ちょ待てよ!気になる話題

赤ちゃんの日焼け止めは必要?使うならいつから使用していいの?

デリケートな赤ちゃんの肌に日焼け止めって必要なの?
ママにとっては大事な我が子の、ヤワヤワなお肌に与える紫外線のダメージって、とても気になりますよね?

でも、赤ちゃんの日焼け止めって、いったいどんなことに注意して選べば良いのか、どんなものを使えばいいのか分からずに困っている人も多いのでは?

そもそも赤ちゃんに日焼け止めって、使っちゃっていいの!?

今回はそんな疑問をスッキリさせたいと思います。

Sponsored Links




赤ちゃん用の日焼け止めは必要なの?

まず、赤ちゃん用の日焼け止めは必要なのか、必要だとしたらいつ頃から使用できるのか?
そのことからお伝えしますね?

赤ちゃんにとって紫外線のダメージは大人以上に大きいそうです。
なので赤ちゃんにも日焼け止め対策は必要と言うことですね?

では赤ちゃん用の日焼け止めって、いったい何ヶ月頃から使用できるのでしょうか?
結論からお伝えすると、赤ちゃんのお肌の薄さやデリケートさを考慮すると、生後間もない頃は控えたほうが良いようですね?
目安で言えば、ある程度お肌が環境に慣れてくる4ヶ月目以降から、外出時の紫外線対策として日焼け止めを使っても良さそうですね。

もちろん生後すぐの、0ヶ月から使用可能だと謳っている日焼け止販売されてはいますが、紫外線対策をしてまで外出するより、なるだけ紫外線に触れさせない養育が大事かも知れません。
3・4ヶ月過ぎてからの日焼け止めには、ブランドも知られており人気もあるアイテムとして、ALOBABYの「UV&Outdoor Mist」という日焼け止めが販売されていますね。

こちらはN&O Lifeが販売している商品で、新生児、つまり0ヶ月から使用可能となっています。
100%天然由来成分で作られているオーガニックの日焼け止めで、その人気の秘密が、なんと虫よけ効果もあるからなんですね!
1本で日焼け止めと虫除けの2つの効果が、同時に得られるという最強なアイテムなのですね。

しかもこの日焼け止め、ミストタイプなので動きが激しくなってきた赤ちゃんにも、シュッと一吹きした後、軽く伸ばしてあげるだけで日焼け止めのケアが完了できてしまう優れものアイテムですよ!

ただし、お顔に使用するときは目に入ってしまわないように、いったんママの手にプッシュしてから優しくお顔に塗ってあげれば、目や口に入る心配もありませんね。
また使ったあとも白浮きすることも無く、お湯で簡単に洗い流せる手軽さもアイドルママやモデルママたちにも人気を呼んでいる秘密のひとつ。

オーガニックのベビースキンケアアイテムといえば、海外製品も多く出回っていますが、海外のものはどうしても香りが強すぎるものが多くて、デリケートな赤ちゃんには刺激が強いのではと、心配しがちです。
その点、ALOBABYの「UV&Outdoor Mist」という日焼け止めは、「やさしい香り」「天然由来」「無添加」「純国産」等にこだわり、日本のママと赤ちゃんが安心して使えるように開発された商品ですので、Amazonや楽天で売上NO.1の実績があるというのも、たしかにうなずけますよね?

他には太陽油脂株式会社が販売しているpax babyの「UVクリーム」、有限会社リクエストのマイサニールームボタニカルズ「ディープモイスチャー UVローション」などが新生児からでも使用可能を謳っています。

どちらのメーカーも、低刺激でお肌に優しいベビー用スキンケア商品を多く展開している会社なため、技術面や信頼度は高いといえるのではないでしょうか?

上記に挙げた3つの赤ちゃん用日焼け止めは、取り扱い店舗があまり多くないようですので、インターネットによる通信販売での購入がオススメですね。

赤ちゃん用品店やドラッグストアで販売されているベビー用日焼け止めの多くは、生後3か月~というものが多いようですが、赤ちゃんが成長するに従って使用できる日焼け止めの種類や幅は、グッと広がってきますので成長に合わせて選んでみて下さいね?

日焼け止めの強さやテクスチャーなど、用途に応じて使い分けが出来るよう、何種類か購入してみるのも良いかもしれません。

ここで注意したいのが、ちゃんと「ベビー用」「子供用」と記載がある日焼け止めを選ぶことです。
SPFやPAの数値が同じだからといって、大人用とベビー用(子供用)では、使われている成分が全く異なってきます。
大人用日焼け止めを赤ちゃんに使用してしまうと、お肌への刺激が強すぎて逆に赤ちゃんのお肌に負担がかかり、お肌トラブルの原因になってしまうこともあるのですね。

購入する際はしっかりと確認した上で選んであげて下さいね!
また日焼け止めを選ぶ上で、簡単に落とせるのか、という点も重要なポイントです。

せっかく赤ちゃんの肌に優しい物を選んでも、落とすときにゴシゴシ擦らなければ落ちない様では、結局お肌を痛める原因になってしまいますよね?
なるべくお湯、またはベビー用石鹸などで簡単に落とせる日焼け止めが望ましいですよね。

赤ちゃん用日焼け止めの使い方は?

赤ちゃん用の日焼け止めを使うときの、塗り方&落とし方はどうするの?

産まれて間もない赤ちゃんにも使用できる、お肌に優しい日焼け止めがあることはわかりました。
では日焼け止めとして使うときに、主にどこに塗ってあげればよいのでしょうか?

基本は大人と一緒で、手足や顔など、お肌の露出している部分に使えばOKです。
新生児の場合は、おくるみなどに包まれていることが多いために、顔や手先などを重点的に塗ってあげることで日焼け止め対策はじゅうぶんですね。

首が座り抱っこ紐などでお出かけするようになると、手足がペロンと外に出てくるため、手の甲や膝裏、首回りなども忘れずにしっかりと塗ってあげて下さいね!

特にこれからの夏場にかけては、赤ちゃんのお肌が露出している部分が多くなるので、蚊や虫刺され対策も兼ねられるALOBABYの「UV&Outdoor Mist」という日焼け止めがおすすめですね。

ここでちょっと疑問に思うことが!

それは外出中の日焼け止めの塗り直しは、赤ちゃんにも必要なのでしょうか?ということ。

その答えは
「小まめにやってあげて下さい!」

ということでした。

赤ちゃんは大人よりも新陳代謝が活発なために、汗もかきやすいのですよね。
そのために日焼け止めも落ちやすいのです!

使用している日焼け止めの強さや水分への耐久性などにもよりますが、2~3時間以上のお出かけになるようでしたら、1度塗り直してあげることが望ましいようですね。

塗り直しを行う際は、ガーゼなど柔らかい生地の物で優しく汗や汚れをふき取ってから、塗り直すようにしてくださいね?

では、逆に日焼け止めを落としたいときには、どのようにすればよいのでしょうか?
日焼け止めを落とす際は、赤ちゃんの肌を無理に擦ったりせず、使用している日焼け止めに記載されている方法(お湯や石鹸等)で、そっと洗い流してあげて下さい。

お顔などは、ぬるま湯で濡らしたガーゼや海綿などで、優しく拭う様に落としてあげましょう。
石鹸を使う場合はママの手で一度泡立ててから、目や口、鼻などに入らないよう注意しながら、クルクルと円を描くように撫で、その後濡らしたガーゼでそっと泡を拭きとってあげると良いですよ!

しつこいようですが、くれぐれも赤ちゃんのお肌に負担をかけないように、優しく、優しく洗い落として下さいね!

Sponsored Links




赤ちゃんの日焼け止めのまとめ

大人以上にケアしてあげたい赤ちゃんのデリケートなお肌だからこそ、紫外線はしっかりとブロックしてあげたい!
でも日焼け止めによって、赤ちゃんの肌に逆に負担をかけてしまうことも怖い!

そんな親心に寄り添ってくれるベビー用日焼け止めのオススメは、やっぱりALOBABYの「UV&Outdoor Mist」という日焼け止めで決まりでしょうか?
他のアイテムも選び方、使い方さえ間違えなければ心強い味方となってくれそうですね。

赤ちゃんの紫外線対策として、日焼け止めは欠かせないアイテムの一つではありあますが、状況に応じて他のUV対策用グッズも併用していけると、さらに紫外線対策には効果を発揮するかもしれませんね?
ママにとっても大切な赤ちゃんのお肌を守ることは、赤ちゃんが成長してからのキメ細かい肌質を保つことにも繋がりますので、宝ものを扱うように慎重に見守ってあげましょう。

■関連記事

Sponsored Links




関連記事

  1. カメ止め騒動のパクリ疑惑は盗作かオリジナル?どっちが勝つの?

  2. ベルギーvs日本戦の放送時間(日本時間)と予想オッズをまとめてみた

  3. ジョエルロブションのパンのおすすめは?渋谷に行ったら買っておこ~

  4. 大坂なおみパリバオープンは4回戦敗退だったけど世界ランキングは?

  5. 火星大接近の影響は?時間はいつが見えやすいの?

  6. iPhoneバッテリーの寿命を長持ちさせる裏技!無料交換条件と場所は?…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP