ちょ待てよ!気になる話題

日焼け止め効果はスプレータイプとクリームのどっちが効果があるの?

紫外線の強いこれからは日焼けの予防に乙女の柔肌を守るUV盾として、外出時には絶対必須のケアとなる日焼け止めですが、その効果はスプレーやクリーム、ジェル、ローション、パウダーとタイプは様々で、今では豊富な種類が販売されています。

一昔前は日焼け止めと言えば、ミルクタイプの一択一強でしたが、今ではジェルやスプレー、パウダーだけでなく、シートタイプの日焼け止めも販売されていて、どのタイプがより日焼け止めの効果が高いのか、選択するのにも迷ってしまいますよね?

そこでタイプごとの日焼け止めの特長や、使い心地などをまとめましたので日焼け止めの種類の多さにどれを選べば良いのか迷っている方は、ぜひ参考にしてくださいね?

Sponsored Links




日焼け止め効果や時間の長持ちなどタイプ別の特長は?

日焼け止めの効果や日焼け止めの時間がどのくらい長持ちするのか?
また、どのタイプを選べば良いのか迷っている人の判断材料に、日焼け止め効果や日焼け止めのタイプ別の特長などを、市販されているものから紹介してみますね?

日焼け止めは、素材や製品それぞれの長所を活かして、次のタイプに分かれます。
・クリームタイプ
・ミルクタイプ
・ローションタイプ
・ジェルタイプ
・スプレータイプ
・パウダータイプ
・シートタイプ

以上の7つのタイプに大きく分かれますが、それぞれのタイプの特長を
かいつまんでご紹介いたしますね?

クリームタイプ
クリームタイプの日焼け止めは、しっとりとした性格(テクスチャー)の持ち主と言えるでしょう。

クリームタイプの特長は、何といっても保湿性に優れており、日焼け止め効果の持続力も高いので、例えるとしたら包容力に満ち溢れた、お肌を紫外線から守ってくれる、とても頼りになるUV戦士、といったところでしょうか?

クリームタイプは汗や水にも強く、真夏の紫外線もなんのその、しっかりとお肌を守ってくれるUV対策の心強い味方です。

ただしクリームタイプは防御力が高い分、一度お肌に塗ってしまうと中々離れてくれない(落としにくい)という避けがたい性質もあり、少々そこが難点になるかも。

また白浮きしやすく、オイリーで油分も多い為に、お肌質によってはニキビや肌荒れの原因になってしまう可能性も否定できませんね…。

ミルクタイプ
ミルクタイプの日焼け止めは、遥か昔から乙女のお肌をガッチリとガードしてきた歴戦のUV勇者、といった役どころでしょうか?

日焼け止めとして長い間UV前戦で戦ってきただけに、各メーカーからも様々な製品が販売されており、それだけライバルも多いので選びがいがあるタイプとも言えますね。

クリームタイプに比べると、さらっとした性格ながら、汗や水に強い点ではこちらも負けてはいないUV戦力ですね。

また日焼け止め効果のある化粧下地として使用することも可能なので、使い勝手も非常に良いUV戦力です。

ただしちょっとだけ粘着質な性質でもあるために、別れる(落とす)ときはクレンジング等の援軍の力を借りる必要がありそうですね。

ローションタイプ
ローションタイプの日焼け止めは、まるで化粧水の様で軽くてサッパリとした性格が特長の、爽やかUVイケメンという役どころでしょうか?

そのためUV戦力としての防御力を疑われることも多いようですが、なかなか侮れないれっきとした日焼け止め対策のUV戦士であることは、間違いの無いところですね。

使用感としても伸びが良く、さらっと塗ることができることから、塗りムラができにくく使い勝手は抜群のUVエリート戦士。

肌にも優しいため、特に敏感肌の人や幼い子供などからも愛されているタイプ。
ただしその優しさが時として仇になることもあるようで…。

それは、ローションタイプが水や汗に若干弱く、また日焼け止めの持続力も低いために適度な塗り直しが必要になることですね。

日焼け止めとしてのUV防御力も、クリームタイプやミルクタイプと比べると、やや弱いかも。

ジェルタイプ
ジェルタイプの日焼け止めは、ローションタイプよりもこってり、ミルクタイプよりもあっさりとしており、UV戦士としてバランスの取れた性格の持ち主と言えるのではないでしょうか?

お肌に塗った後のベタつきがなく、伸びもよいために塗り心地は最高です。

白浮きもしにくく、お別れする(落とす)時は、水や石鹸であっさりとサヨナラできるので、後腐れの無いUVパートナーとなれるでしょう。

しかしながら紫外線吸収剤を装備(配合)していることが多い為、お肌が弱い人には刺激すぎる一面を持っているため、お付き合いするには少しばかり用心が必要かも知れません。
塗り心地が良いからと軽い気持ちで付き合うと、手痛いしっぺ返しに泣かされるかも?

スプレータイプ
スプレータイプの日焼け止めは、ほかのタイプと大きく差別化した「スプレー」という、噴霧武器を持つのが特長のUVニューフェイス。

日焼け止めを塗る上で手が届きにくく、塗るのにとても難易度の高い場所である、乙女の背中をもしっかりと守ることができるスプレータイプ、という個性的UV戦力のニューフェイス。

なんと背中に威力を発揮するだけで無く、女の命といわれる髪や頭皮にも使用できるため、こいつ1本でほぼ全身をUV防御できるといわれる無敵ぶり。

時間に追われる現代社会においてもその力を発揮し、肌にシューっとやるだけで一発OK。
ただし、スプレータイプはうまく使いこなさないと、塗りムラが発生してしまう可能性があるため注意が必要です。

またスプレータイプの特性上、使用時は周囲に飛び散るために、火の気の場所を避けるなど使う場所は選ばなければならず、その点がややマイナスかもしれませんね。

パウダータイプ
パウダータイプの日焼け止めは、そのほとんどが低刺激であるものが多いために、その優しさから顔や子供にも使用できるという、まさに聖母・マリアのようなUV戦士といえるでしょう。

化粧直し時にフェイスパウダーの代わりとして使うこともできるのが地味ながら、なかなかの特長です。
ただし水や汗に弱く、また保湿力も低いために使いどころは工夫する必要がありますね?

シートタイプ
シートタイプの日焼け止めは、何といっても携帯性に特長があり、持ち運びに便利な機動力のあるUV戦士といえるでしょう。
汗拭きシートの様にサッとお肌へ滑らせて、日焼け止め対策完了という、まさに時短の星、UV界の新星です。
使用時に手が汚れる心配もなく、バッグに1人(1つ)は欲しいところ。

シートタイプの欠点はといえば、UV防御力は若干低めと言わざるを得ないでしょう。
また用済み(使用後)となった際に、ゴミ箱を探さなければならない点も…。
くれぐれも道端等にポイ捨てするというような仕打ちで、薄情な別れ方をしてはいけません。

飲む日焼け止めタイプ
飲む日焼け止めタイプとは、まさに飲むだけで体内から美容効果と日焼け止め対策をしてくれる、最新のサプリメントタイプといえるでしょう。
まだまだ製品として世の中にはそんなに出回っておらず、希少価値もある美容と日焼け止めのアイテムとして、人気急上昇のオールインワンタイプの美容サプリメントですね。
まさに飲む美容液、というキャッチフレーズがぴったりのお手軽ケアを実現するUVアイテムになっています。>>飲む美容液!?オールインワン美容サプリ【マスターホワイト】
このマスターホワイトは10800円が価格の高級美容サプリですが、お試し価格の980円という大幅割引で購入することが可能です。980円で購入を検討するにはこちらから。>>10,800円の高級美容サプリが980円!?【マスターホワイト】

以上、タイプ別の特長や使い心地などを紹介してみましたが、いかがでしたか?
それぞれタイプ別のアピールポイントは、なんとなくでも理解していただけたと思います。

ネットで口コミを調べてみても、この記事で紹介した日焼け止めのタイプの中では、クリームタイプとスプレータイプの特長や効果に期待が高いようですね?

そこで、どのUV戦士を、どんなシチュエーションで、パートナーにすればベストの選択になるのでしょうか?
その辺をネットや口コミからまとめてみましたので、引き続きご覧下さい。

日焼け止めクリームとスプレーのどっちが効果的?

先ほどご紹介した通り、日焼け止めのタイプ・種類によって日焼け止めクリームやスプレー、ジェルなどと、それぞれの強みや弱みともいえる特長(特徴)があることがわかりましたよね?

強みは長所ですので良いとして、弱みの部分を何とかしなければならないのですが、この弱み部分も日焼け止めを使う私達がうまくコントロールすることができれば、使用する上で最大の利点とすることも可能なのです。

日焼け止めの特性として、粘着質なタイプ(こってり系のテクスチャー)であれば、ある程防UV御力が高く、かつ水分に強い特性を持つということがわかります。

ということで粘着質のタイプを活かすとしたら、スポーツやアウトドア、長時間の野外活動やウォータースポーツ等の際に、粘着質の特性を活かして活躍するのが「クリームタイプ」や「ミルクタイプ」といえるでしょう。

逆に通勤や通学など、体を動かすこともあまり無い様な場合には、サバサバ系なタイプ(さらっと系のテクスチャー)の「ローションタイプ」や「ジェルタイプ」で軽めの日焼け止め対策を行い、お肌への負担をなるだけ軽減することがベストな使い方といえるでしょうね。

「スプレータイプ」や「パウダータイプ」「シートタイプ」は、主役を張るよりサポート役として他のタイプと併用することで、より紫外線対策に効果を発揮できる助っ人UV戦士として活用することが、日焼け止め対策として万全を期することになるのではないでしょうか?

その他にも、お肌のコンディションや服装、時間的余裕の有無やその日の気分などで、日焼け止めのタイプを適度に使い分けることもUV対策として大事なことですが、タイプ別の特長を理解してくると少し手間がかかることや、タイプを使い分けることすら楽しくなってくると思いますよ。

また日焼けあとの対策もしっかり怠らずにやっておかないと、シミやソバカスだけでなく一気に老け顔になってしまいますので、入念なアフターケアが必要ですね。

特に目元の印象で、5歳も10歳も一気に老け込んだり若返ったりしますので、目元ケアは日焼け止め対策以上に欠かせないポイントですね?

目元ケアの中でも皮膚が薄くてたるみやすい目の下には、対策としてアイクリームを活用するのがベストなケアですね。

お肌の劣化と老け顔対策には、就寝前に貼って寝るだけといったヒアルロン酸シートの美容アイテムもありますし、ゴルフや屋外に出て紫外線を浴びる機会の多い男性にはこういった美容アイテムが、必須のメンズコスメといっても良いかも知れません。

最近発売された男性専用の『メンズアイキララ』というアイテムが人気になっていますが、このメンズアイキララは、女性向けに発売されて人気となっているアイキララを元にして男性の肌質に合わせた配合成分などを特長としており、これからの男性には必携の若さキープのケアアイテムになりそうです。

あまり紫外線対策や老け顔対策に気が回らない男性にとっては、目元のケアが老け顔や疲れ切った印象を与えることに、無頓着で関心があまり無い男性も多いので女性から男性への気の利いたプレゼントにも最適なアイテムになりそうですよね。

Sponsored Links




日焼け止め対策まとめ

女性の若々しいお肌にとっても、男性の老け顔対策にとっても、これからの紫外線は無視できない大敵です!
絶対に肌を焼きたくない!真っ黒けのシワシワ顔なんて、絶対に嫌だ!
そんな乙女の思いをサポートする日焼け止めのUV戦士達を紹介してみました。
どうでしたか?あなたがパートナーとしたいUV戦士は見つかりましたか?

今回はタイプ別にざっくりと要点だけご紹介しましたが、各メーカーごとの特長にも差があるようですので、それぞれの製品の特長を押さえておけば、また新たなUV戦士とのトキメキの出会いがあるかもしれませんね。

あなたにとって一番の日焼け止めが見つかりますように!
ベストパートナーとなる日焼け止めUV戦士との、良いご縁がありますように!

■関連記事

Sponsored Links




関連記事

  1. 大晦日Rizinは那須川天心対メイウエザーの対戦がテレビ中継の目玉に!…

  2. 初耳学の小顔マッサージのやり方はこれ!「3回やったらむくみとれた」「続…

  3. 初耳学的ダイエット方法ドローインと腹式呼吸では若返るのはどっち?

  4. 万引き家族の子役・城桧吏とは?読み方や演技力について

  5. アイキララ効果の口コミが男性のクマたるみを治すアイクリームと評判!?

  6. 洗濯物を夜外干しするのはOK?卵が付くは迷信?対策を調べてみた

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP