトップレベルの評価。
夏の大会試合中にも高校初完封を記録するなど、成長しつつあることを印象づける投球で
ここぞと言うときのピンチに力を発揮する投球を評価。

★背番号「15」野尻幸輝(木更津総合)
178㎝・78キロのどっしりとした体格で、投手としても3塁手としても起用できるうえに
破壊力抜群の打撃は下半身をしっかり使って打てる、鋭いスイングが持ち味の二刀流。

内野手(3塁手)が本業だが、どっしりとした威圧感ある打者姿同様に、投手としても
その才能を秘めており、伸びのある143キロのストレートが武器。二刀流を評価。

★背番号「16」吉田輝星(金足農業)
金足農業の吉田輝星選手の持ち味は、重くて伸びのあるストレート。最速で150キロの
速球は打者の手前で浮き上がるようにホップする伸びのあるストレート。
変化球を織り交ぜながらテンポ良く投げ込む速球に威力があり三振のとれる投球。

またけん制技術の高さやフィールディングの良さはレベルの高い野球センスを感じさせ
PL学園からプロ野球に進み巨人軍で活躍した往年の名投手、桑田真澄さんを彷彿とさせる。
一人で投げ抜く完投力の高さと、ホップする伸びのある150キロの奪三振速球を評価。

★背番号「17」奥川恭伸(星稜)
最速147キロの速球を武器にする星稜のエース奥川恭伸選手は、2年生ながら183㎝の長身と
82キロの恵まれた体格からチェンジアップやスライダー、フォークなど多彩な変化球を
速球に織り交ぜての投球で、投手としても成長過程にあり将来性を秘めている。

1年春からベンチ入りして2018春のセンバツでは、星稜高校のベスト8入りに投打で活躍。
多彩な球種と投打に起用できること、来年を見越した経験とその後の将来性を評価。

★背番号「18」市川悠太(明徳義塾)
184㎝の長身から繰り出す最速149キロのストレートと、チェンジアップ・スライダーに
スプリット・ツーシームを組み合わせての投球が持ち味。高知県大会では高知商打線相手に
敗退するもサイドから投げ込む内角への胸元をえぐるような、強気の速球は打者泣かせでもある。

制球力向上のために投球フォームをサイドに転向し、明徳義塾史上ナンバーワン投手と評価。
2017年秋からの公式戦すべてを一人で投げ抜いた完投力の高さと制球力も評価。

★背番号「19」山田龍聖(高岡商)
制球力にはやや不安が残るものの最速148キロのストレートを武器にする本格派サウスポー。
2018夏の甲子園では1回戦の佐賀商相手に7回を投げ1失点に抑え、3回戦の大阪桐蔭戦では
敗れたものの爆発的な攻撃力を誇る大阪桐蔭打線を封じ込め、11奪三振の3失点のみと好投。

夏の甲子園で奪ったストレートでの空振り球数が、1回戦13球・2回戦13球・3回戦9球と
3回戦までで合計35球。これは2012年の藤波晋太郎に並ぶ記録で、この直球力を評価。

Sponsored Links




侍ジャパンU-18代表ネットの反応


引用元:Twitter

侍ジャパンU-18代表まとめ

夏の甲子園で熱戦が繰り広げられ、今年の夏は金足農業の「カナノウ旋風」が吹き荒れ
一躍ローカルが脚光を浴びた第100回の記念大会でしたね。

なかでも公立高校として8校が出場し、そのうちの秋田代表・金足農業の快進撃は
全国の高校野球ファンを沸かせたばかりか、普段はあまり甲子園になじみのない層にまで
一気に甲子園の熱気をまき散らした感がありました。

そんな甲子園の熱気さめやらぬうちに、侍ジャパンU-18代表メンバーが発表されました。
代表に選出されたメンバー表を眺めると、どの顔も納得させられる実力と実績の主たち。

勝手な独断で選出された理由を推し量りつつ記事にしましたが、不正確な情報や
データの誤りがあればお許しください。

まずは投手編ということでお届けします。

■関連記事

Sponsored Links




関連記事

  1. 結城海斗の中学時代の凄さとは?「前例がない」「怪我が心配」

  2. 2018夏の甲子園優勝への勝敗予想と結果は?

  3. 前橋育英野球部メンバーの出身中学と注目選手は?

  4. 日大三高野球部メンバーの出身中学と逆転勝ちの強さとは?

  5. 夏の甲子園2018優勝校予想のまとめのまとめをした結果!

  6. 木更津総合野球部メンバーの出身中学と強さの秘密とは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP