MLB

大谷翔平投手の捕手マルドナード選手とは?成績・経歴を調べてみた

メジャーリーグの歴史に残る二刀流挑戦を、エンゼルスでスタートさせた大谷翔平選手。投手としての大谷選手を支える女房役がマーティン・マルドナード捕手です。
メジャーでもベテラン名捕手のマルドナード選手。大谷選手もとても頼りにしているようです。
マルドナード捕手とはどんな選手なのでしょうか

Sponsored Links




https://twitter.com/FoxSportsWest/status/980218432233775106

大谷翔平投手を支えた捕手マルドナード選手とは?

1日の初先発では、大谷翔平投手の鋭く地面に落ちるフォークを、何度も身を挺して受け止めるマルドナード捕手の姿が印象的でした。
マルドナード捕手とはどんな選手でしょうか。彼は強肩や観察眼に定評があります。捕手出身でもあるソーシア監督は「シーズンに向けて何を準備すべきか理解していると思う」とベテランらしい冷静沈着さにも期待を寄せています。

またマルドナート捕手は研究熱心で、大谷選手のことも早くから理解しようと努めていたようです。
大谷選手の移籍が決まった時、2015、16年の日本ハムでの大谷投手の投球映像を「iPadに入れてほしい」とGMに頼んだというエピソードも。

1日の初勝利後、大谷選手は開口一番にチームメイトへの感謝を述べ、特にマルドナード捕手には「1球もそらさずに丁寧に捕球してくれた。切り替えるきっかけになった」と賛辞を送りました。
マルドナード捕手も「本塁打を打たれた後はストライクゾーンに積極的に投げていた。素晴らしい投球だった」と大谷投手をたたえるなど、バッテリーの息はまさにぴったりでした。

ほんとの夫婦?みたい^^

マルドナード捕手の成績・経歴を調べてみた

マルドナード捕手はプエルトリコ出身の31歳。2004年にメジャーのドラフト指名を受けながら、ブルワーズでのデビューは2011年と下積みが長かった「苦労人」です。

デビュー後も定位置をつかめないシーズンを送ってきましたが、エンゼルスに移籍した昨季、自己最多の138試合に出場し、初めてゴールドグラブ賞を獲得
この年が打撃成績としてはキャリアハイで、打率2割2分1厘、本塁打14本でした。
WBCでも過去に代表に選ばれるなど、母国では代表的な捕手といえます。

From one Gold Glover to another! #LAASpring

A post shared by Los Angeles Angels (@angels) on

Sponsored Links




ネットの反応まとめ

大谷ならベンチで軋轢なく上手くやれると思う。 エンゼルス・マルドナド捕手はとにかく大谷がだ~い好き!
マルドナドは大谷のことを南米系に多い「ホセ(ホルヘ)」と、逆に大谷は日本人のように「まるさん」と呼び合う
大谷をきっちり支えたマルドナードの評価がすっごく上がっててうれしい
大谷もすごいけど、マルドナードも全然逸らさなくてすげーわ。
マルドナードの信頼感が半端ない
捕手マルドナード さすがゴールドグラブ うまいなあ モリーナといい なんでプエルトリコっていい捕手が量産されるんやろね
マルドナドがかなりイイね。去年のゴールドグラブ獲ってるし、大谷にとって頼もしい存在。逆に救援陣が不安。大谷の勝利投手の権利を消される回数が多くなるかも知れんw
苦労人のマーティン・マルドナド。当たり前かも知れないがさすがMLBの正捕手だ。これからも大谷をヨロシク
マルドナドと何話してるのかなー
ってかマルドナドのリード通りに投げて打たれたんなら仕方なくね?

出典:twitter

まとめ

マルドナード捕手は、大谷投手がキャンプで成績が低迷している中でも、開幕シリーズのオークランドは気候がよいことから「いい投球をすることは分かっていた」と平然としていたそうです。

エンゼルスは絶対的エースがいないチーム。けがの左腕ヒーニー投手もまもなく復帰見込みで、先発6人体制となれば、大谷投手が柱になる可能性は十分だと思います。
ますますマルドナード捕手とのコンビが大事になりそうです。

マルさんって…まじ?
Sponsored Links




関連記事

  1. スタントン選手のホームラン数のペースってどんだけすごい?ボンズ元選手と…

  2. プホルス・エンゼルス主砲の年俸!大谷との比較と仲は?

  3. 大谷翔平が韓国車セダンを選んだのはなぜ?ネットの反応は「トヨタ宣伝しよ…

  4. 大谷翔平選手の通訳の水原一平さんの経歴を調べてみた!野球経験はゼロで大…

  5. 平野佳寿の球種と海外の反応まとめ

  6. DFAの意味とは?イチロー窮地どうなる「これで退団はないのでは」「仕方…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP