ちょ待てよ!気になる話題

バイト先の人間関係が最悪と悩む人にオススメの割り切る働き方とは?

平成最後の4月から新元号「令和元年」が 5月からスタートしますが、毎年この時季になると新年度に変わることもあって、新しくアルバイトを始めようとバイト探しに精を出す方も多いのではないでしょうか?

また今のバイト先での人間関係が最悪だと悩んでいる人にとっても参考になる、オススメの割り切った働き方や考え方などをまとめました。

Sponsored Links




バイトの人間関係は状況を良く観察することから

アルバイトの人間関係では自分の置かれている状況と、他の人との状況をよく観察することが大切なようですね。

特に新しく大学生としてスタートを切った新1年生や、旦那さまの転勤に合わせて新しい住居に引っ越してきた主婦の方、年度末の3月でこれまでの仕事を辞めて心機一転しての気持ちも新たに、これからの自分の夢を叶えるために働き出すフリーターの方など、異なった立場の人がバイト先に集まってきます。

そういった職場探しを始めた人の中には、紹介も無く知り合いもおらず初めての職場環境に最初の一歩を踏み出すことに、不安と心配でいっぱいの人やバイトすることすらためらっている方もいるかも知れませんね?

これから新しく働くアルバイト先の人間関係や職場環境に不安を感じている方や、現在すでにバイトの悩みを抱えている人もおられるかもしれません。

そこでそんな、アルバイト先での人間関係に不安を感じている人にオススメの「割り切った人間関係」を構築するためのポイントも紹介したいと考えています。

通常、どんなアルバイトでも自分だけで、たった一人で仕事をする、というのはまずないのでは無いかと思います。
たとえ同じ勤務場所にはいなくても、必ず上司や同僚・後輩という人たちがいて、その人達と一緒に仕事をすることになるのが普通ですよね?

同じ職場で一緒に働く人であっても、それぞれが違う立場に置かれている場合は、お互いに仕事に求めているものや、仕事に対する姿勢や意識が違うということを、まずは頭に入れておくほうが良いかも知れませんね。

よくあるケースとしては、社員さんとアルバイトさん、アルバイトさん同士の勤務年数や派閥めいたもののグループの存在と、それにまつわる人間関係などでトラブルや人間関係のもつれを生じさせることだと思います。

社員の方は、例えば、そこのお店や職場での従業員さん数名をまとめる役になっていたり、アルバイトの人達と違って求められている業務が違うことがよくあることですよね?

アルバイトやパート社員の見ていないところで勤務シフトを作っていたり、本社からの指示で社員としての仕事を行っていたりと、バイトやパートの把握していない業務もたくさん存在しています。

社員なんだからもっとしっかりして欲しい、という言葉はよく聞く言葉ですが、その人が特にすぐれているから社員だと言うことではなく、人生でのキャリアではパートの主婦のほうが経験を積んでいたりして、社員さんの「あら探し」になってしまうこともよくあることですが、その社員さんもまた一人の人間です。

1ヶ月でもらっている給料はもちろん違うかもしれませんが、その分、社員として与えられている仕事の量や業務の種類も違うので、一概に同じ判断基準で比較することは難しい問題ですよね?

また、アルバイト同士の人間関係でも、ウマが合わない人がいたり嫌味なことを言ってくる人がいたりと、いろんな人の集まりが職場という場ですが、そう言ったいろんな人たちも職場を離れれば、また違う顔を持っていたりと、それぞれに違う悩みを抱えて悩んでいたりもする、同じような人たちなのですね。

一緒に働く人の表面的な部分だけでなく、その人の置かれている家庭環境や生い立ちなどに思いを巡らせて、直接にその人から事情を聞かずとも理解してあげたり、お互いの立場や価値観の違いに配慮して「あの人も色々あるのだろうな」と気遣うことで不用なストレスを感じることも無くなったり、緩和されたりしますのでぜひ一度お試しくださいね。

バイト先の人間関係は自分の考え方で変わる?

アルバイト先での人間関係を良好に保つためには、ナゼ自分がそこでアルバイトしているのか?
を考えることがポイントになってきます。

アルバイトを決める際に悩むことのひとつとして時給や、職場の場所、業務内容など、色んな要素や募集項目の内容を見て応募するかどうかを悩んだ末に、行動しバイト先を決定するというのが大方のパターンだと思います。

もしも職場での人間関係に悩んでしまったら、悩みの基になっている人間関係の煩わしさと、自分がそこでアルバイトをしている理由を思い浮かべて、両方の優先度を天秤にかけてみると答えが見つかるかも知れませんね?

アルバイトをしている理由が、他よりもバイト先の給料が良いことが一番なら、そのことを思い浮かべると我慢できるかもしれませんし、通いやすい職場であることや職場の環境が一番の理由だったら、自分から相手に合わせて職場環境の雰囲気を和やかにすることも、大切なことかもしれません。

それでも、悩みが解決しないようであれば、もっと人間関係を重要視している職場や自分に合う人達がいるアルバイト先を探すしかありませんよね?

でも新しい職場が思うような環境であるという保証はありません。
もしかしたら、もっと悩むことになるかも知れません。

人間関係の悩みが全然ないことを一番に求めるのであれば、そのような職場環境にめぐり合うことを最優先して探すべきですが、どんな職場も一部の人が入れ替わっただけで大きく雰囲気が変わってしまうということも、よくある話ですし・・・。

保証の無い新しい職場探しに労力をかけるよりも、今の職場を居心地が良くなるように改善したほうが手っ取り早いですよね?

また自分にとっての最適な職場環境が、ほかの全員にとっても最適とは限りません。
働く全員が100%満足できるような職場は、存在しないと言うことを理解しておくと、職場をよくするために現状を改善する気持ちも湧いてくるのでは無いでしょうか?

現状改善の気持ちで取り組めば、不満も減って気分良く働くことができるようになると思います。

アルバイト先を探すときは、自分にとっての優先度合いを決めて、あれもこれもと希望通りの職場を探そうとせずに、自分の優先度の高い項目を見て判断するほうが長続きもするし、居心地の良い職場にもできるようになると思いますので、自分がアルバイトに求めることの優先順位を今一度見直して、決めることをお勧めします。

Sponsored Links




バイト先の人間関係は自分の考え方で変わる

アルバイト先の人間関係が嫌だったら、自分でその職場環境を変えてしまいましょう。

今の日本社会では、アルバイトをしようと思い立ったら、アルバイトできる場所はものすごい数で存在していますよね?

同じ職種を探していても勤務場所が近かったり遠かったりと、全く同じバイト内容でもよくよく探してみれば、近所や通勤に便利な場所で探し出すことも可能ですよね?

バイト先を探し出して応募するのに最終的な決定権は、もちろん自分にあるわけですが、いったん応募して採用されたら相手の言うとおりにしないといけないか、と言えばそんなこともありません。

どんな状況であれアルバイトでも、バイト先との雇用契約をしてそこで働いているのですから、就業規則や職場の運用ルールに則っている範囲であれば、職場の上司や店長などに環境改善の提案をすることも人間関係の悩みを解消する方法の一つといえます。

また、そう言った改善の提案や相談事は普段からのコミュニケーションが取れていないと、なかなか申し出ることすらできないかも知れませんが、話し方一つで険悪なムードになってしまうこともあるので慎重に相談することがポイントですね。

相談や提案がめんどうだと考えるかも知れませんが、何より一番大切なのは「自分がこの仕事を選んでいる」ということであり「この仕事を続けたい」という思いでいることを伝えることです。

それを素直な気持ちで持ちかけて、バイト先の反応が鈍かったり険悪な雰囲気になるようなら、さっさと新しいバイト先を探したほうがマシというものです。

バイト先を辞めちゃったら、友達や家族になんて言われるだろう?
仕事を転々とすることは就職や履歴書に載せるときに、不利になって不採用にされるのではないか?

などと深刻に考えてしまうかもしれませんね?

でも自分が気持ちよく働くことができない環境で働き続けるストレスやデメリットを考えると、自分の採るべき道が見えてくるのでは無いでしょうか?

望んでいることができない場所での仕事を自分で選んで行うメリットがあるかどうかを冷静に判断して、そうでないのであれば、また違う場所でのアルバイトを検討してみましょう。

好条件の、自分が探している理想のバイト先は、今日探したからといって、すぐには見つからないかもしれませんが、明日は理想の求人が出てくるかもしれませんよ。

今は求人をしていないところでも、自分が働きたい職場に直接アタックしたら、もしかしたらタイミングが合って採用してくれることもあるかもしれません。

求人情報や職場の情報などは現代社会では以前よりも、インターネット、SNSを活用することで気軽に手軽に情報収集できるため、そういったメディアもうまく活用していくと理想とするバイト先も見つけやすいのではないでしょうか?

まとめ

いかがでしたか?
良好な人間関係の構築には、これといった特効薬があるわけではないですが、多くの人が多かれ少なかれバイト先での悩みを抱えているのかもしれません。

アルバイト先での人間関係を割り切った考え方でうまく対処したり、職場の環境を改善できる提案をしたりして、少しでも悩みを解消する方法をお伝えしました。

小さな働きかけでも、積もり積もれば少しずつ働きやすくなっていくことや、それに伴い会話も弾んでコミュニケーションが活発になって、バイト先が変わっていくかも知れませんね。

アルバイトという雇用契約の仕方でも、仕事は仕事です。
仕事をすることで代価としてのお金をもらって生活したり、遊んだり勉強したりと人生の中では、お金を稼ぐことはとても重要な部分となっています。

だからこそ、自分の望んでいることが叶えられるのか?
自分の働く理由に一番近い理想のバイト先はどこなのか?

自分なりの優先度合いを決めて優先順位でバイト先を判断してはどうでしょうか?
良く考えてみる必要があると思います。

今回の記事がバイト先での人間関係に悩んでいる人の参考になれば嬉しいです。
是非、優先度合いを考えて優先順位を決めてから、自分にあったアルバイトを見つけ出して楽しく働いていきましょうね!
■関連記事

Sponsored Links




関連記事

  1. 井上尚弥がwbssで優勝する可能性と対戦相手の予想とオッズは?

  2. 水道民営化のメリットとデメリット!料金はどうなっちゃうの?

  3. プラスメッセージが大炎上!使えないの?状況を整理した結果SBだけマズイ…

  4. 金足農業の吉田投手のイケメンぶりと評判は?

  5. ファットバーガーのカロリーは?食べると太るかな…

  6. 2018ドラフト会議で報徳学園の小園海斗を1位指名にする球団は?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP