ちょ待てよ!気になる話題

5Gファイブジーって何?移動通信5世代システムを簡単に説明すると。

最近よく聞く5G(ファイブジー)という単語ですが意味は何って疑問に思っている方に
さらっとかいつまんで紹介してみました!
近頃ニュースや新聞等でもチョイチョイ目にすることがある5G(ファイブジー)ですよね?
でも、今さら人には聞けないかも、なんて知らないままに放置していませんか?

5Gって、なんか凄そう!
なんとなくだけどすごく便利そう!
スマホが進化するのなら、ちょっと楽しみ!
5Gつったって、まあ、よく分からないけど・・・笑
なーんて漠然としか理解していないあなた!

5Gファイブジーとは、モバイル通信の5世代システムを表現している略語なんですね。

今回はその5G(ごジー・ファイブジー)について超簡単にご紹介していこうと思います。
あ!あくまでもさらっと、優しくソフトに説明するつもりですので難しい話にはならないのでご安心を(笑

Sponsored Links




5Gって何?移動通信システムの進化を確認してみると!

私が初めて「5G」なるワードを聞いたときの反応は、というと
「5GのGってなんなのよ?」「5ってことは1Gや2Gもあったの?」
なんてことをまず初めに疑問に思いました。

結論から言ってしまうと、Gは「Generation」の頭文字を取ったもの。
つまり5Gは「5世代目」という意味だったんですね。
5世代目というからには、もちろん1世代~4世代もいるわけでして
現在スマホやタブレット等で活躍しているものは4世代目(4G)ですね!

気になった方はスマホの画面上で、アンテナマーク付近を見てみて下さい。
あ、確認するときはWi-Fiの接続は一度切ってからチェックしてみて下さいね。
おそらく4Gと表示されているはずです。

少し古い機種だと、もしかしたらLTEと表示されているかもしれません。
これは3.9Gと言われるもので、超厳密にいえば4Gではないけれど
限りなく4Gに近い世代を意味します。

なるほど~。
つまり4Gのパワーアップ進化バージョンが「5G」ってことですね!
では他の世代(1G~3G)が現役だった時代は具体的に何ができていたのか?
ということをまとめてみると。

・1G(アナログ方式)

移動しながら電話ができるようになった時代ですよ!
固定電話や公衆電話でしか電話をかけられなかった頃を思えば
とても凄いことですよね!

でもこの頃の「電話機」はショルダーバッグ並みに大きくて
ショルダーフォンって呼ばれていたんです。
さらに無線の免許を持っている人しか使えなかったから
今みたいに誰でも持っている物ではなかったんだよね・・・。

・2G(デジタル方式)

2Gでは、電話の他に電子メールやインターネットの閲覧などが
誰でもできるようになった時代ですよ!
電話機の大きさもコンパクトになって、まさしく「携帯電話」が
誕生してトレンドになった時代ですね。
「パケット通信」や「着メロ」なんて言葉が生まれたのもこの頃。

・3G

3Gでは、2Gに比べて高速でデータのやり取りできるようになった!
携帯電話本体の性能もグンと向上したから、画面がカラーになったり
「写メ」が送れるようになったのもそのおかげ。

3Gが活躍していた時代の後半からはついに「スマートフォン」が誕生!
そのおかげでネット上やアプリなどでゲームや動画を楽しむことが可能に!
これによって「携帯する電話機」から「携帯する小型パソコン」へと
携帯電話に対する感覚が変わっていったのかな。

・・・IT技術の進化って凄いですね・・・。
さわり程度にちょこっと通信システムの歴史に触れてみただけですが
結構な勢いで圧倒されてしまいました(笑
そして現在はというと・・・

・4G(LTE)

4Gでは今までに比べてデータ通信の速度がとーっても速くなったよ!
「スマホ」が主流になり、今までの携帯電話はガラパゴスのように
進化がない独自の環境ということでガラパゴス携帯から「ガラケー」と
呼ばれるようになりましたね。

高速通信が可能になったことで「オンラインゲーム」がやりやすくなったかな。
「Facebook」「YouTube」「Twitter」「Instagram」などのSNSを
いつでもどこでも手軽に楽しめるようになったのも、この技術があればこそだよね!

ふむふむ。
今では日常的に利用できて当たり前のモバイルやインターネットといった通信環境は
それまでの技術を発展させることができた結果、という感じですね。

ここでふと疑問が・・・。
正直なところ、今の通信環境で特に不便は感じませんよね?
もちろん技術の進化はウェルカムですが、5Gになったところで
これ以上何ができるようになるのか!?
まったく想像がつきません(苦笑

5Gになるどうなるの?具体的に何が変わる?

ここでついに真打5Gの登場!
いったいどんなものかというと・・・

・5G

4Gよりもさらに通信速度が速くなるよ!
約10~20倍くらいは早くなるかな!
さらに低遅延かつ大容量のデータ通信が可能となる上に
同時接続数も大幅にアップするからIOT環境の発展にも期待ができるね!

またビックデータや、AIによるホニャララ・・・

ちょっと待って!!
なんか凄い!ってことは感じ取れたけれど
後半からちょっとついていけないゾ・・・と心配しなくてもダイジョウブ。笑

超身近な具体例、かつそう遠くない未来に実感できそうなわかりやすい例で
私たちが実感できそうなシチュエーションを挙げるとするならば
LINEやスカイプなどネット回線を使用して通話をしたとき!

相手との会話のテンポが若干遅れているように感じることはありませんか?
「今○○にいるけどそっちは?」(ワンテンポの間)「△△だよ!」みたいな笑

もちろん会話のテンポがずれる要因としては様々な事が考えられるものの
通信環境という1点のみで絞ってみれば、5Gになることでこの事象は
今よりも断然起こりにくくなるのです。

なぜならば、先程説明した通り通信速度が4Gに比べてものすごく早いから。
なおかつタイムラグが1ミリ秒以下(4Gのタイムラグは約十数ミリ秒)となるので
目の前で会話しているのと変わらないぐらいのリアルタイム感が味わえます。

ん~・・・その程度?・・・いまいち不満かな?
いえいえ、じゃあもうちょっと近未来感がある、実現可能とされている事柄を
少しだけご紹介しまね!

・遠隔操作による手術~医者がその場にいなくても診察&治療が可能に~

専門医がいない場所でも、設備さえ整えておけば遠隔操作によって
医師の診察や手術を受けることができるようになります。

これは5Gのリアルタイム性の高い通信速度と大容量のデータを
あらゆる機器を通してやり取りできる特性があればこそですね!

もしこの技術がきちんと確立されれば、災害時の救助のあり方や
在宅医療の分野でも革命が起こりそうですね!

・完全自動運転~車に乗っているだけでOK!誰でも気軽にドライブを~

完全自動運転を可能にしてくれるので、行き先さえ決めておけば良いのです。
後は車が勝手に目的地に連れて行ってくれるようになります。

乗っている人は寝ていようが遊んでいようが自由な時間を過ごすことが可能に!
車を運転するということは、それこそコンマ1秒の間に周辺状況では膨大な変化が
起きているということでもあります。

それら全てを安全に機械で処理する自動運転ともなれば
求められる通信レベルはより高度なものでなければなりません。

しかし5Gであればその運用にも耐えることができます。
完全自動運転を行う車が交通手段の一つともなれば、人の行動範囲は
大幅に広がることが予想されますね。

それと同時に、飲酒運転や買い物難民等の問題も完全自動運転の実現で
解決へ向かっていけるかもしれません。

Sponsored Links




まとめ

いかがでしたでしょうか?
5Gは2020年から順次運用を開始していくようですが
今巷では言われているSFのような世界はもっともっと先のことではあります。

なぜならばそれらを実現するには、5Gの技術だけでなく
運用するためのハードやソフト面の開発も必要だからです。

でも、そんな世界を想像するとワクワクしますよね!?
もっとくわしく知りたい!という方は、様々な企業のHPを覗いてみて下さい。
それこそあらゆる分野での未来構想が紹介されていますよ!
5Gがもたらす可能性は、まさに無限大ですね!
■関連記事

Sponsored Links




関連記事

  1. 村田諒太の次戦2018の対戦相手が決定!

  2. 透明飲料の添加物は?いったいどんな原理なの?「体に悪そう」「水と間違え…

  3. 東レパンパシフィックオープン大坂なおみの優勝を阻む強い出場選手は?

  4. ベルギーvsブラジルの海外の反応まとめ「赤い悪魔のカウンター再び!」「…

  5. 赤ちゃんの日焼け止めは必要?使うならいつから使用していいの?

  6. 悪魔飯とは?作り方は?あの企業が犯人か!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP