サッカー

セネガルの強さと要注意選手まとめ!「FW陣、体強すぎ速すぎ」「2m近いCB、山脈かっ!」

FIFAワールドカップ・ロシア大会で、日本時間24日、日本は1次リーグ突破をかけて強豪セネガルと対戦します。
同じく強豪のコロンビアを破った日本ですが、セネガルはさらに強いともいわれます。
1次リーグ最大のヤマ場のセネガル戦。その強さや要注意選手は?

試合開始夜中0時からか…コーヒーがぶ飲みね
Sponsored Links




セネガルの強さはいかに!?

西アフリカにある人口1500万人ほどのセネガル。
サッカーは国民的なスポーツで、男の子たちは小さいころから皆親しんでいるそうです。
セネガル代表のFIFAランキングは27位。今大会が2回目のW杯出場です。
初出場の日韓共催の2002年大会では、開幕戦で前回優勝の「超強豪」フランスを1-0で破り、世界を驚かせました。その勢いで8強入りし、当時各国で一番鮮烈な印象を与えたチームでした。

今大会メンバーも16年前をほうふつとさせる強さ。
欧州の有名クラブでプレーしている選手が多く、アフリカンサッカーならではの高い身体能力とスピードに、欧州仕込みの戦術理解力も備えている「テランガのライオン」です。
(テランガとは「おもてなし」という意味のセネガルの美徳の言葉だそうです)
では代表の要注意選手は?

https://twitter.com/afrobeatstoday/status/1009123628108210177

セネガルの要注意選手はこの7人!

セネガルの要注意選手はまず強さを誇るFW陣でしょう。
代表の10番をつけるのがマネ選手。イングランドの強豪クラブ・リバプールに所属する25歳の快速アタッカーです。
日本の川島永嗣選手が所属するFCメス(フランス)でプロデビュー。プレミアリーグのサウサンプトンを経て、2016年にリバプールに移籍しました。
2016-17シーズンは13ゴールを挙げ、リバプールのクラブ年間最優秀選手に選ばれています。
爆発的なスピードが最大の売りの選手ですが、足元の技術も高くプレーの選択肢が豊富です。

また23歳の若いニャン選手も、長い手足を生かして球際に強く、初戦のポーランド戦でも活躍。
さらに若い20歳のサル選手も要警戒といわれます。
18歳でメッスとプロ契約し、17年に移籍金約22億円でレンヌに移籍したホープ。日本の長友佑都選手も「自分がマッチアップするかもしれないが、めちゃめちゃ速くて驚いた」と舌を巻きます。
バルセロナ(スペイン)下部組織出身のバルデ選手も、初戦は控えでしたが要注意選手でしょう。

これらFWに加え、さらにすごいのが「セネガルの山脈」といわれるほど高いディフェンス陣。
身長195cmのDFクリバリ(ナポリ)と196cmのDFサネ(ハノーファー)両選手という、強烈なセンターバックを擁しています。
長友選手は、クリバリ選手とはセリエA時代に対戦しており「センターバックとしては世界トップ3に入る。単純にクロスを上げても強さで跳ね返されて終わると思うので、そこは少し工夫を持たなければいけない」と警戒しています。

また守備的MFのゲイ選手も、初戦で攻守に精彩をみせました。
28歳のゲイ選手はイングランド・プレミアリーグのエバートンで主力として活躍し、ツボを押さえるプレースタイルが持ち味です。

https://twitter.com/ChampionsLeague/status/1009394101744259072

Sponsored Links




セネガル戦どうなる?ネットの反応まとめ

セネガル戦は要注意選手を徹底的にマークして封じて仕事させないことやな
セネガルは名前は可愛いけれど、ニャン選手が要注意
西野監督 セネガル要注意男は「やっぱりマネでしょ」
ただ身体能力が高いとか、フィジカルで押してくるチームではない。組織立って特にディフェンスがしっかりしている。近年ない。アフリカのチームでは
セネガルの選手たちのパス回しがめっちゃ素早い。足も速くてカウンター注意なイメージですねぇ
岡田武史氏、セネガル戦攻守のポイント「ショートラストパス」「安易なパスミス注意」
日本vsセネガル戦ではマネや中盤のゲイェにも注意して欲しい
フィジカル強いし、スピードあるから、私もセネガル戦は槙野選手に出て欲しいと思う
セネガルのカウンター攻撃を食らわないよう細心の注意を払う必要がある
先制されると、レバンドフスキを擁するポーランド攻撃陣でさえ手こずった。日本の攻撃はかなり工夫がいるな

出典:twitter

まとめ

アフリカのサッカーは力強く、個人技やスピードも超絶で、いわゆる「サッカー」というイメージを超えたパワフルさがあります。
またお国柄なのか、選手たちが陽気なのも見ていて楽しいですね。
日本のスタイルとはまったく違いますが、そこは同じ条件・ルールのスポーツ。
なんとか「頭脳」を生かしたプレーで相手を攪乱し、勝利をもぎ取って欲しいと思います。

自分を信じろ!サムライたちよ

■関連記事

Sponsored Links




関連記事

  1. クリンスマン監督とは?経歴と戦術を調べてみた!「戦術家でなくモチベータ…

  2. シセ監督のイケメン画像まとめ!セネガル代表の経歴を調べてみた

  3. ワールドカップ優勝国の賞金がヤバイ…日本はいくらもらった?…

  4. セネガルvs日本の海外の反応が絶賛の嵐!「ジェットコースターのように最…

  5. チャンピオンズリーグの試合を無料テレビ視聴できるdaznダゾーンとは?…

  6. ベルギーvsイングランドの予想まとめ!放送時間・ランクをシェア!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP